またもや危険シリーズ?!

街のお魚屋さんって、持ち込みのお魚捌いてくれるんですよね。
ご存知でした?
まあ、知ってはいてもなかなか言い出す勇気はでませんが、
それでもおとーさんがマグレで巨大なお魚釣ってきて
どうしようもなくなったら駆け込むかもしれませんね。

かのお魚屋さんにもたまにそういったモノが持ち込まれます。
クッソ忙しい時は笑顔対応がタイヘンです。




さて、
今回は、以前どこかでチラとお話したかもしれませんが、
改めて写真付きで。
ええ、危険つながりで掘り起こしました。

初夏のある日の閉店間際、店長さんから連絡が入りました。

「○○入荷!早くしないと処分しますよ〜」

処分ってなんだ!?
????と思いつつ、魚好きかめちゃん、イソイソと出掛ける(爆)

おお!なんだこれ!

canvas_20161022092354447.png

えらくウツクシイお魚♥
それ程大きくはないですが、自分で出来ないからと
お客様がお持ち込みになったものだとか。
なんでも、沖縄の知り合いの漁師さんが送ってくれたのだとか。

うん流石沖縄!納得の鮮やかさ。熱帯魚みたい〜〜
ホント貴重なもの見せてもらいました。
来て良かった♪


てか、このお魚。
実は、見目麗しさより肝心な事があります。

今年の春にニュースにもなった毒魚なんです!
canva2s

バラハタです!!

聞くところによると、春先に、あの天下の築地市場で誤販売されたんだとか。
姿が似てる高級魚スジアラと間違ったんだとか。

もちろん私めもすぐさまネット検索♪
スジアラ‥‥似てるか〜〜?!
お顔は似てるがそれ以外はいろいろと違う…
「見比べると違うが単体では見分けにくい」と書いてあったけど
少なくとも明らかに
鰭先の鮮やかな黄色が有るか無いか、という大きな違いが
あるんだけど??
黄色が全く出てないバラハタも居るのかしらね。


そんな訳で残念ながらこのキレイなお魚は
このまま処分という事に……

てかね、調べるとね、
メチャクチャおいしいと書いてあるんですよ〜
で、毒も後天性なので、大丈夫なヤツも居るんだとか。
沖縄ではフツーに食べてるんだとか。
そしてなんと!!
楽天市場で売っとるよ(爆)
結構いいお値段で!!!

もうね、何度も持って帰ろうかと、家帰ってからも
電話しようかと、散々悩みましたわ(爆)


因にこのお客様のところに届いたお魚は
他にもありました。
IMG_0393.jpg

オニカマス……毒魚です(爆)

もうね、
沖縄からはるばる届いたワクワク大きな葛籠、
開けてみたらオール毒魚とか。
私なら暴れてますわ。


これは、
沖縄の人は大丈夫なのか?
シャレなのか?
嫌がらせなのか?
呪いなのか?

悩みどころ満載な贈り物でしたねorz
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメさん

お〜〜
お久しぶりです!。

いえいえ、大丈夫ですよ。ココはたまに白熱するのです。
お気遣い無くいつでもお越し下さいませ♪
おまちしております〜〜

うみねこさん

えーー
こんなにゆうもうちゃんと珊瑚の破壊(白化)について語ったのに、
結局は、魚や他の生き物に食べられるゆうもうちゃん全体量のうち
珊瑚の白化が原因になってる分は少ないと?!極々僅かと?!

でもこれがまた陥りがちな罠というか…
調べるうちにふと分からない事に打ち当たって、その事について
ピックアップして詳しく調べてるうちに
全体の中でその事が結構重要項目になってる気がしてくるんですよね〜
分からなかったから特に調べただけで、重要だから調べた訳じゃ
ないのに自分で罠にはまる。

喩えてみると、今日の夕食、
スズキのムニエル、かき玉汁、ホウレンソウのおひたし、きんぴらごぼう。
ん?きんぴらごぼうの作り方どうだったっけ?と
他のは全部ソラで作れるのにきんぴらだけネットで調べた。ついでに
どの作り方が美味しいか検証までした。

そこまでやったんだから今日の夕食のメインはきんぴらごぼうか?!みたいな(爆)
どんだけ詳しく調べても、あくまでもメインはスズキのムニエルであって
きんぴらは小鉢にすぎませんよね〜〜
…………ってヤツですね。
無駄に行数喰いました。スミマセン(爆)


さて、今回も興味深いところが♪
ええ、石油の話し〜
今更だけど
丸い地球の中で何基準でどこが西側でどこからが東側かわかんない。
っていうのは今回置いといて、
うん!確かに生物の堆積物で有限って習いました!!
東側の混沌と湧き出る泉説は今初めて聞きました。

結局、東側が正解だったんですか?
実は今まで化石限界ラインだと思われていたよりずっと深くに
もっと古代生物が生息していた痕跡が…!とかいうロマンではなく?

化石燃料じゃなかった!ってとこだけじゃなくて有限だってとこも
間違ってたんですか?無限なの?!マントルで生産されてるの?!

てか、カガクの力で石油の成分分析すれば化石燃料かどうかくらい
分かりそうなのに間違えたのかしら?それとも隠蔽したのかしら?

専門家って凄く詳しい筈なのに妙な所で間違う事ありますよね…
ほら、恐竜だって、我々の幼少の頃はシッポ引きずってたじゃないですか!
今やアレは間違いでシッポは水平に持ち上がってますけど。

でも、他の(腹が地面より浮いてるタイプの)トカゲとか見たら
みんなシッポ上がってますよね。
それよりも、引きずってたら痛いだろ。みたいな(爆)
そゆとこサクッと間違う。
実は今私は二足歩行型恐竜のふくらはぎが気になって仕方ありません。
それらの恐竜のカカトは通常上がってるのに、何故ふくらはぎの形が
カカトが地面にくっついてる人間と同じような形なのか?
もっと馬とかに近いのではないか?いや、二足歩行だから…
鳥に近いのではないか?
そう思ってるんですけどねえ。あと20年後くらいとかに
訂正されませんかねえ。(爆)


話し戻りますが…
石油有限説。

この話だったかどうかは定かじゃないのですが、いつだったか、
自分の人生の中で「なんかみんなが原発に賛成するようしむけられてるな〜」
と感じた覚えがあります。
でもそう言う事なんですよね?
石油が有限だからこその原発への移行。
日本は石油がでないって所も関係してるのでしょうかねえ。

何故だか政府(?)が国を運営していく中で都合がいい方向があって、
多数決(それも圧倒的な)でそっちが賛成になる様に仕組まれてるっていうか…
いえ、それが嫌だとは思いませんが。
どちらかと言うと、誰に都合のいい世の中でも言いからうまく騙してくれって
思ってますが…

てか、原発の次はメタンガス?とかいう無限のエネルギーじゃ
なかったんですか?また石油ブームに戻るのですか?
流行は繰り返すって言うけど、そこ?(爆)
てか、石油が無限に出るのはいいとして、二酸化炭素はもう
どうでも良くなったんですかね?
石油を使って二酸化炭素は出ないナニカが新作ですかね。



ところで、もしや年齢差?!
オイルショックはなんとなく聞いた事ありますが、禁酒法はないなあ。
という訳で次回は「禁酒法」でお願いします(爆)

わかばさん

ね、姐さん!
難し過ぎる〜〜〜!!(滝汗)


あ、きっと先のうみねこさんのコメは、私の
「珊瑚の破壊とゆうもうちゃん増加の関係性が分からない」への
ご返答だと思いますよ〜多分……

せっかく姐さんが簡潔にまとめてくれたのに、私が調子こいて
もうちょっと知りたくなったら結構深い内容だったわ(爆)

最近はネットでちょっと調べると安易に答え(のようなもの)が
手に入ります。ええ、良くも悪くも。

私はその辺が凄く気に入ってるのですが、そして、好奇心はあれど
それ程深く掘り下げる気もない私のような
その他大勢の方々も気に入ってると思いますが、
楽しくて調子こいてどんどん読み進んでいくと、
ふと矛盾点、というか、どうしても埋まらない歪みというか…
そう言うものに打ち当たります。

今回の「珊瑚の破壊とゆうもうちゃん増加の関係性」みたいに。

で、今度はそこを中心に調べていく。又は知ってる方が
教えてくれる。
でも、その掘り下げ具合ってちょうどいい所でなかなか止められないっていうか…
凄く浅くて「だからそれは分かってるってば」って記事か
「そんなに専門的に言われてもこまるんだけど…」って記事の
どっちかしかないと言うか‥‥。

私はどの分野も対して深くないですが、
それでも例えば、一般の方に
「かめいちさんちのリクガメさん、何食べるの?」
と聞かれると、
まあ最初は「野菜です」と答える。
でもその人が好奇心旺盛だったりなんかして
「野菜ってスーパーで売ってるヤツ?何でもいいの?」
とか掘り下げてくると
次に私は
「だいたい何でも大丈夫ですが、カルシウムが多い方がいいです。
小松菜とか、モロヘイヤとか。
カルシウムが多くてもリンとの対比が重要なのでウンタラカンタラ
アブラナ科の野菜はだいたいどれも大丈夫ですが
キャベツはヨウ素が多いので甲状腺異常がウンタラカンタラ…」
知りたがってるから嬉々として説明してたら気付いたら
全員どん引き。みたいな(^^;)

後から考えたら「だいたい何でも大丈夫です〜特に小松菜と
モロヘイヤが栄養最高だしカメも大好き♪」
くらいに留めておけばよかった、とか思いますが、
でもその時は、相手がもし本気で飼育考えていたら?!とか
考えて、少しでも誤解や取り違えがない様に、って
なっちゃうんですよ。

ホント、どこまで掘り下げたいか、人それぞれだから
難しいですよね。

私は、自分的には詳しく知りたい!って思って聞いたり調べたりするけど
それを理解するには能力が足りないとか、一朝一夕で理解出来る
内容じゃなかった、とかで残念ながら断念する事も…。

まあ、そういう私の能力不足無視の無邪気な(?)疑問垂れ流し
記事だった、ご参加下さった皆様の掘り下げ温度差が
結構あった、という事でご勘弁願えればと(^^;)


ついでに‥
自然破壊についてですが、自然を破壊してしまう人間のこの有様は
自然な事だと私は考えております。
どの動植物も己を守るためにいろんな強みを身につけてきたと思うのですが
カメの甲羅に変わるもの、ライオンの牙に変わるもの、人間は脳だったのです。
それ以外は何も持っていない。

脳を発達させたのは人間の仕業なのか?
脳を選択したのは人間の意志なのか?
他の動物達も牙や爪や毛皮を自分達の意志で好きなの選んだんですかね。

仮に自分の意志でどの強みを選ぶか決めたんだとして、
人間の選んだものが結果最強で、自分達を守る為に過剰に自然を破壊する羽目に
なったのは選んだものの責任なんですかね。
それなんのトラップ?

という訳で、その脳がどういう道を辿るのか。
どこを辿ってもそれが自然な流れ。
このまま地球を滅ぼしてしまうのならそれが自然。
思いとどまって自然と一体化して暮らすならそれも自然。
ただし、滅ぼしながら「自然と一体化するべきだ〜人間の責任だ〜
」とかいつまでも言ってるのは不自然。
私はそう思う。

あ、別に人間がやった事を責任逃れしたい、って訳でも
姐さんに喧嘩売ってる訳でもないのでご容赦下さいませ(^^;)
姐さんとは意見違うけど、ちょっと書いてみたくなっちゃった(爆)


てか、コメレスなのに全然違う事書いてますね。
すみません。
だって難しくて分かんないんだもん(爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

細く・・いや、補足。

>専門家に話しを聞きにいく。

専門家がゆうもうちゃんの話しをする。
話しの流れで水温が上がるとゆうもうちゃんが解放され〜がでる。


え~珊瑚の白化で放出される「ゆうもうちゃん」は全体から見れば極々僅かなものなんス・・・。
白化の原因は「鬼ヒトデ」にポリプを丸ごと喰われてそうなってしまう・・・の方が遥かに大きいんスよ。

だから、そこを結び付ける事がもうナンセンストリオ。(笑)  昔いたなぁ・・。
更に申せば砂漠で一握りの砂をつらつらと議論しているに過ぎずです。


有毒プランクトン(有毒渦鞭毛藻)云々っつうのはむしろ、
↓↓
http://www.fra.affrc.go.jp/bulletin/bull/bull09/matsuyama.pdf

みたいなのを読むとよ~く解りますが、(長いので無理して読まなくてもイイデス!)
つまりそういう事でありまして、特に特に貧栄養の南国の珊瑚礁の海にはまるで当てはまらないものです。


さて、今回のかめコメントはサスガと言いましょうか、素晴らしいものがあります。

もう何度心中「Exactly!」と言った事か・・・。

歴史を遡れば、「禁酒法」・・・「オイルショック」・・・の次ぎにこの「温暖化」
が・・・。しかもより大規模な人意を反映しております。
これらは全て「同根」な事・・・と決め付けてしまうと私の命が危ないのでハッキリ言いませんが、(笑)

この三つのキーワードで勉強されると見えてくるものがタクサンあります。

ちょっと飛躍しますが・・・。
西側と東側の教科書の違い(国際的にね!)が面白いんですが、
過去、西側国全ての教科書には
”石油は生物の死骸から生成される化石燃料”
と書かれていて、私も含めみ~んなそう信じて生きてきましたが、
一方の東側国の教科書には、
”石油はマントルから無尽蔵に湧き出す炭化水素がその源である。”
と書いている訳なんス。

・・・どうせ東側の言う事なんぞは信用できん!
ということで我々はその情報すら耳に入らない(入れさせない)という
教育を受けてきたので、石油イコール有限資源で近々の将来に枯渇するよ!
ダイヘンだ!節約だ!原発だ!・・・みたいになってきたわけです。

でもね、この急速な情報化社会になって途方も無い量の情報を我々が選択学習できる世の中になってきたお陰で、
一般の民も真実を見極める機会を与えられるようになってきました。
ただ、残念なのは不真実も同じく盛んに流布できる環境も整ってしまいましたので、「う~ん・・・」なんですが・・・。

さ、石油に戻りますよ。

まんず、生物の化石が発見される限界の地層と言うのが存在します。
これはもの凄く解り易くて、地球をある深さまで掘り進むと、
そこから先は生物が存在しない時代の堆積層になります。
がしかし、石油はその化石(生物)限界ラインより遥かに遥かに遥かに
深いところにもタ~~~~ップリと存在している事が判っています。
全く西側説では説明の付かない「現実(真実)」が東側(特に東欧諸国)いわゆる社会主義、商売気のない国では
それが常識であったことをスネオに、いや素直に認識しなくてはなりませんね。

ロシアでは枯渇して数十年放置された旧油田からどんどん再採掘を
始めています。(まるで無限エネルギー!!)
そんな人類にとって素晴らしいニュースも、個々が苦労して調べない限り入ってこないんですが、そこを我々は憂うべきなんだと思いますよ。

ハァハァ・・・。


1970年代に大声で「石油はあと40年で枯渇する!!!」
と大声で叫んだ学者達は今も生きていますよ!
それを言わせた”存在”も大いに存在しています。

現実にその40年を優に過ぎた今、何故その輩達は沈黙しているのか?

いえいえ、実は沈黙などしていないんです。
その輩達は今、一生懸命「地球温暖化」を叫んでいますよ。



地べたに居ると見えない事が、一歩踏み台に上がるだけで沢山見えてきます。



ではでは次回は「禁酒法」と「石油」について・・・。(エッ!?)


だから、そんな事はうみねこ部屋でやれっつう話だ!(笑)



No title

あ~~、うみねこさん、もしかして極度の負けず嫌いですか?

断片的いい加減な認識がそんなに気になるものですかね?
一応言っておきますと、別に、ネットに流れる情報のすべてを真実として捉えたり信じたりしてませんよ?
井戸端会議的に”そういうこともあるかもね”とか”なにがしかの条件のものとではそうかもね”ぐらいの認識の会話だと思うんですけど、それでも気になるものなんですかね?

世間に対する影響力たるやほんのささやかなものではなかろうかと思いますが・・・・。

いい加減な事書いている本人が言うのもなんなんですけど、築地云々のニュースを見た時ですら、”へ~~~専門家でも間違える毒魚なんているんだぁ~”程度の関心の薄さでしたし、今の今まで忘れていましたし・・・。
一般人の関心の程度など、その程度のものではないかと。

あ~~、それとも、単純に理解度の低さとか思慮に欠ける点に物申したいとかですかね?

一般大衆相手に喧嘩売るのは疲れませんか?
大衆というのは基本的に、他人の意見に左右されるコウモリであり、数を頼んだ最大の暴力集団ですので、無駄骨だと思うんですけど・・・(-_-;)
第一、直接関係ないことなど、1か月もすれば忘れちゃいますよ・・・。

科学的真実とは、”現時点で正しいと規定されている事象を根拠に、一定の前提条件の下では正しいと証明できる事象”という類のもので、ごくごく局所的限定的で、かつ、常に書き換えられる危険をはらんでますよね?
しかも、前提条件を替えた場合も成り立つかどうかはその都度検証しなければならないので、どれだけ真実とやらを積み重ねて考察したとしても、唯一絶対の真実には近づけないという事が解るだけですよ。
結局、絶対的真実などというものはどこにもないからです。

そういうのを面白いと思うかどうかは個々の興味と探求心の強さに因るところが大きく、理解度にも大いに影響しますので、きちんとした検証なしに無責任発言をするなということになると、何も言えません。
どこまで検証したら発言してもいいのか考えているうちにその行為自体に飽きてしまいますから・・・。

そういうのは、結果に責任を負うような立場の時だけにしたいと、一般小市民としては思うわけですよ・・・・。



教育については、組織的政治的洗脳であるのは今更言うまでもないことであり、その良し悪しについて語るのはナンセンスだと思います。
考えようによっては素直にその教育を受け入れ、その種の思想に染まるのが正しい国民の在り方だとも言えます。
もちろん、その国の指導者にとって正しいということですが(爆)

まあ、”これは自分独自の考えただ”とどれほど主張したところで、それまでの教育やおかれた環境の影響を全く排除した己の考えなどというものは存在しませんし、そこから自由になれない以上、何を考えようと、自分の常識と良心に従っているのならば、そのこと自体は誰にも責められないと思います。

抵抗なく受け入れてしまう世の中・・・とおっしゃいますが、今の今まで、そうでなかった世の中などあったのだろうかと、思わず本気で考えちゃいましたよ。
アンチ思想にしたところで、それはそれで教育の別の側面が生んだものですし・・・。

すべての人が自分の置かれた環境や立場を捨てて柔軟に考えることができるのならば、歴史上に残るような残酷な殺し合いや奪い合いは起こらないのではなかろうかと思うわけですよ。
あくまで自然の摂理を外れない範囲でのそれだったのではなかっただろうかと・・・。

局所的な事実だけを見て、本気で怒ったり喜んだりできる人は、自分のすべてを肯定して積極的な人生を歩んでいるでしょうから、結構な事だと思いますよ。
まあ、自分が何を前提条件としてその発言をしているのかを明確にした上で語っていただけると、より発展的な議論を楽しめると思うのですが、単に発作的に持論を投げかけてストレス発散しているだけとの印象になってしまっているのがなんとも残念ですが・・・。

自然破壊どうのについては、結局”人間が快適に生きる環境を保持するため”という前提条件ありきの議論であり、正しいかどうかと言うのは結局人間にとって正しいかですし、人間という種族が存在しなければ、すべての生き物はもっと自然な形で循環していくのでしょうから、究極、何もしないのが一番自然な姿だと思います。

発展性のない議論を繰り返していないで、適度に数を減らしたうえで、すべての文明を捨てて自然と一体化して暮らす道を選べば、今地球上で発生している問題のほとんどは解決すると思いますけどね。
ま、奪われる側になれないのが人間だと思うのですが。



かめちゃんが、がんばれって言うから、まじめに盛り上げてみようかと思ったけど、めんどくさくなったので、これでフェイドアウトする・・・・(爆)
モチベも盛り下がった・・・(大爆)

うみねこさん

ううむ…重ねて興味深いです。
つまり昨今はある意味「温暖化ブーム」なんですね。

なんなんでしょう。
小市民的考えは「商法か?!」というとこしか
思いつきませんが(爆)
なんでも温暖化に結びつけて(色々あるより一つに絞った方が
大勢に浸透しやすいから)生活を改めなければならない
意識を喚起し、エコ商品を沢山買わせて経済を回すため?
一昔前は戦争を起こさせて武器を売りまくるのが主力だったけど
今や流行らない(笑)から正義の味方ぶる方へ
シフトチェンジして、小物売って薄利多売か?

もしかしたら私の想像の及ばないところで武器並みの
売上げを確保出来る「エコに繋がる」ナニカを供給してるかも。
新しい発電所とか?!


あとはただの間違った理解か…

せっかくの美味しいお魚に毒がある!
なんで?何とかならないの?

専門家に話しを聞きにいく。

専門家がゆうもうちゃんの話しをする。
話しの流れで水温が上がるとゆうもうちゃんが解放され〜がでる。

聞きにいった人は理解力が甘い。
専門家は素人相手への説明が下手。

水温が上がる、あ!温暖化か!?人間の仕業か?!
注意喚起だ!!ってなる。

微妙に解釈を間違えた記事を書く。

それを読んだ無料ブロガー(つまり能力も無料クラス)が
分かりやすく書いたつもりで解釈を間違えた内容を
拡散

以下まるで小学生の時の伝言ゲームのように
内容が少しずつズレていく

という事になるのでは?
この辺(雑な解釈)私も得意分野ですし(爆)


そもそも言葉の持つニュアンスをどう捉えるかが
既に人によって違うってのもありますよね。

今回の「破壊された珊瑚」というのもその一つ。
そもそも「珊瑚が破壊される」とはどう言う状態をさすのか。

「珊瑚が破壊されるとゆうもうちゃんが拡散される」を
支持する方向で行くと、水温があがって白化した状態を
「破壊される」と表現してると解釈出来ます。
人間的には色鮮やかな珊瑚礁がとても好きで、
地上の紅葉以上に魅力的で、それが一部もしくは広域で
まるで枯れた様に見えたらそれを「破壊された」と
重々しく表現するかもしれない。
だから破壊=白化。のつもり。

でも、第三者がこの「破壊された」を言葉のみで聞くと、
それはまるで物理的にぶっ壊されたように捉えてしまう。
ここで、「破壊(白化)されるとゆうもうちゃんリリース」が
「破壊(物理的)されるとゆうもうちゃんリリース」という
解釈ズレ発生。

台風は水温を下げ、白化した珊瑚がまたゆうもうちゃんを
取り込む手助けはするけど、
荒れた水流で多少なりとも
物理的にダメージを受ける珊瑚もあるかも。

すると、前述の「珊瑚の破壊」イコール物理的なものと
解釈していた一派は
「台風で破壊された珊瑚がゆうもうちゃんをリリース」という
方向へ行ってしまうのでは?


全ては、ほんの少し聞きかじった立場の人が
本来どういう意味なのか確かめもせず、
得た情報を自分の中で推測で繋いでしまうから
こう言う事になるのではないでしょうかねえ。
ええ、私もそこ得意なのでよく分かります(爆)


そもそも地球が変化してしまっていく原因は全て
自分達人間だと思う事って、随分傲慢ですよね。
責任感あるふりをして、その実、自分達は神とでも
思っているつもりか。
そのうち、太陽が肥大していくのも、地球が太陽に
近づいていってるのも、大陸が微妙に移動してるのも
全て我々の素行のせいだ!と言い出すのでしょう。
お偉い事です。

まるで、日本人いち個人が
「世界で飢えた子供達が減らないのは私のせいだ!」
と言ってるかの様にこっけいに思えてなりません。
ええ、全く無関係とは申しませんよ?ただ、
いきなりそこへ直結する程の影響力は無い。

この間・・・

またかよ・・・みたいなネットニュースを見ました。

要は地球温暖化をアピールするいつものヤツなんですが、
こんなの、

ホッキョクグマがイルカの死骸を食べている画像に、
「普段アザラシしか食べないホッキョクグマがイルカを食べている!」
これは温暖化で北極海の氷が溶け、イルカがドンドン北上しているのだ。だから大変だ!

・・・みたいな文章を添えてありました。
まさに噴飯ものの記事なんですが、
このように何でもかんでも温暖化や環境破壊に結び付けてしまうニュースソースが巷には溢れておりますが・・・。

で、何が言いたいのかと申しますと、珊瑚礁が破壊されると有毒プランクトンがバラ撒かれて、それを食べた魚が毒化する・・・なんて情報も全くその類でありまして、何を根拠に、また何を目的としてそのような虚言を流布しなければならないのか、甚だ疑問とするところです。

そもそも、彼ら(毒化するお魚)は普段、平素、日常的に生きたポリプや小魚、甲殻類等を食していて、甲殻類たちもまた有毒藻類を糧としているんです。仮に造礁珊瑚が今後100万年何の破壊を受けなくとも、魚さんは確実に毒化する訳ですね。
また、破壊されたからバラ撒かれると言う表現も子供騙しで、
珊瑚がバラバラに破壊されてもそのポリプから藻類は排出されませんのです。その再生力は目を見張るものがあって、ボッキボキに折られ砕けた珊瑚が海底に着床して根付くまでに数週間あれば充分なほどなんだなぁ・・。条件さえ良ければそこからどんどん増殖し始めますよ。
また、水温が28度以上がしばらく続くと珊瑚やイソギンチャクは白化(共生藻類の放出)を始めますが、水温が下がると再びそれを取り込み、見事に復活します。
まるで暑いから服を脱ぎ捨てるようなもので、寒いとまた着るみたいな・・・。
ただ、高温が長引くと藻類から供与を受けていた栄養も絶たれた状態が続きますのでご臨終みたいな事になってしまいますがね・・・。それを治療するのがなんと台風様なんですよ!台風で海水が深い所から撹拌されて水温がキレイに下がって最高の環境になるのであります。
あるソースによると、台風で破壊された珊瑚から有毒プランクトンがバラ撒かれて魚の毒化の原因となるみたいな事になってますが、そんな記事を書いた本人にあって良~く話を聴いてみたいものです。(笑)


ふぅ。
で、更に更に何が本意かと申しますと、もう2008年からのニッポンの教科書、なんと理科系ではなく特に国語の教科書に地球温暖化に絡めたニュースや論説が取り上げられております。まるで彼の国の反日洗脳教育ではないですが、意図的にしかも積極的に盛り込まれて居りまして、もう国を挙げての温暖化パフォーマンスが展開されております。(温暖化の項目があると検定に大変有利なのだとか・・・)

だからね~、冒頭のホッキョクグマがイルカを・・・の記事も実に抵抗無く受け入れられてしまう世の中になりつつあるのが、ナンダカナァ・・・なのであります。

こんな事は自分のブログで書けよ!っつう話だよね・・。(笑)

ゴメンナスッテ。

わかばさん

私的にも「珊瑚礁破壊するとなんかヤバイものが一杯出てくる」くらいの方がわかりやすい(爆)
もっと詳しく知りたくなるんですが、「有毒渦鞭毛藻」この漢字の羅列で気力が削がれる(^▽^;)
有毒渦鞭毛藻をもうちょっと親しみやすく、ゆうもうちゃん。とか呼び名を変えてから読むともう少し理解しようとする気になるかも。

[珊瑚のポリプたちと、もうちゃんは仲良し♪、
そのポリプ達の中にシガテラ生産悪徳業者がいて、ソヤツと仲良くやってるもうちゃんの事を、特にゆうもうちゃんと呼びます。

で、ゆうもうちゃんの味わいが大好きで選り好みしてゆうもうちゃんばっかり食べる魚がいて、その魚のお腹の中に、ゆうもうちゃんとペアのシガテラ生産業者がどんどん居座ります。]みたいな(^^;)
なんか無駄に幼稚園レベルですが(爆)

で、なんで珊瑚礁の破壊と関係してゆうもうちゃんが増えるのか……?あれ?わからんわ(大爆)

私もネットでちらっと見た感じでは、珊瑚礁の破壊で〜のフレーズがあったと思うのですが、
もしそうならまさに因果応報ですよね。
海水の温度が変わってしまって…てのも人間のせいだし。

アメリカでは、魚を食べると蓄積された水銀が…って気にしてるらしいですね。含有水銀量の表示をしろとかなんとか。

そもそも水銀量を気にする程魚食べてんのか?理由つけてお肉食べたいだけじゃないか?と思う………のは今回さておき(笑)
水銀も結局人間がばらまいてるんだし、
全部自分達がまいた種なのに、魚が〜珊瑚礁が〜ゆうもうちゃんが〜ってヒト(?)のせいにする発言なんとかしたいですよね(違)

ペンギン!
野生のペンギン見た事あるんですか?!いいな〜〜〜
私も見てみたい。
とりあえずは来月の海遊館でガマン。
イワトビペンギンのお食事タイム、忘れない様にマルつけた〜〜(≧▽≦)

うみねこさん

へえ〜〜〜〜!
全体的にはよく分かんないけど、部分的に興味深い!

まずシガテラ毒に嗜好性があるってとこ!人間と同じでカラダに悪いものはおいしいのね!(≧▽≦)
いえ、お魚にとっては別に毒じゃないんでしょうけど、喩えてみると味の素みたいな?化学調味料には嗜好性があるって事ね♪
つまりハッピータンを好んでパクパク食べる一派が居るのね(爆)
なんか分かるわ〜〜
で、食べた本人的には特に体に変調はないけど、捕食者には残念ながら体に合わんかったと。

あと、毒が蓄積される場所も興味深い!
脱落する場所に溜め込むタイプは、つまり腎臓が尿毒素を集めて体外に出すシステムのもっと大雑把な方法で、再生能力があるのをいい事に部位ごと取り替えてしまうのか!!

かと思えば一番守りたい場所に毒素を集めるのも、もしかしたら捕食者に一矢報いる術の一つなのかも!
相手が人間だから排除され捨てられてしまうけど、もし他の捕食生物相手なら、そこだけ食べ残されて助かる可能性とか?!

なんかおもしろい〜〜〜〜!!!わくわくしますね!


ところで、人間にも毒素、蓄積されてるんじゃないですか?
ただ、人間を捕食して、その毒素にやられてしまう他の生物がいないから露見しないだけで。

きっと鬼が島の鬼が人間を捕食する世界だったら、
ハッピータンを常食してる人間を食べると中毒になるとか、
イクラを常食してる人間を食べると疲労回復になるとか、いろいろ食べ比べされるかも(大爆)

わかばさん

違う環境に住んでいる人に対する配慮‥‥確かに難しいですよね。想像出来る範疇ならなんとかなりますが、
想像出来ない世界…
もう想像出来ないから分からないけど。

その辺の人全員捌けるって環境も想像出来ないけど、切り身が泳いでると思ってる人の存在も想像出来ない(爆)
あら、想像出来ない世界の方が多いわね(大爆)

沖縄では毒のある魚って認識じゃないのかなあ。
例えば牡蛎みたいに、(毒ではないですが)
詳しくは知らんけど、たまに当たる。くらいなのか、それとも牛乳みたいに、体質的にダメな人がいる。くらいなのか、

いえね、その送ってくれた人的に全く問題ないのなら、せめて捌いて柵にして送ってたら多分警戒せずに食べたんじゃないかとね。
あーーでも、捌いて時間経つと味落ちるから気を使って丸ごとだったかもなーー。

って、どうしてそんなに良く知らない人に贈り物を?
そこだよそこ!(爆)
事前に言ってよ!送るよーって!!

まあ、人間には毒でもお魚さんがオイシク食べたならそれでいっか。
で、自分の命を奪った人間に復讐するの♪
それなのに捨てられちゃったら悔しくて成仏できん・゚・(。>д<。)・゚・

No title

うみねこさん、やっぱ、喧嘩売ってますね?(-_-;)

でもでも。

学術的な事はどうでもいいのよ~~~♪
私的には、なんかしらんが、”サンゴ礁破壊するとやばいのいっぱい出てくるさしい”ってな解釈で(爆)

あんまり興味ない分野なんだも~~ん(爆)
環境破壊も興味ないし(大爆)

ま、私以外の方々には大変参考にあったかと思われますので、修正および詳しい解説、お疲れ様でした(何気に上から目線・・( ´艸`))

ところで、人間が最終的にやられてしまうことについては全然悔しくありません。
あまつさえ、同族同士で無駄に傷つけあって、着々と数を減らしているのだし。

そもそも、因果応報ってか、自分達が悪いんだもんね~~~。
そもそも、人間って種族に愛着ないし(大爆)
人間だけなんだよ、生きるため以外に他の生き物の命を踏みにじるのは!!


ちなみに、ぺんぎんとか、ぺんぎんとか、ぺんぎんとかなら、興味ありますよ~~。
はるばる北の地に見に行ったこともあるくらい愛してやまないのね~~~?

あっ!
いくらも好きよ?

わかばねぇさん

>サンゴ礁はプランクトンをばらまくのではなく、有毒渦鞭毛藻がプランクトンをばらまくのですが・・・

実はここの解釈が少しだけ違います。(エラソウダ!)
渦鞭毛藻(鞭毛を持ち動き回ることが出来る藻類です)の中の「シガテラ毒」産生菌と共生するタイプを好んで捕食する生き物が居るわけですね。
だもんで、破壊された珊瑚礁がプランクトンをばら撒くのではありません。(この毒に嗜好性があるらしい)
そもそも全てのサンゴのポリプは(イソギンチャクやその他タクサン(例えばシャコガイとか)も含む)
この渦鞭毛藻類と共生してなくして存在できません。
彼らの光合成なくしては生きられない構造なんです。
そして、渦鞭毛藻自体(渦鞭毛虫とも呼ばれます)が既に「植物プランクトン」でございますゆえ、

>有毒渦鞭毛藻がプランクトンをばらまく

ということでははありません。(突っ込むね~!(笑)


ここから余談。
実は不思議なことに、毒が生体蓄積される場所も非常に選択的で、
例の「スベスベマンジュウガニ」なんかはハサミの爪の筋肉中に集中していて、
お腹の身にはゼロ!フグもその卵巣により多く蓄積されます。
前者は外敵により目立つところ&再生可能な部位に毒が集中。後者は一番守りたいところ?に集中してますね。
そんなところに進化の理屈があるんだな~って感じちゃいます・・・。

でもさ、食物連鎖でどんどん生体濃縮されてその頂点に君臨する
人間様がやられてしまうなんてなんか悔しいよね~。
ヒトも蓄積できる能力を持てれば良いのになぁ・・・。
そう思いません?(カミサマフコウヘイ!)


No title

えっ?
お魚さん的には毒じゃないんじゃないかな?
人間とお魚さんとじゃ、消化吸収機構そのものも、利用する栄養素も毒物分解システムも違うし。

てか、人体が消化吸収分解利用できない物が人間にとっての中毒だから、お魚さん的には知ったことじゃないとおもう(爆)

”人みて捌いて送ってあげれば”って言うのは、”捌けない”ってことを知っているから思うことだからな・・・。
普段食べているお魚に毒があるかもしれないって普通は思わないし、日常的にお魚を捌いている地域に住んでたら、お魚捌けない人がいるって言うのもあんまり考えないかも・・・。
違う環境に住んでいる人に対する配慮って難しいよね・・・。
ほんと、難しい・・・・・。

教訓にさせてもらうわ(笑)

最近、己の常識が通用しない人種(?)が多くてさ・・・・・。
そもそも、人間としての自覚があるのかどうかさえ怪しい人種もいてさ・・・・。
ま、いいわ。
ふう~~~~。

かめちゃんのブログ、お魚さんの事といい、勉強になるわぁ~~♪

わかばさん

捕捉ありがとうございます〜♪
破壊された珊瑚礁から、ってことはそもそも珊瑚礁がある所って事ですよね。
よかった〜〜

ブリやカマスだけでなく、ヒラマサも石垣鯛もみたいですし、
でもそんな話し聞いた事ないなあって思ってたんですが、
そもそも、沖縄のブリとか売ってるの見た事無いし(爆)


聞くところによると、沖縄は水温が高い→魚に脂がのってない→あんまおいしくない。
ってことのようで…
つまり、珊瑚礁がある所の魚が広く出回る事は少ないってことですよね。

とはいえ、地球温暖化でどんどん水温上がってきてるみたいだし…ドキドキ。

ところで、お魚的には、毒物食べても問題ないのかしらね。

わかばさん

わあああああああ〜〜〜〜
やっぱもらっとけば良かったああああ〜〜〜(違)


まあ‥‥‥多分善意でしょうよね(^^;)普通に考えて。
でももし私がそのもらった人本人だったら…
やっぱ食べるの恐いなあ。
てか送ってくれた人に確認するよね。でもふざけて「下手したら当たるかもね〜」って言われたらやっぱ躊躇するかも(爆)

そして、自分で捌いて食べる分には自己責任だけど、やっぱお魚屋さん通しちゃうとストップ掛けざるを得ないですよね。
結局最終判断(捨てると決めた)のはそのお客さんらしいですけど。
もし冤罪ならお魚かわいそう〜〜〜(;ー;)

ネットでたまに
[知り合いから釣果の大きな魚もらった]→[捌けないからそのまま捨てた]ってのありますけど、
捌けないってだけでそのままゴミ箱に捨てる神経が凄いなあと思います。
捌けなくたってぶつ切りでもそぎ切りでも何かしら出来るでしょうに。
それとも「かわいそうで」捌けないって意味かな?
でも選択肢が「自分で切り裂いて食べる」と「そのまま捨てる」しか無い中で後者選べる人がかわいそうとか思わんよな〜〜

そう言うの聞くと、ひたすらお魚に申し訳ないと思っちゃいます。え?くれた人の気持ち?
う〜〜〜ん。相手見て捌いてからにしてやれよ。と(爆)

っと、話しがずれちまった〜〜

No title

えっと、補足・・・・。

サンゴ礁はプランクトンをばらまくのではなく、有毒渦鞭毛藻がプランクトンをばらまくのですが、サンゴ礁に生息していることが多いため、サンゴ礁を破壊すると結果的に有毒渦鞭毛藻が破壊されて大量にプランクトンはばらまかれるというわけです・・・・。

あ、そだ、ブリとかカマスとかにも溜まるらしいよ(大爆)

No title

沖縄の人は大丈夫ってか、普通に高級魚みたいだから、珍しい魚食べさせてあげようって善意だと思います・・・(;'∀')
毒魚として捨てられチャットと知ったら悲しいかも。

どちらの魚も生まれた時から毒をもっているというわけではなくて、あくまでも体内に蓄積されて有毒になるっていうやつだから、言ってみれば、水俣病的な?

サンゴ礁が破壊されたときに発生するプランクトンを摂取すると貯まるらしいので、結局人間の環境破壊のせいともいえるかもね~~~~(爆)

写真のサイズだと食べても大丈夫な大きさみたいだよ?
ま、毒あるかもって思ったら、なかなか食べれないよね(笑)



プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ