ポッタリアンの努め

ごぞんじですか?
ハリーポッターが10年の歳月を経てこの度完結致しました。
原作ではなく、映画の方です。
原作はもう2年前?3年前?くらいに完結してます。

全7作。
単行本でいくと、全部合わせて約37センチくらいの本の厚みがあります。
厚み37センチの本。すごいですよ~~。
1冊にまとまってなくてホントよかった(大謎)


ポッタリアンとしては、もちろん本も読破(もちろん和訳です)
映画も全て映画館にて。
最終回は望んではいませんでしたが流行の3Dで。


まだみてない方の為に詳しい感想は控えますが、
物凄く単純にまとめてみました。

ネタバレはしてないと思いますが、念のため、楽しみに取ってある方は
こっから先はお気をつけ下さい。








まず、 本編以外で感動した事。

全7巻、毎年1巻ずつ発行されてたんです。
基本子供向けのファンタジーとして。
でも子供にとっての7年は大きいです。
幼稚園だった子は小学校を卒業してしまいます。
中学校に入ったばかりなら大学生になってしまいます。

翻訳者はその子供達の成長をちゃんと考慮してたのでしょうか。
どんどん漢字が増えて行きました。言い回しが、格言が、どんどん難しくなって行きました。
使われる日本語が読者と供に成長して行く。
これは凄いです。
翻訳という仕事って奥が深いなあ。
ただ、英語と日本語が出来るだけではないんだ、と改めて思いました。





さて、本編の感想です。



ハリーポッターは最初からずっとダンブルドア先生を信じていました。
そして、結局最後までやっとやっとの思いで信じきりました。

途中、突き放されたと感じたり、裏切られたと感じたりして、絶望します。
ついでに完全無欠だと信じていたのに過ちだらけだった先生の過去を知ってしまいます。
どうしてもっと分かる様に説明してくれないんだと逆切れもしました。
自分は利用されてただけなんだ、と恨みもします。



でも最後にちゃんと解るんです。
先生のその態度の意味。
なぜ簡単に言葉で説明してくれなかったのかが。

今自分が置かれてる状況に憤りを感じつつ、
先生の説明不足に憤慨しつつ、
そんな気持ちを抱いて進んで行く事は大変だった事でしょう。
何度ヤメたいと思った事か。


わかるなあ。その気持ち。
でもヤメなかったんだよね。
だから答えが見つかった。

そう、ヤメてたら答えは見つからなかった。



やめたら答えは見つからないんですよね。
ここ大事♪


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

tukushiさん

ほほ、さすがtukushiさん、この記事のカテがなぜ「おピアノ」か解ってらっしゃいますねえ~~(^m^)

チビちゃんのラストの説明聞きたい~~~!!!(爆)
いつものあの宿題のノリだといいなあ。
私は自分も読んでるのでそれを踏まえて是非聞いてみたい!!

友人は映画だけしか見てない(カノジョも原書1冊目で挫折)
のですが、まるっきり解らなかったそうで…

映画の方を作り始めた当初は原作もまだまだ途中だったし、観客に印象づけしておかなきゃいけない布石がどこかが明確でなかったからしょうがない事なのでしょう。

翻訳は…
私は英語も解らないし、その国(今回はイギリス)の思想も知らないのでこの翻訳がどうか…は知る由もないのですが、

オトナになってからシャーロックホームズの豪華版(もち和訳)を揃えました。これは今までの翻訳の集大成を目指したもので注釈だけで本の厚みの半分取ってるような原作のイメージ追求にとことんこだわった物なのですが…、

それはクライマックスもドラマ性もへったくれもない淡々たるものでした。結局娯楽的読み物がほとんどなかった時代にブレイクした推理小説のハシリみたいなものだったからなんでしょう。
子供の頃に読んだ子供向けのは凄くハラハラワクワクしたものですが‥本来はそういう物じゃなかったんですね~。
ホームズも子供向けのは朗らかで快活な魅力的な人物でしたが、大人向けでは人を見下した性根の悪いジャンキーだったし(爆)

No title

そうそう、止めないことが重要です!!

ハリポタ、私は原書で1巻だけ読んだんですけど、小説のほうはそれっきりです(苦笑)
翻訳本って好きじゃないんですよね~~。
直訳系は読みにくいし、かといってあまり意訳傾向が強いのも・・・。
だから、洋物はよほど気に入ったもので辞書なしで読めるものでないと読みません(爆)

翻訳って難しいですよね。
言葉が違うってことは文化が違うってことで、前提となる思想も違うから、全く同じ意味に変換できる言葉ってないんですから。
私の友人にドイツ語の翻訳をやっている人がいるんですけど、宗教思想が根底にあるお話は特に難しいといっておりました。

ハリポタはチビがビデオや映画を見るのでそれを一緒に見ていたので内容は何となく覚えています。
ラストはチビが小説を読んで説明してくれたんですけど、さっぱりわからず・・・。
そのうちDVDが出たら観ようかなぁ。
やっぱ、最後は知りたいしなぁ~~。
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ