やっつけ仕事か?

次のブルクは
8番「優美」

今日は3本目の記事です。
ちょっとおピアノじゃない記事が続いた罪悪感と

でもさらにおピアノじゃない記事書きたいからその前に、という義務感と

今練習中なのは実はもう14番なのにまだここ?と言う遅滞感と

一段落付いた今日、
ブログ書いてさえ居れば片付けは後回しいでいい
という期待感とで、こうして記事アップ~しております

ホントはみるちゃんの夏食料、モロヘイヤの植え込みもやりたいんだけど…
これもブログ書いてれば出来なくてもしょうがないか、という論点すり替えが……以下略。



と言う訳で、
8番「優美」。

これはイメージにはこまりません。
だって、「優美」でしょ?
私が素を出せばそれでいい。ってことですよね?(疑)


優美とはいえ、どうもこの曲のイメージ、深窓過ぎて椅子に座ったら着替えさえ自分でやらないような
黴生えそうなお嬢様ではないようです。

しっかり己の足で立ち、
自分の信念を持ち、
凛としてゆるぎく、
華美で尚かつ上品。

そんな感じがします。
ええ、、まさにワタシですね?


そんな訳で
自信を持って顔を上に上げて弾きます。

颯爽と歩き出しましょう。
颯爽と。しかも平均台の上を歩く様にまっすぐに。

グキっ  っっと、あぶね~~。
あう、言葉遣いが。
危なかったですわ♪

ううおっっと
ス、スカートの裾を踏んでしまいましたわ♪失敗失敗

ガツッ
い、いやですわ、なんでこんな所に石ころが……


バキッ!グキッッ!!

って~な!ヒール折れちゃったじゃん!!チッキショー




うん。
イメージがイマイチだったようです。
やっぱり優美と聞いて一番しっくり来るのは所詮ヒトではなく、自然の某かなんですね。

そう、例えば優美な……鳥?

優美な鳥と言えば?

ハクチ丹頂です!

渋いなあ。渋過ぎます。
でも、私のイメージではこの曲は「スラッとたてに長い」ので
白鳥だと横に長いじゃん?
しかもスラッとしてないし。
微妙に太短いですよね?気取ってますけど。

と言う訳でここは丹頂です。

この曲も「清い流れ」同様気に入ってるので
未だに毎日立ち戻って喜んで弾いています。

丹頂のイメージで凛とがんばりましょう~~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

けんば~んさん

おお~。
タイトルに気付いて下さってありがとうございます。
結構見て下さってる方が沢山いらっしゃって
うれしい限りです。

そうなんです。
最近なんだか練習時間激減してて。
存続の危機ではないのですが、優先順位が一位じゃないのでちょっとハッパかけないと(^^;)

かっぱさん

さけぇぇ~  ですか。
私の中の丹頂はやっぱJALかな。
あれ?JALは丹頂ですよね?トキじゃないですよね?

あとは「鶴の恩返し」(爆)
小学1年生の時、おたふく風邪にかかって、
すっごくヒマだった私は、なぜか「鶴の恩返し」の絵本を
見て、丹頂ばっかり書いてました。

絵はさっぱり描けなくて
自由帳に描くものが何も無かった私‥
それからは自由帳は唯一描ける「丹頂」で埋め尽くされると言う変な子供になりました(爆)


練習のときもドレス?
いえ、皆様がドレスと宣ってらっしゃるものはワタクシの普段着ですがナニカ?

足が見えてしまうようなスカートだなんてはしたない!!
ヒールはもちろん黒エナメルですわ♪
若い頃は赤エナメルでしたけど‥(大謎)

No title

丹頂鶴!優美ですよ~~。

ところで、タイトルが
おピアノやるよっ・・・からおピアノやれよっ!
に変わってますね!
すごい!おもしろいマイナーチェンジです!(^o^)丿

No title

丹頂とくると
どーしても
灘の白鶴をイメージしてしまいます

さけぇぇ~

かめちゃん、練習の時も
裾の長いスカートはいて
胸のあいたドレスに
ハイヒールなんっすか!

やっぱ練習の時から
本番さながらのスタイルなんですね

中々、練習と言えども厳しいんですねー

むぉぉぉぉ

いろいろ、理由をつけたくなる気持ち判りましたぁぁ

夏は、練習の為とはいえ
ドレス着る・・・・これ考えただけでフェードアウトしたくなりますw

ガンバって(っとちっちゃな声で囁きエール)

プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ