春だあ~~♪

まだまだ寒いですが、
気分はもう春です♪

とりあえず残業おわったし~
今月はいよいよ園芸開始だし~~♪

残業無いとはいえ、今週もなにかと出かける場所があって
おピアノの時間はやはりあまり取れてませんが、
まあ、楽しい用事な訳だし
ここはあまりイライラせずに余裕持って楽しむ事にしましょ。



そんな中、今日のおピアノ。
早速試してみました。

こないだセンセイのブログから仕入れてきた
己の癖と向き合う方法の一つ。

はい。手始めに椅子の高さを変えてみました。
まずは例のトムなんとか椅子の一番上。

いつもよりそこそこ高い位置です。


椅子の位置が高いとなんだかちょっと弾きやすいなあ。

ていうか、苦手だった鍵盤の上に重心を載せる、ていうのが
いつもより分かりやすいです。
体位的に当たり前ですが、自然に腕の重さは指先に…。

そして…
最近なんとなく自覚が芽生えてきてはいましたが、
よりいっそう

弾く時肩に力が入ってる
実感がありました。

椅子が高いせいで、肩に力が入って持ち上がってると
微妙に鍵盤から離れちゃうので弾き辛いのです。

だからスグに気がついておろします。
今までも気付く度に肩の力を出来るだけ抜く様にはしてましたが
でもその行動も
考えて故意にやるとやっぱりどこか不自然……。

それが少し自然に出来ました。
………様な気がします(爆)



本当はスグに椅子の高さを今度は下げて~って思ってたのですが、
この肩を自然にする感覚をもう少し固めたいので
しばらく高い位置で練習してみようかな。(#^ー^#)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

soramameさん

ご心配ありがとうございます。
こちらは大丈夫です。
ここの震度は5弱だったのですが、見渡す限り街もまったく
変わりありません。

そちらも津波が来てるようです。
どうかお気をつけてくださいね。

tukushiさん

からだが覚えてる、ていうのは凄い事ですよね。
そういうのはやはり子供の頃から、半分無自覚でやってた
っていうのが一番強いですよね。

私は…せっかく子供の頃からやっていたのに…
なんだかとても悔しいです~~~

でも私は絵を描く事も、100%理論で固めてやってきたので(センスは無いので)おピアノも理論ででも出来る筈!

センスで出来るヒトには追いつけないかもしれませんが
それでもまだまだ先は長いですから♪
これからも分析イッパイよろしくおねがいしますね♪

bamamanさん

そろそろ椅子を低くしてみようと思います。
とはいえ、おピアノ椅子の一番低い位置だとそれ程低い
って感じではないでしょうから、
それをちょっとやってみて、次は…
ちゃぶ台に座ってみようかしら(爆)

bamamanさん

踊る……
バレリーナのようですね。ステージの上で体重が無いかの様に舞う。
余談ですが、日本人は欧米人とカラダの作りの問題から
どうしてもドスンバタンと体重を感じる音が出てしまうらしいです。
たしかに、外人さんバレリーナはほとんど着地音がしないです。


tukushiさんの分析はスゴイですよね。
ピアノについて、科学的論文ができあがりますね(尊)

No title

かめいちさん。。

地震大丈夫でしたかv-12

ケガとか、してませんように(>_<)

No title

簡単にやっているように見える人たちは、その時点では簡単にやってるんですよ。
でも、そうなるまでにたくさん地味な練習を気が変になるほど積んでいるんです。
弾く事が物凄く好きな場合は、その自覚がないかもしれませんが、やってることは半端ないです・・・。
弾いている最中にああしてこうしてと考える必要がないぐらい、頭にも身体にも染み付いている。

要するに技術と言うのは頭と身体の記憶の再生ですからね、無からは生まれません。

bama様。
魔女、違~~~~う!!!! (-"-怒)
何故できないか?
それは私が一番知りたい(爆)
まあね、記憶に繋がる伝達経路がことごとく切断されているんですよ・・。
でも、そのうち、また繋がるはずですよ。
たぶん、きっと、いつかは?(笑)

椅子は低いと面白い

鍵盤と目線が同じ高さだと実に指の動きが新鮮に
目には行って来やす。
いつもと違った位置で たまに見るとええっすよぉ♪

僕調子良い時…

鍵盤の上で手が踊ってやすねん。
割れる氷の上で 飛び回ってやす。
肘から肩から 踊ってやす。

体の踊りで
指が踊ってやす。

ま、しかし魔女だけあって ツクシはんの
分析つうかご指摘は 凄いっすねぇ。
でぇ、弾けないかなんか…何故???
うん、辛いやろなぁ…

tukushiさん

ふ~~む。なるほど~
と言いたい所ですが、半分も理解出来てないような‥v-12
眠たいせいだという事にしておきましょう(爆)
明日元気な時間にもいちどじっくり‥。(^^)

みんなそんな大変な事をあの高速演奏の中でいちいちやってるんですね~。
あっさり弾いてる様に見えるんですけどね~。


よく楽器売り場とかで試弾してる人とか、
立ったままでそこそこ弾いてる人とか居るじゃないですか。
あれって体制的にも凄いなあと思いますよね。

No title

グールドは・・・。
繊細なコントロールを優先させてるのであって、椅子が高くても弾けないって事はないと思いますよ?
そもそも男性は女性より力もあるし筋肉があって体が重いので椅子は低めの方が有利でしょうね。
演奏スタイルにもよりますが・・。

手首の位置が上がるとね、腕や上半身の重さが乗りやすいでしょ?
つまりその重さ自体をコントロールしながら個々の動きもコントロールしなくちゃいけないことになるんです。
なので、手首とか指先の動きだけに気を取られている状態ではコントロール不可なんですよ。
どうしても全身でバランスを取りながら弾かなくちゃならなくなりますからね。
何でもそうですが、小さなものを動かすより大きなものを動かす方が繊細な動きを作るのは難しくなるんですよ。
試しに、肘を支点にしたときと手首を支点にした時と同じ指の動きで弾いてみてください。
全く同じ事をするなら、手首を支点にしている方が動きやすいはずです。
鉛筆でもそうだと思いますが・・。

と言うわけで、支点が指から遠い状態でその重みのかけ具合や手や腕の動きをコントロールできるってことは、かなりの上級者ということになります。

”底まで弾かない”については・・。
底にあたる瞬間に離すのが出来て、弾いている音が聴けていれば実は底まで弾かないのも出来るんですけどね(苦笑)
つまり”底まで行かないで離す”のではなくて、音がなった瞬間を認識して脱力するんですよ。

で、余韻はその後のことです。
脱力するときの速度でハンマーの戻り方が違うので、離すタイミングで音の消えるまでの長さを調整できるんですよ。
長い音のときにブチって切れるよりホワ~ンって音が残って次に繋がる方が綺麗でしょ?
これはグランドでハンマーを見ながらやると判りやすいと思います。
アフタータッチがアップライトより深いので・・。
てか、アップでは見ながらやるのが無理。
耳だけがたよりですから難しい・・(爆)

いえ、グランドでも難しいんですけど(大爆)

tukuhsiさん

え?椅子が高いと上級者なんですか?v-12
まちゃか!だってホラ、グールド……(≧m≦)

私の場合は、大きな音出す為のナントカ…ていうより
そもそも肩から腕から伝わってきた力が鍵盤の手前で
落っこちちゃってるらしいんです。
弾く動作をする時に手首のバウンドでそこで下に落ちる…?
というか…

これが不思議なことに、鉛筆持つとちゃんと鉛筆の先に力が
集まってくるし、抜く事も自在なんですが、なぜか
おピアノだと指先に集まってこないんです。

でも椅子が高いと、又は立って弾くと
手首の位置も上がっちゃう分重力で考えずとも指先に
来るじゃないですか。
その感覚をちょっと固めたいんですよね。

多分一つの事に固執しないでスグに椅子を下げて
違う実験をした方がいいのでしょうから
しばらく高くしとく、といっても1週間くらいにしとこうかと
思ってるんですが…。

私はまだ脱力すると指関節も全部抜けちゃって
只のグラグラになるんです。

立ったまま膝が抜ける感じでしょうか(爆)

あ、余談ですが、私膝が少しですが逆方向に曲がるんです。
だから立ってるときはちゃんと気合い入れてないと
膝が向こうっかわへ行っちゃいます(大爆)
まあ、指もそんな感じですけど。
全体的に関節がぐらぐらかも。

立ったまま足の指で鼻触れますしv-16



椅子が高いと余韻の無い音になっちゃうんですか?
離鍵コントロールとの関係・・

こないだbamamanさんとこで
底まで弾かない、の、実は一瞬底に当たるけどすぐ離れてる、ののお話しされてましたよね。
もしやそれつながり??

う~~む。明日はその辺気をつけてチェックしてみます~。

No title

随分高いんですね、椅子。
やっぱ、かめちゃん、上級者なんじゃ・・・・?

私はう~~~~んと低いです。
きっと初級なだけじゃなくて座高も高いのね・・・クスン。・゚・(ノД`)・゚・

椅子が高いとさぁ、手首の位置が上がっちゃって打鍵もなんですけど、離鍵のコントロールが全然きかなくなっちゃうんですよね~(困)
音量は出せるけど余韻のない音になっちゃうのでぇ・・。
いえ、もともとあまり余韻がないんですけど、更に・・・(爆)
脱力はあんまり困ってないので、椅子はずっと低いまま弾くかも・・・。
音量はぁ????
この際、犠牲に?(苦笑)
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ