FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小指強化

レッスンの続きです。
前回同様内容順不同更新不定期長期連載中尚打切御免


いつも、レッスンの最初は、準備体操とか、姿勢とか、脱力関連のあれこれです。
これが、結構お宝な内容で、ほくほくです。

最近(といっても初回と今回のまだ2回ですが)の課題は
「腹から弾く」です。


脱力しなきゃ、奇麗な音はでないし、速くも弾けない。
だけど、脱力ばっかりだと、力強い音はでない。

やっぱり汚くないフォルテと弱っちくないピアノが欲しい!!
それには、指だけで弾いてたんじゃ、イカンのですか。



というわけで指だけで弾かない、腕からだ!肩からだ!とだんだん身体をさかのぼり、
腹から弾く、に至っています。

前回のレッスンで、この「腹から弾く」を教えて頂いたのですが、
意味はわかるのですが、どうしていいのかが分かりません。
例えば小指で弾く時は手のひらの小指側に力が入るのですが、そこだけじゃなくて
腹から‥‥‥腹からって言っても‥‥‥??

さっぱり分からない私に、今回はもっと砕いて教えて下さいました。
面目ないです。センセイ。お手数おかけします。

鍵盤に指を置いて(私の場合は強化月間の小指)
まず、腹の筋肉を緩める。(え!腹がでっぱっちゃいマス
で、ぎゅっと腹筋を絞めて、その勢いで弾く!
まあ、ぶっちゃけ体重をかけるみたいな。
重心は指先にあるつもり。
結局速い話がちょびっと前のめり?

その時に手首とか腕とか肩とか背中にへんな緊張があったり力が入っちゃったりしてると
せっかくの腹筋から出した力が指先まで届かない‥‥




似た物検索で行くと、

歌歌う時と似てるかな~なんて思いました。
ホラ、よく腹から声を出せって言われますよね。

その時、のどに力がはいって絞めちゃってると、腹からのエネルギーが
口からでてこないで、痛~~い声になっちゃう。

欠伸してる時の様にのどを全開にしてれば、
なるほど!腹からの声になる!その証拠に、声を出してるときに腹を押されると
声がそれに同調してぶれるんですよね。

じゃあ、腹筋は緊張してるのか‥‥
う~~ん、今のとこの私の解釈では、「そうだ。」です。



だって、腕を自由に動かすには背中、肩、腕、手首はいわゆる「脱力」状態で
なければならない。

でも、椅子に座って、しかも指先が激しく動いてて体重移動が起こっている。
この状態で、体全体がマジで脱力してたら人形みたいにグニャグニャに
なって椅子から転がり落ちてしまう筈です。

そうならない様に身体のバランスをとる役目を腹筋に(足もですが)託してるので
ないでしょうか。

腹筋に託す事によって、背中から指先までがフリーになり、
弾く為に自由に動かす事も空中に吊った状態にする事もできるのでは??

まあ、レッスンの内容を私なりの解釈で‥になってますので、
大正解!!の保証はないのですが‥‥
ひとまず(汗)の結論です。

もし内容にマチガイが発覚した暁には速やかに訂正致します

話半分でおねがいします。


それにしても、腹筋さんって、芸術家ですね。
声を出すのは喉の仕事の筈なのに、ウツクシイ声にしてるのは腹筋。
ピアノ弾くのは指先の筈なのに、ウツクシイ音にするのは腹筋!!

腹筋こそが、文字通り体内に宿る芸術魂の正体なのか?!


つづく。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

bamamanさん

計りました!!v-42

親指の先端と小指の先端まで  19センチ。
中指と人差し指は   右8センチ、左7.5センチ……v-13
小指と人差し指  右14センチ、左14センチ。あれ?これちょっと変?

中指と親指の付け根?手の大きさでしょうか。えと、16センチ。

オクターブ届けば文句は言うまい‥‥
はい。v-35でもお~~~だって~~(爆)

確かにオクターブを無理してがんばると、めっちゃ音がキタナイん
ですよね(汗)
なるほど‥‥ちょっとそのやり方で弾いてみます。
明日は絶対残業しないぞ~~~!
そんなにヒマじゃない!(爆)

tukushiさん

>持ち主にすべての運命を握られているんだもの・・。

ふふっ
そこが人間の一番罪深い所です。
まず、己の命の糧として他生物の命を奪うのは生き物皆そうですが、養殖だ、畜産だと、ターゲットの生物の運命を完全に支配する罪を持つのは人間だけ。
さらに、生きるのに必要ない理由でも飼育だ研究だと
他生物の運命を支配する。

だから人間は地球上で迷惑な存在なんですよ。

そしてそこ気にするなら何も出来ないと言う事です。
自 殺するしかありません。
しんだ後も大気を汚染しそうですけど。

でも私にはそんな勇気はないので、悩むのはヤメてます。
可哀想なウチのペット達の人生への責任の重さでいっぱいいっぱいなので、申し訳ないですが、植物と昆虫への責任はごめんなさい。
でもウチでのアリさんはコレでマシな方なんです。
他にうりちゃんのお食事になる運命を決定付けられたコオロギやシルクが沢山……
まるでこの家はなにかの牢獄のようです。

さて、
私も他のアリ飼育のサイトとか見て、いろいろ読んで、
よく見てるな〜なんて人ごとの様に感心しましたが、
いや、見ちゃいます。
で、思ってるより分かりやすいです。
こんなにハデにサボってるんだ〜みたいな(爆)
それにしても、二度寝の10分より短い10分を体感したのはこれがハジメテか?!

一年後にはこのハガキサイズの人工巣はいい感じに
イッパイになるようです。(上手く行けば)
でも次の巣を連結して拡大しないなら、産卵が抑制されてそれ以上増えないんですって!!
人間と違ってスゴイ!

で、いずれ観察終了する訳ですが(飽きるとも言う)
ウチのはそこらへんに居るクロオオアリなので、
そのへんにリリースしようかな〜と思ってます。
アリは人生で何度も引っ越しするそうなので、
多分地面においておけばより良い環境の方へ
引っ越しするんですよ。全部自分達で運んで♥

オクターブは…

やや潰れて弾いてるかもしれやせん。
基本的には 上から弾くな、下から弾けと言われやす。
ええとぉ 鍵盤の上の方から 落ちなくてええんす。
言葉にすると分かりにくくなるのでやすが…
鍵盤の面近く 手前から 鍵盤に到着して 手首を上げて その運動の結果 打鍵して、柔らかく離れて行く…

戦闘機のタッチ&ゴーみたいな感じかいなぁ?!

だから、指の力では叩かない。
むしろ指は ショックアブソーバー見たいな感じなのかいなぁ?そこらへんは よくわからへんし、いろいろなケースは ありそうでやすがぁ、基本的なイメージに近いと思うし、タッチ&ゴーとかいて気がついたのは 鍵盤はぁ タッチでやす。
プレスでもヒットとも いいませんなぁ!

指の鍵盤の肌ざわりを楽しむ様な位の 柔らかさ…
そう、スタインちゃんは 黒鍵が黒檀なんでやすがぁ、”黒檀が汗を吸う様な感触を楽しみなさい!”と お師匠に言われた事がありやす。

うん、アクションのスポンジ感といい…
ひたすら 羽毛の様に柔らかなのでありましょうかぁ、理想はぁ♪

そう、その間隙の一瞬、全身からのパワーが 集中して 瞬時に通り抜けて行く…

そういう事なんでありましょうかぁ。

うん、鍵盤を動かす運動の全体像と その時のタッチとは…
きっと それに限りなく近いのではないやろかと 思うたりしとる訳でやすが…人生は 長い!
別の高みは いくらでも あろうかいなぁ♪

手の大きさ、指の太さ

定規に指を当てて 目一杯開いてみてくださぁい!
親指の先端と小指の先端までの距離は?
小生は22.2cm
中指と人差し指は
12.2cm右が12.5cm
小指と人差し指が
11.9cm右が10.5cm
目一杯押し付けてもかまいませんのやけど…計り方で 誤差はでるけど
何故か小生は 左手の指が開くねんなぁ????右が開かなかったのは意外でやした。きっと 左手は 和音が多いので 開く様になんたんでやしょうかぁ????

さて中指と親指の付け根を計ると左右大体18cm
この18cmが天然の大きさなんやけど指の開き距離は 訓練によるものやと思いやす。
小生より5mm以上も手の大きい人がいますが 親指小指間の開き距離は 1cmとかそないに短かったりしやす。

オクターブ届かないと かなりきついのは 分かるのでやすが、オクターブ届けば 文句は言うまい!
スクリャーピンのエチュードなんかで12度の2音の和音が出て参りやす。これなんか 弾きようがありやせんぜ!ロシア人は手が 大きいのやろかぁ?
ラフマニノフも恐らくスクチャーピンもホロビッツもキーシンもちゃんと弾いとりやす。
1本指でモーやんのトルコマーチを弾いちゃう障害者もいやす。

手の大きさは 指の太さは その人の個性と割り切りやしょう。
男女の性別も その人の個性と割り切りやしょう。

あはは…

No title

かめいちさんもドレミ書いてるんですか?
ニッカと一緒ですね(*´∀`) (爆)

ここでお話されてることは、あと3年くらいは話の1割もわかんないんだと思いますけど、力を入れる場所が大事なこととか、すごく勉強になりました(*´∇`*)

でも、ピアノも腹筋が大事って、人間の体の構造に準じてる面白いことだと思いました。

スポーツもおなかに力入れないとダメだし、
ゴルフとか。
腹筋にしっかり力入れて下半身をしっかり踏ん張って
腕の力はボールにクラブが当たる瞬間だけなんですよね。
ボールに当たる手前まではクラブを振り上げて振り下げる遠心力を使うので。
それには重心が大事だし。
卓球も、腕でラケット振ってるようで、実はお腹に力入れて腰の回転でラケットを振るんですよね。

ピアノもスポーツなのかぁ(´ー`)

bamamanさん

たいして大きくない……
だといいのですが。

マーティンの指、凄いんですよ。マーティンに限った事ではないかも
しれませんが。
小指が!!他の指と同じ太さがあるのです。
いえ、全体的に骨張ったウツクシイ手なのですが……
だから骨が凄いんでしょうね。
それ見た時、ああ、やっぱりあれくらいでないと弾けないんだな~なんて
思いましたが、
あまり関係ない??っていうより、それだけじゃなさそう??

でも、bamamanさんも手が立派でうらやまし~~。
ホントめっちゃ大きいですよね!v-10

高校生で悲壮‥‥いいな。
ホント私もがんばっとけば良かった~~。

昨日なんとなく、昔やったブルクミュラ-25を見てたんですが、
裏表紙に終了した日付が書かれてました。
11歳でした。
ところで、たまた見た23曲目にドレミの書き込みがびっしり!!
左手ばかりでなく右手も!しかもほとんど全部。
11歳といえば……ピアノ始めて7年たってます。

7年もやっててまだドレミ書いてんのかっっっ!!

って思いましたね。どっからどこまでもヤルキのない生徒だったようです。e-258


まあ、ここへ来て、人脈にやたら恵まれてますし、大器晩成型なんですよ。たぶん(^m^)

ニッカさん

ごはん、いいな~。今日は何ですか?
私?まだ会社(T^T)

って遊んでんじゃん!!

ヒトがせっかくウキウキおピアノやろうと思ってんのに
そんな時にかぎってこれです。

bamamanさん

なるほど~~~~!!!
アレですね。トンネルは卵型。ってやつ。
卵型は上からの力に強いから、そんなにバカみたいに頑丈に
作らなくても、山の重さに耐えられる。とかなんとか‥‥
その道のプロにこんな話しちゃう私もどうかしてますが‥‥

手の形がちゃんとその圧力に耐えられるフォームになってれば
細こい指でも腹からの力に耐えられる!
指の力は弾くために使うのではなく、そのフォームを維持するためにのみ
使われている!!
そゆこと?そゆことですよね??
だから先生も、「腹からの圧力に耐えるために指の筋力は必要ない」と。

もしや、ピアノの最初に教わる「指は卵形」ってそこからかも?!
それならわかりますね。
でも「手のひらの中の卵が割れないように」って言われると
分かんなくなります。じゃあ、オクターブ弾けないじゃん!みたいな(爆)

あ、もし私のこれらの解釈が間違ってたらお手数ですが
訂正下さい。他の方に悪影響があると申し訳ないですし。
私もどっか違う世界への旅に出て帰って来れないと悲しいですので。

ああ、補足

ひょっとして 指にかかる力は 対して大きくなのかもしれへん?!

力積ちゅうのあるやないですかぁ。F(力)×T(時間)=力積
F(力)が瞬間的にもの凄く大きくても 時間が短いと力積は小さくなりやすよね。
うん、だから 仕事量は そないに大きくならない。

T(時間)を短くする。うん、鞭の効果みたいなもんやないやろかぁ。
体の重心が 動くのを利用して 少し遅れて肩が動き、腕がしなる。腕で力の方向性を修正して 手首がしなる。
そいでもって 最後 指が 手首の動きで しなって 鍵盤から離れて行く。
打鍵の瞬間の方向調整と瞬間最大速度の調整だけで 後は ゆっくりとしなりながら 手首に吊り上げられて行く。

うん、そんな感じかもしれへんなぁ。

高校生の男の子のレッスンを 覗かせてもらいやした。
悲愴の第三楽章。
まだ、完成には ちょいとあるのやけど…面白かった♪
少し 音が重くて固いのっす。
鍵盤を押しちゃった時に 大概そうなりやして 先生にも そないな事言われてはった。
”ここ強くせな!”と思った瞬間に 鍵盤おしてやした。
柔らかい音を 求められると 音が弱くなってはりました。

二重和音進行では 音がガタガタしてやした。

まだ、不安定なのでやすが、1/3位は 奇麗な音出してやして ああ、この子は 上手くなるなぁと 思いやしたね。

音が基本的にしっかりしてるんだす。しっかりと鍵盤をつかむ様な動きをしてるんやけど、そうそう まだ不安定なだけなんでやす。

1年もして 【蜂の様に刺し、蝶の様に舞う!】のではないやろかぁ。
ちょいと関係ないんやけどね、なんか ええ感じでやしたね。

そういう子を伸ばす様に 指導されている先生方には 頭さがりやすよ、ほんまに♪
ああ、かめいっちゃんのお師匠は 鬼子母神も逃げる立派なかたでやすよ。(笑)
うん、真摯な姿勢の方やと思いやす。ほんま…
そいでもって もの凄く 角度というか視野が広いのでやす。

bamaman師匠

うおー。
なんかすごいおはなし・・・
ご飯の用意してからゆっくり読みます(`・ω・´)ノシ

基本的には力の伝達

かめいち様、ニッカ様

はぃ、基本的には 力の鍵盤への伝達をどうやるかという事でやすから、体のバランスは前提になりやす。前後だけでなく 左右の体のバランスもありやす。
そいでもって その力は どこの力を使うかというと Bodyからの力が半分以上やないでしょかぁ?!
従って 体のバランス、重心点がもの凄 大事になりやすさかいね。
それでもって 肩とか腕の力が そこに相乗りしやして それが例えば1/3位。
手首が1.2/8が、残り指でございやしょうかぁ。

ま、比率はいい加減でございやすがぁ。(笑)

指で使う力の殆ども 指の付け根からの振り上げ運動だったり、指潜り運動だったり、指を広げたり手の平を縮めたり…
では なぜその指に力が入ってへんのに 音が出るのか、圧力に耐えるのか?
それは 手の形とか指の形が 力の流れる自然な形になっているからでやしょうねぇ。

テニスのボールを打つ瞬間、手首がくの字に 折れていてはったら 玉の力に押されて あきまへんやろねぇ。
あれも手首や腕で打つというより 体の重心移動の力を 上手く腕、手首、ラケットへと伝達させるように なっておるんやないでしょかぁ?!
ま、小生は テニスは やらへんのやけどね♪

大体、脱力出来てへん ちゅうのは、無理な形で 末端の筋肉を力んで 酷使して 効果のないボールの打ち返しを する様なもんやないやろかぁ?!

そう、だから体全体を使こぉて 玉を打ち返すフォーム造りを する事やと思えばええねん。
指先の脱力が 問題ちゅうよりも フォームがちゃんとしていて ええ玉を打ち出す様なもんやと 思えばええのやないかとね、小生は思いまんのや!

e-t-pfさん

強化と言っても筋トレじゃないですよ~~。
だって、先日先生「力の有る無しは関係ない」っておっしゃってましたから。
ただ、力を入れるタイミングでのっかるかのっからないかが変わる、って
いうの、早く体感してみたくて‥‥
毎日仕事中に机でやってみてるのですが、まだ小指ボキボキ折れます。
たま~~にうまく行く時が出てきたのですが。

こういう身体の使い方は、子供さんの方が得意では?v-12

bamamanさん

一見、bamamanさんのお話と、私がレッスンで聴いてきた内容は
相反してる様に見えますが、多分、同じですよね。
私の読解では、
bamamanさんのおっしゃる【蜂の様に刺し、蝶の様に舞う!】の
蜂の様に刺す部分の高速度カメラの映像が先生のおっしゃる腹筋から来る
重心や前のめりの部分ですね。
この解釈、自分的に自信あるんですけど、どうでしょ。


あと、ここ最近の私の中で解読中の言葉のマジック、
「音量は、打鍵の強さではなく、打鍵スピードに依存してる」の部分。

理屈っぽく考えると、ハンマーから弦までの距離は決まっちゃってるので
大きな音を出すには、ハンマーの移動スピードをあげるしかなく、
決まった距離でスピードを上げるには、必然的に打鍵力をあげるしかない。‥‥‥つまり、音量と打鍵スピードと打鍵力はみな正比例の
関係になるんですよね。

ただ、考え方で、ともなうイメージが違ってくる。
気持ちの持ちようで結果に変化がでてくるという
所の大切さで、「打鍵スピード」で音量が変わるという
表現を使うのでは‥‥

オニギリさんのおっしゃってらした、
楽器は外見の雰囲気が音に出る、と少し似てるかな?と思いました。


運転免許の教習所に通い始めた頃、「エンジンブレーキ」の意味が
わからなかったです。車のパーツに「エンジンブレーキ」なんて物は
どこにもないのに、教官達はこぞって「ここでエンジンブレーキをかけて!」と言っていました。

しばらくたってから、それが「アクセルから足を離す」事だとやっと
自力で見つけました。
なんで、そんな言い方するんだろう。なんでストレートに
「アクセルから足を離して!」って言ってくれないのか。
ずっと、そう思ってました。
でも、今なら少しわかります。なぜ、先生達は
「エンジンブレーキをかけて!」と言い続けていたのか。

まゆっぺさん

やっぱり全身いるようですね。
そして、使う、といっても、それは筋力として使うのか、脱力して
使うのか‥‥背中とはどの部分の事なのか。
わからない立場としては、言葉、単語全てに???が飛びますよね。

このコメント欄でe-t-pfさん(私の先生です!)が書いて下さってますが、
鍛える、というより、バランスなんでしょうね。

ピアノって奥が深い‥‥深いとは思ってましたが、思ってた方向じゃ
ない方にまで深い気がする今日この頃です。

ニッカさん

あ、そうかもしれません。あのうたちゃんに押された時のヤツですよね。

脱力は私も悩んでます。でもこの漢字に罠があるような気がします。
脱力と言われると、全く力を入れてはいけないようなイメージになって
しまいますが、実はそうではない。力を入れるべき瞬間とかタイミングとか場所とか。
そういうのがあって、それ以外を脱力せよという意味なのでは、
と思います。

うちの先生は、そのような事をおっしゃってたような‥‥。
だから、脱力に関しての考えや練習の仕方は、男性と女性で
多少なりとも変わってくるとの事。
これは、なんだか納得できるような気がします。
プロの弾き方を見ていても、男性は、余裕でもって、さらりと鍵盤を
なぞる様に弾いてる方多いですが、女性はどちらかというと
ちょっと必死気味ですものね。

moguさん

あははは、
私も仕事中はもっぱら指の形の練習とか、小指の体操とか、仕入れた
情報の整理とか、レッスンのまとめとか‥‥(仕事しろ~~)

最近腹筋を気にして練習してるのですが、なるほど、腕が楽に
動くような気がします。オススメですよ~。
仕事してるヒマないですよね~~v-12

鍛える必要はなか

ムッキーになる必要はなかと。
ちっちゃい子供でも、上手に弾くけん。

体のバランスに対する感覚と、
筋肉に対する自分の感覚とが、
整ってくると、ピアノは弾きやすくなるで。

逆にゆうと、ピアノを弾くことで、バランス感覚を養えるけん。
ウデ痛くなっちゃう人は、体重がうしろに逃げてるけん。

ある鍵盤楽器奏者(極真空手の有段者)が、
黒鍵の間に指挟まって、抜けなくて困ったって聴いたことあるけん。

腹筋かぁ、なる…

椅子に座った状態で お腹の付近、腹筋に力を入れると 少し伸び上がりやす。
その伸び上がるタイミングを利用すると 腕が鍵盤より宙に浮きやす。
そこから弾き始めれば 体全体で 弾くような感覚が得られやす。

体が 動くと 手の力は抜けやすよねぇ。
それが 【脱力!】といわれる状態に近いのでやすよ!

バランスに使う背筋、腹筋もゼロでは ないいとは思いやすがぁ、そもそもピアノを弾くという行為はぁ 指先ではないのでありやす。手であり、腕であり、二の腕であり、肩であり、体全体なのでありやす。
手の平は いつも鍵盤から浮いて 鍵盤からみると 無重力状態で 漂っているんでやす。
そう、指は 一切の重力から解放され、指の付け根から 動く運動を 体の躍動からエネルギーをもらって 鍵盤に舞い降り、舞い上がる運動なのでありやす。
指に 重力がかかると あの軽やかなアクッションの反動を知る事は出来ないのでやす。確か、グランドピアノのアクションは わずか4gの重みで動くのでありやす、確か?!
我々の体重はその1万倍とかのオーダーなのでありやす。

ピアノの音量は 体重の重みでなくて ハンマーの打撃スピードによって決定するのであって 鍵盤への打撃とか、重量とかいった事とは イメージが違うのでありやす。
そう、モハマド•アリじゃぁないけれど 【蜂の様に刺し、蝶の様に舞う!】のでやす。

是非是非、指が吊られている、鍵盤に対しての無重力状態てぇのを 体験してみて下され!

うちのセンセ

腹筋だけじゃなくて、ピアノは背筋も使うとか言ってました!
ようするに身体全体鍛えないと無理?
腰で支えてとか~。

pで弾く時、前のめり…確かにうちのセンセも言って
やってましたわ~。
ノリノリでやってる時、最近私も身体動くようになりました♪
pの時、小さくなったり(こんなおデブでも(^^ゞ)
fの時、身体全体使ったり…。
それを見ている夫は楽しそうとか言ってますが、
ピアノって体力いるのね(@_@;)

ピアノやってて、痩せはしないのでしょうか???
↑話ズレてるし(^^ゞ

あれかな??

神童の中のシーンで、
「はっっ」って言いながらワオンがピアノ弾いてた・・・

お腹から勢いよく息吐きながら弾く感じ?

bamamanさん・・・
風邪だけでなくシナ語までうつしまわってるのかな?(´・ω・`;)

打切御免てうけます(笑)

ニッカの場合、脱力(を意識)すると、鍵盤押せないんです。
指に力が入ってなくて・・・
脱力しすぎ!?( ̄■ ̄;)!?
てか、脱力の意味が違うか!?

No title

冒頭の文章見た時、『論語の原文抜粋からネタかぁ~。さすがかめいちさん♪』
と思ったら…( ̄ω ̄)?

ブ─(;゜;ж(;゜;ж;゜;)ж;゜;)─!!
いつもかめいちさんのセンスには脱帽ですわ!゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッ


脱力の要は『腹筋』ですか~。
オイラ仕事中デスクで脱力の練習してるんだけど(オイオイ…)
いざピアノ弾くとあまり効果感じてないんですよ。
それに遠くの鍵盤を弾く時に体重が身体を後ろの方へかけるクセがありまして…(汗)
これって全然腹筋使ってないからなんですよね。
で、力まかせに弾くので腕が筋肉痛w

デスクでの脱力体操で腹筋に意識入れてみますv-237(だから仕事は?v-12


プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。