本当にあった哀しい話

「こないだの広島出張の時な、
自分とイマちゃんと若いのの三人で行ったんだけどな。

広島ってアナゴ弁当が有名なんだってな。
しかもそれが3種類あるって聞いたから
みんなで『アナゴ弁当全種類食べよう!』って
盛り上がってたんだよ。

で、やっぱまずは行きしの新幹線の中でって事で、
カートを呼び止めて
アナゴ弁当3つ』って頼んだの。そしたら
『すみません、あと二つしか無いんです』って言われちゃってさ。

え、どうする?今はやめとく?って他の連中に聞いたら
イマちゃんが『一つは普通の幕の内でいいよ』って言うから
アナゴ弁当二つと幕の内一つ買ったんだよ。

そしたらさ、




イマちゃんが真っ先にアナゴ弁当取ってっちゃったんだよ!(☼Д☼)



もう、え?って固まっちまってさあ。
そしたら若いのが気を使って『オレ幕の内でいいっす』って
言ってくれたんだけど、そんなの悪いじゃん?
だから若いのにアナゴ弁当渡して自分が幕の内になったん
だけどさ‥‥‥
だけどさ〜こういう時、『幕の内でいい』って言った
イマちゃんが幕の内食べるんだって普通思うじゃん?
なんで広島まで来て甘い緑の豆食わなきゃいけないんだよお〜〜(泣)

そのあと他のアナゴ弁当は食ったんだけど、
結局自分だけ3種類食べれなかったよ。


イマちゃんそういうとこあんだよな。
3人で居酒屋とか行ってもさ、
例えば唐揚げ頼んで皿に3つのってたら普通
ああ、一人一個ずつだな、とか思うじゃん。
でもアイツは一人で全部食っちまうんだよ。
少なくとも二個は食う。
数見て一個ずつとか考えてくれないの。
アイツとなんか食べに行くときは自分の欲しい物は
ソッコーで取らないと食いっ逸れちまうんだよな〜orz」





いつもは我が社で一番食い意地の張ってる社長が
唯一惨敗し、唯一同情を一身に集めたこのエピソード、
名付けて「アナゴ弁当事件」は
もう15年以上昔の話ではありますが
水面下でひっそりと語り継がれている…もとい
私ともう一人の同僚が大喜びで触れ回っている
事件です。

この“イマちゃん”、
見た目はおっさんとしては並以上、全く見苦しくないのですが、
残念な事に
このように傍若無人だし、人前で平気で
鼻ほじったりするし、セクハラすれすれの無礼発言するしで
中身は目一杯クソオヤジ
見た目が紳士っぽいだけにそのギャップは凄まじく…

こんなんでも所謂「ギャップ萌え」する人とかいるのでしょうかねえ。
もちろん既婚者だし3人の子供たちからは非常に慕われております。
理不尽だあ〜〜〜〜〜〜

え?もちらん我々も毎日地味にダメージ喰らってますよ?



※甘い緑の豆とは、よく幕の内系のお弁当の付け合わせに入っている
 金時豆っぽい味付けの緑のお豆さんの事だと思われます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

うみねこさん

なんや、まだ息あるやんけ。

まー、ね、だいたい昔から「持病の癪」とか言う人って
結構しぶといのよね〜

いいから早くデイゴちゃんうちにおいで〜〜
今ならハモの頭もあるよ〜

わかばさん

むかし、お寿司屋さん行った時は、お呼ばれだったりして
あまり気にしていませんでしたが、
一つ頼むと二つ出てきますよね。勝手に。
ふつーに常に二つだったからあの頃は
お寿司の単位「貫」はにぎり二つで「一貫」と勘定するんだと思ってたんですよ。

が、つい最近(爆)お寿司漫画を読んでて
あれはちゃんと二つは二貫なんだと知りました。
一つずつ出すとオーダーが忙しいから二つ出すんだとか‥

と言う事はお勘定も自分が頼んだつもりの倍!に
なるわけですよね?
お寿司屋さんって恐い〜〜

まるで飲み屋の「お通し」みたいですよね。
高級レストランの「サービス料」とか?

オトナの世界って自分で決めた予算がすんなり行かない
世界なんだな〜
……って今驚く程オトナ新参者な年齢ではありませんが…


うみねこさんに止めだなんて、
相変わらず姐さんは優しいなあ。

私は最期までじ〜〜〜っと観察するつもりで居ましたわ(^m^)

わかばさん

姐さん、今頃何を絶句していらっさる!
いつもの事ですよ〜

うみねこさん

ああ‥‥
すみませんすみません。
そんな事おっしゃられてるけどきっとまだ生きたいんだろうと
お医者を呼びにいっておりました。
でも…
すみませんすみません。
お医者は只今バカンスで、幾度もお願いしたのですが
つまりは、他人の命よりも旅行が大事だとの事…

もう手遅れですよね。
二日も経ってしまいましたもんね。
でも安心して下さい。デイゴちゃんは私が責任を持って…
ええ、北海道程ではありませんが、新鮮なお魚のアラは
たっぷり確保出来ます。
多少おうちルールがきびしくなるかもしれませんし
名前も「ワトソンくん」に変わってしまいますが、
がんばって育てますので安心して下さい。

え~わかばねえさん・・・

もう身動きの出来ない、今わの際の私が言う筋ではござんせんが、

あぁ、止めだけは辞めて頂きたい・・・。



でもね、そっと濡れ布巾を顔に乗せられるだけで簡単に
私の人生の幕が降りちまうんですがね・・・。v-406

No title

私の大昔の風化した記憶によれば、お寿司屋さんのカウンターで同じものを同時に注文した場合、2人分まとめて握って、同時に出してくれたような・・・・。
いえ、大昔すぎて記憶が定かではありませんが・・・。

てか、うみねこさん、目の前が暗くなって・・・・。

あの、トドメさした方がいいですかね??(爆)


No title

(;゚Д゚)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

うぅ・・・。

ふ、腹痛どころか、持病の癪が・・・ゲホゲホッ。v-406

い、医者は呼ばずともよいでよぉ・・・
ただ、後に残されるこの「でいご」が不憫でのう・・・。

姉さん、戸棚の右隅に一分金が二枚あるから、
そ、それで後始末を頼まれておくれな・・・。

あぁ、もう真っ暗になってきたよ姉さん・・そろそろだぁ・・・・ガクッ・・


                     

                     (佃島、住吉長屋の猫より)

うみねこさん

そうですね〜ニューテーマに!
いやまて、たまにデトックスしなきゃとぽつぽつ己の汚れた部分を暴露するとして…
ニューテーマとしてカテゴリ分けしてしまったら
誰かが「まとめて読む」かもしれん…それは毒素が強すぎる…やはりテーマとして分類しちゃいかん……。


さて、お次はお寿司屋さんですね。
そっか、やはり新鮮なお魚の国ではチキンよりスシですね。
ていうかそのシチュではだいじょーぶでしょー!
ニッポンの高級くいもの屋では間違いなく男性を立ててますから!
そこは抜かり無くおねいちゃんより殿方に先。いいとこ。
大きめ、でしょ!

それなのに本当におねいちゃん優先されてしまうなら…
そうとうな美女をお連れと一目置いた、ということで
やはり間接的に殿方をたてt………


私は見た目の割りによく食べる、いや食べ過ぎる質なのですが、寿司屋のカウンターなんかに座ると
最初にこやかな大将もそのうち「オトコの敵」とばかりに
睨みつけてきますよ。
きっと「オトコの財布だからって良く食うな。しかも折り詰めまで頼みやがる」と思っているのでしょう。
でも残念ながら私は普段からそんだけ食べるのですよ。
だからカウンターはきらい〜

あれ?ところでうみねこさん、
お腹はもう大丈夫ですか?

うしし(^m^)

なんですかこのコメ欄は?

つぎコレやるよっ!のニューテーマがこのカミングアウト大会なのだろうか???

え~、私は成熟した男(オトナ)なのでケンタのピースの種別ごときに
微動だにしませんが、寿司屋におねいちゃんと行った時はちょっと違います。
カウンターに座るなり、冷酒を一本注文。そして、

私 「大将、中トロのいい所を少し切ってくれる?」

おねいちゃん 「あ、私も~!」

大将 「はいよっ!」

と言う展開になったとしましょう。

私はまず、この大将が誰に最初に刺身の乗った皿を出すのか?
と言うゲスな思いを巡らします。
もし、彼が隣のおねいちゃんに先に皿を出したものなら大変です。
私の脳内では、その中トロの柵の部位を思い描く訳ですね。

つまり、脂の乗りの良い柵の太い方から職人は包丁を入れますので
二番目に出された皿には次第に脂の乗りが少ない身が盛られている訳です。

「これはゲセン!」

と私は思うのですな・・・。

大将よ、金を払うのはこの私だよ!何故ねいちゃん贔屓などするのだい?
みたいな浅ましい思いがムラムラと・・・・。(さもしいやね。)

そんな気分の時は、通ぶって「ホッキのヒモ握って」などと格好をつけ
るのですが、
そのおねいちゃんが更に通ぶって「大将、ヤリイカの耳を握れます?」
なんておっしゃるわけですな・・・。

う~ん・・・。(く、くやしい!)

でその後どうしたかと言ったら、
「じゃ、次行くよ、大将おあいそ!」

という「名誉無き撤退」となる訳ですな・・・。

こんな浅ましい話なら一晩中語っても無くなりませんぜ姉さん!
うはは!

余談

いつまでも根に持っている浅ましい話なのでここにこっそり投下。


そう、
私にはケンタッキーに対する詰まらん思い出がもう一つあります。
前述(うみねこさんへの一本目のコメ参照)の件など
とうに忘れた社会人になっていたある日。

既に今の会社に居たのですが、その日は残業になりました。
もちろん仕事を中断して晩ご飯を取る訳ですが、
その日の残業メンバーは私ともう一人同年代♀(以降Aさん)、
あと天地茂似の渋いおじさん一人。
みんなで相談してケンタにしようという事になりました。
おじさんの希望(チキン3つとサイド)を聞いて
私とAさんで車で買い出しに出かけました。
私たちは車の中で自分たちもおじさんと同じくチキン3つとサイドに
しようと決めました。

ドライブスルーで注文している時、目前の道路を走る車の中に
社長の車を、なんとAさんが目視しました!
そう、社長は現場仕事からの帰社途中です。

「あ!社長だ!絶対ケンタ欲しいって言い出すから社長に電話して
先にオーダーしよう!」と。

なんと気が利いている…もとい、危機回避能力に優れているのでしょうか。
これで私たちの食い扶持も安全です。

A「社長!今私たちケンタに来てるんです。社長も食べますか?」
社長「いや、オレはいいよ。会社についたらすぐ帰るし。」

せっかく気を利かせたものの残念ながら不発。
まあそれはいいです。社長に食べてもらいたくて電話した
訳じゃないですから。


さて、3人分のチキンは全部で9ピースです。
さすがに良い大人が部位争奪でケンカ等しない(つまり
最低でも自分には譲る余裕が有る)ので
もちろん全部一緒くたに箱に入れてもらっています。

会社に帰ってさっそく3人で食べ始めました。
ところが!!!

ところがですよ!
先に帰り着いていた社長、
私たちが広げて食べてるのを見て
「うまそうだなあ、オレも食って良い?」

……出たよ。さっきいらないっつったじゃん。
もちろん私とAさんはそう言おうと‥‥‥

おじさん「どうぞどうぞ!たくさん有りますから」

おじさんは社長に気前よく勧め、社長はご満悦で
食べ始めます。
まあ、いいですよ。おじさんが自分の分をどうしようと。
おかげで社長との醜い争いはさけられました。


ところが!!!!
…みなさんは展開を読めるでしょう。
でもその頃の若かりし私とAさんには無理だったんです。

そう!
おじさんが3つめをふっつーに食べ始めたのです!!!

え?
社長に勧めた本人は自分の取り分全部確保するの?
じゃあ、誰のが減っちゃうの?

残された私たち……心の中で同じ憤りを感じながら
でもお互いに恨みはありません。
最後に遠慮の塊(もちろん遠慮してるのは
私とAさんだけの筈です)の一つが残ってしまいました。

かめ「Aさんコレ食べな」
A 「いいよいいよかめいちさん食べな」

社長「な〜〜んだ!みんな遠慮して!オレが食ってやるよ!」





‥‥‥この時の気持ち。未だに忘れられません。
このエピソードは「アナゴ弁当事件」より前なので
そうとう昔。
その後数えきれない程ケンタにはありついてきましたが
それでも忘れられない私の浅ましさ。

いや!私は浅ましいでしょうけど、
この時の諸悪の根源は誰なのか!
どこに恨みを向ければ良いのか!!
確認ですが、私とAさんの心が狭いとか女が3つも食うなとかそんな事言わないですよね?


ああ、もしかしたらこの時の私たちの恨みの念で
社長はアナゴ弁当を食べれなかったのかもしれませんね。
そう思う事にします。

願わくば天地茂似のおじさんにも因果応報が巡っていますように…。
(今はもう退職していません)


お粗末様でした。
あまりの浅ましさにご気分害されてたらごめんあそばせ(^m^)
その後しばらくは、ケンタに対する自己保身は完璧だったのは
言うまでも有りません。
今はだいぶ心に余裕が増えたので、いいです。
何か有れば後でこっそり追加買いに行きますから。

うみねこさん

か 「わーい!うみねこさんにほめられた〜
   あれ?うみねこさんお腹イタイの?大丈夫ですか?
   姉さん〜〜どうしよ〜!」

わ 「うみねこさん大丈夫ですか?急いで食べるから。
   どこが?え?
   片腹だけじゃなくて両腹?それはまずいわねえ。
   大事とって救急車呼びましょう。」

‥‥‥うみねこさん運ばれる………

か 「この後どうしましょうか‥」

わ 「とりあえず片付けましょうか。まずは……
   クーラーボックスの中からね。」

か 「わ!凄い!自家製ベーコンとソーセージこんなに有る!
   レバーパテもある!それに凄い立派なホウボウちゃん
   も入ってるじゃん〜〜〜どうしよう、姐さん、
   片付けるの大変そう。」

わ 「そうね、じゃあしょうがないから持ち帰りましょうか。
   うみねこさんいつ帰れるかわからないし、せっかくの
   ごちそう痛んじゃうともったいないから…
   かめちゃん全体の半分はがんばってよ。私も
   半分がんばるからね!」

か 「うみねこさんってなんだかんだで結構いい人だよね♪」


とりあえず一件落着ですね♪よかった〜(^ー^)

さて、ここでお待ちかねの答え合わせの時間です。

ウパ?ウパってこれ?
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC#mode%3Dsearch

か〜わいい〜。
よろしい!  正解!

うはは・・・!

そんな穴埋め問題でうみねこを試そうなんて・・・。
片腹・・いや両腹痛いわ!!

ではご回答の前に一言。

か 「お肉はもう食べちゃいますね~。」

う 「はい、ビールとウーロン茶。後イカね!お待ちどうさま。」

か&わ 「うみねこさんありがとう!」

う 「いえいえどういたしまして、で、私のクーラーボックスから持ってきた自   家製のベーコンとソーセージをこれから焼きますね!ウフフ。」

か&わ 「キャ~うみねこさんナ~イス!美味しそう!」

う 「そろそろいい感じに焼けましたね・・・、アレ??かめいちさんそのサン  ダルオシャレだなぁ!どこで買ったんですか?」
  (もちろん二人とも足元を見る!!)

結果、お約束どおり美味しいベーコンとソーセージは私のお皿へと瞬間移動する訳ですね!!
ありがとうございました。


で、〇〇の回答は 「ウバ」と言う事で・・・。

サイナラ~!

う、うみねこさん(^m^)

笑える……後味の悪い沈黙……(爆)

ていうかていうか!
その他の皆さんのリアクションといい、次の機会に箸押さえ繰り出す程覚えていたのに「切り分けてから焼く」などの対策は取らなかった事と言い、
他の皆さんも十分に「抜け駆け」する気満々だったのでは?
誰も分けるつもりないというか…(爆)

というわけでやっぱそこは勝ってよかったですね!(爆)
負けた方々から笑いではなく恨みを買ってしまって
御愁傷様です(^▽^;)

次からは是非若いおねいさんを連れていって下さい。
あ、こんど焼き肉しましょうよ。あ、わかばさんも誘いましょうよ。双方若くはないけど(爆)両手に○○で。


か「あ、お肉最後の一枚だ〜姐さんどうぞ〜」

わ「何言ってんのかめちゃんも食べるでしょ?
  分けましょ♪切ってあげるわ♪」

か「ありがとうございます〜。あ。うみねこさん、
  ビールもう一本取って来て下さいな。
  姐さんもどうですか?」

わ「じゃあ私はウーロン茶頂こうかしら。
  うみねこさんお願いしま〜す」

か「そろそろ焼けたかな〜」

わ「いいんじゃない?さあ、食べましょ!
  あら?うみねこさんまだかしら?」

か「うみねこさーん、飲み物早くして〜〜!あ、あとイカ
  もう一杯釣って来てくれるとうれしいな〜
  お肉は食べちゃいますね〜」

以下略…


上記の文章を読んで次の問いに答えよ。

問1、文章中の○○に適切な言葉をいれよ。

ナオキチさん

まあ……いいっていうか、悪くない…くらいかしら(^^;)
デ○じゃないし、ハ○じゃないし、○症でもない。

細身でコンパクトなのにビックリする程邪魔になる場所にいつも立っています(爆)

わかばさん

ホントですよね〜
相手がイマちゃんだったら(そゆヤツだったら)私も負けません。
「幕の内で〜」とか言われたら「え?イマちゃん幕の内でいいんですか?ありがとうございます〜」って先に口に出して宣言する!ってイメトレしております(爆)

ちなみに唐揚げ(仮)を全部食べられてしまった社長はもう一皿頼もうとすると、イマちゃんに「唐揚げはもういいよ。他頼もう」って言われちゃったりするようです。
社長も別にお人好しではないのですが、
相手が余りにも無神経だと絶句して思わず負けてしまうようで…うん……気持ち分かるわorz
そうなのよ、普段の仕事でも思わず絶句して言動を見つめてしまう(許してしまう)事は多々ありで…(爆)


ケンタの部位指定した事あります?
私まだなんです。内弁慶で出来なくて。

今一番好きなのは手羽(ウイング?)、一番キライなのは
サイなのですが、
2ピース頼むのにもしウイングを指定するともう1ピースは
サイの確率が非常に高いんですよね。どうもマニュアルでそう決まってるみたいで(そして、何も言わなくてもウイングとサイの確率が高い私…)
というわけで、指定するなら2ピースとも……ううむ……
内弁慶には敷居が高い…
ケンタかなり好きででいつもは月一くらいで食べてたのですが、今年はなんとまだ一回だけですよ!
ええ。お魚のせいです(爆)

いやいやいやいや・・・・

事はそう平和的な展開とはなりませんでしたのですよよよ~!

一人の初老のオッサンは口を半分開いたまま、目が点になり、
焼段のお肉のあったと思しき辺りをじっと凝視しながら、
箸とタレ皿を持ったままフリーズ状態に!

更に一人の私と同年代の男は、大きく目を見開き、「なんじゃ~~?」
と言いながら、焼段と私を交互に睨み付けるのでした・・・。

そしてもう一人は小さく「チッ」と舌打ちをして、いかにも面白くない!
といった顔で缶ビールをグイグイと飲み干したのであります。

ここに一人でもお若いおねいさんが居て、
「やぁ~だぁ~もう~~、うみねこさんずる~い!」
なんて事にでもなれば事は笑い話で済んだのかもしれませんが、
なんだい、この後味の悪い沈黙は・・・。

ホントに洒落の分らん奴が集まるとこんなに気持ちの悪いものなのか?
やだね~、まるで獲物を横取りされた未開人の如く、敵対のオーラを
解き放つのですよ!

こんなところで、原始の頃より人間の男が持つと言う
狩猟本能DNAをリアルに体験する事になろうとは・・・。

でも考えてみると、そんなメンドクサイ解釈ではなく、
ギャンブルでイカサマに気付かれた時の反応に似ているような・・・
そんなものと理解すべきなのか・・・。

ま、どっちでも良いけど、男も結構ねちっこいよ~~と言うお話でした。(笑)




で、その数年後・・・。

今度は海っぺりでキャンプを同じメンバーでしていた訳ですね。

そしてお決まりのバーベキュー。

ロケーション的には、私だけ海の方を向いていて、他の三人は
陸側を向いていた訳です。
で、またその時歴史が動いた訳です・・・。

その時も大きな肉の塊を焼いていたのですが、
私が唐突に海を指差し、情感タップリに
「おぉ~~潜水艦だよ・・・スゲ~!!まじかよ?」
ってね!

その時の三人の反応が素晴らしかったのですよ!

三人一様にホンのコンマ何秒の間だけ上半身が海の方に
向き掛けたのですが、瞬時に身体は焼段に向き直るという
離れ業を決めたのですよ!(3人同時ですよ!!)
これ凄くないですか?
そしてマイ箸でシッカリと肉を押さえながら、ゆっくりと海の方を見て
「何処に潜水艦だよ!」
と余裕で返されてしまいました・・・。

人間の学習能力の高さをマザマザと見せ付けられた瞬間でした・・・。



(全てノンフィクションです)

No title

イマちゃん!!
傍若無人なのに見た目はいいのか~\(^o^)/

コッソリ、一日ウォッチングしててみたいなあ~

No title

あはは~ん(;´∀`)

空気読めない私は、「一つ幕の内でいいよ」って言われたら、「悪いわね~、じゃ私、穴子弁当いただかせていただくわ♡」とさっさと先に買ってしまいます(大爆)

ケンタさんに至っては、最初から、一緒に買わない。
しかも、お店の人に希望の部位を指定する(爆)

唐揚げも「3つだから、1つづ食べれるね」と言うかも。
ま、一緒にいるメンバーが皆大人対応の人だったり、あまり知らないメンバーならおとなしくしているけど。

遠慮し合うのはナンセンスだよね。
「どうぞ」といいつつ、本当は他の人が遠慮して小さい方をとってくれることを願っているんだもん。
じゃなかったら、自分が先に小さいのを取るはずでしょ?
くだらなすぎよ。

ああでも、本当に遠慮しちゃう人と一緒の時は譲ってあげる事にしているの。
だって、その人他のところで散々損しているはずでしょ?
たまには得してもいいと思うのよ。
ほら、私はいつもお得側だから(大爆)

うみちゃん

え?
残念ながら私の独断と偏見によればこの場合は「無罪」ですよ?

ブツが人数分以下の場合はそりゃ〜早いもん勝ちです♪
しかも作戦勝ちでもあります。ステキです。
さぞその後も楽しく盛り上がれた事でしょう♪
よく、足りない数の時にいつまでもイチャイチャと譲りあう泥沼に突入する場合がありますが、アレは頂けません(ー▽ー)



そういえば思い出しました。
むか〜しむかし、私が女子高生だったころ…
学校の帰りに友人達数人でケンタに立ち寄りました。
みんなでイッコずつ食べよう!と。
もちろんみんな自分の分は自分で払う。ただ、一緒に行って一緒に頼んだ。それだけです。

が、ご存知の様にケンタは部位がそれぞれ違いますよね。
それで全員テーブルに盛られたチキンをじ〜〜〜〜っと
見つめたまま沈黙。
沈黙は続く。誰も食べようとしない。せっかく出来立てなのにじわじわ冷めていく。

こいつらいつまでこうしてるんだ?と最初からじりじりしていた私は突破口を開こうと手を伸ばして自分の好みの部位(そのころのお気に入りはリブです)を取りました。

途端に数人から超ブーイングですよ!
ずるい〜〜だの、大きいの先に取った!だの。
(ご存知の様にメーカー希望最大小売り部位は「サイ」です)
まあ、そんなブーイングが起これば二番手が手を出せる訳がありませんね。その後も彼女達はしばし悩み(私は美味しくハグハグ♪)
ようやくじゃんけんして勝った順に取る事にしたようでした。

結構評判の良い女子校だったのですが…
その制服を着たままなんとなげかわしい……

え?一番嘆かわしいのは私?変だなあ。

ちなみに最初から「じゃんけんしようね」と決まってたのに先に取ったらアウトです。もちろん!

それ!

私です!!
イマちゃん=うみねこ
です。
この間仲間内とバーベキューをしましたが、その時、
最後に大きな肉が一枚残ったのでそのまま網の上に・・・。

焼台を囲んでいたのは4人!
皆焼きあがるのを楽しみにじっと見ていた訳ですね。
んで、良い頃合になったので、私空を指差して

「あ!飛行船!!」

って大声を出したんです!

皆が上を向いた瞬間に、私はまんまと最後のお肉を
せしめたんですが、いけなかったでしょうか?

うしし。
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ