仮面の見分け方

仕事上での先輩や上司のアドバイス、
学校や習い事での先生のアドバイス、

人生でいろんなところで有り難いアドバイスを頂きながら
私たちは成長して行く訳ですが…


そんなアドバイスの中で矛盾や食い違いを
感じた事はありますか?

私はあります。そこそこあります。
アドバイスしてくれる人が3人いれば
3人が違う事言うのはもちろん、
同じ人からこないだと違う事言われる事もしばしば。

そんなとき、
私は常に「こないだと言ってる事違うじゃん」と
反発してきました。
相手を見限りもしました。

これが私の性格です。
実に、受け身。そのくせ攻撃性十分(爆)


でも、その事に気付いていて、直せない事も
分かってる私は、己の克服方法も知っています。

それがズバリ、「尊敬出来る人を探す」です。

ちなみに
「尊敬出来る人」は「矛盾した事を言わない」という
理屈ではありません。
「尊敬出来る人」が言った事は「全く疑わない」という
という法則です。




おピアノのレッスンに行くと、実はたまにそう言う事態に
陥ります。
前回の注意事項とまったく真逆に聞こえたり、ポイントが
違っていたり…。さすがに矛盾してる事はありませんが。

でも、私のセンセイが
その場だけの適当な事を言う筈は断じてありません。
だから多分、

●前回の注意事項はクリアされてて次の問題点に進んだ、とか、

●今回は前回の問題点よりもコッチの方が深刻だ、とか

●一つの問題点ばかりに偏るより万遍なく気を配った方がいい、とか

なんだろうな、と自分納得してるので、特に
その事についてセンセイに問うてみたりはしてませんでした。


でも、昨日のレッスンで……
ちょっと言ってしまいました。

「え?ここはこうするんじゃなかったんですか?」と。

別に疑った訳じゃないのですが、何となく今回は
その問題点を直すのに、今までみたいに漠然と
思い出した時に注意する、のではなく
しっかり意識してその事に集中して取り組んでみたので
ちょっと慌てたのです。


はい、懺悔すると意識的に癖を直そうと努力したのは
初めてかも知れません
う~~ん、そんなに今まで不真面目に取り組んでたつもりは
ないのですが、
「癖」と言うものは直さなくちゃと思う反面、
心のどこかで「そうそう直らない」と
決めてかかってる部分はあったので、そこが
態度に色濃く反映されていたんだと思います。

でも、カラダとは正直で、「ダメだろうけど、まあ、」
なんて気分ではまず反応してくれません。
「よしやろう!」って思ったからと言ってそうそう都合良く
出来るもんじゃないだろう、なんて
思っててもダメです。
ホント、自分は騙せないし、誤摩化せないんですね。

今回は
「やっぱ直らないじゃん、と結論づけるのは
やってみてからでも遅くはない」と思い、
なんか努力してみたんです。


だから余計に、昨日のレッスンでアドバイスが
違って聞こえた事に焦ったんでしょう。
なんで焦る必要があるのかも疑問ですが、まあそこは
置いといて(爆)


結果、センセイは勿体なくも、懇切丁寧に解説して下さいました。
前回のアドバイスは、
なかなか悪い癖が直らないから、多少大袈裟気味な
練習の仕方をレクチャーして下さってて、そして
今回、その悪い癖の方は大分改善されてたとの事、
そして、
それが直ってきたのなら、次に気を付けるべき部分は…
との流れだったそうです。


やはり、聴かずとも慌てずとも、ちゃんとそういう
メニューになってたんです。

でも、思わず聞いちゃったお陰で
今回、ちょっと苦労して練習した事にちゃんと成果が
出てた、というご褒美に気付く事が出来ました。

たまには自己納得してないで聞いちゃうのもいいかも♪
センセイにはメンドクサイ限りでしょうけど…。
あはははははは(^▽^;)

センセイスミマセン



でもまあ、この悪癖については、まだ根性で
集中しないとすぐ戻ってしまう程不安定なので、
センセイのメニューは次に進んだけど、
そのメニューはそこばかり気にしてるとスグにあの悪癖に
舞い戻る要素を十分に含んでる内容なので
引き続き意識したいと思います。

ちなみにその悪癖、おさめるのは最初物凄く
違和感で全く弾けませんでしたが、
慣れてみると今までより数段弾きやすくなるような
実感があります。


やればありますね。必ずご褒美が♪

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

tukushiさん

孔子だか孟子だか‥‥

ううむ……そこまでエラい人にならないと悟れそうに
ないですね(爆)
出来てる人が少ないレベル…。
オトナってどういう意味なんだろう…
どこに居るんだろう…(爆)

少なくとも自分この歳になってもまださっぱり子供のままで、子供の頃に想像してたのと随分違うなあと思います。
あの頃の…親のこと、あまり大人じゃないなあと感じた事もありましたが、当たり前だったんですね~。(爆)

あれ?話分かんなくなってきた。
いや、今回は最初からわかんなかった(大爆)

No title

自分の言ったことやしたことの責任を取れない人、自分の勘違いや失敗に気づいてもそれを人のせいにして怒ったりする人や、他人の業績をさも自分の業績のようにすり替えて評価されたい人って、何処にでもいますけど、それってただの子供ですよね・・・(苦笑)

ごまかしてみたって自分自身は騙せないのだから、結局ずっと負い目を背負うんですよ。
自分の現状をありのまま受け入れられなければ成長することは出来ないのねぇ?
いや、きっと成長する気はないんですね(爆)

そもそも、そう言う子供じみた真似をしていることに気づかない人も多いですよね。
自分の間違いを認めて謝ったり修正したりすることってそんなに難しいことなんだろうか????

かく言う私もまだまだつまらないことに一喜一憂する子供ですけど。
全く、いつになったら大人になれるんですかね?
えっと、”好き勝手をしてもちゃんと世の中の理をはずさない”って状態?
確か孔子だか孟子だかが言っていたような・・・。

tukushiさん

>昨日と今日は気分が違ったんだと思うので

私も基本はそう思ってるんですが、ていうか自分もそうですし。
でも、誰か相手に向かって意見(もとい、指示)を投げかけた場合は
気分で片づけるにはちょっと身勝手かと。

もちろん教える側も日々成長して行ったり試行錯誤してたり
する筈なので、どちらかと言うと意見がどんどん
変わって行く人の方が前向きかとは思うのですが、

さも始めから今の考え方だったかの様に振る舞われたり
(居るんですよ。私の周りには)
最悪なのは、前回のその人の指示に従って作業してたのに、間違いだと完全否定され怒られたり(居るんですよ。私の住んでる世界には)。

私の言う、矛盾してる人や見限る人というのは、
ナント、こういうレベルの人の事なんです。

居るんですよ。居る所には沢山。
それが私の日常で、今まで住んできた世界で、現在進行形で、

それがおピアノ始めて、ブログ始めて、
皆さんに親しくさせて頂いてびっくりしてるんです。
世の中こんなにレベルが高かったのかって。

昨日と言ってる事が違うという事が、どれほど
ハイレベルな事か!
物凄い早さで今なお成長し続けてるんだなって!!



>嫌いな人に言われても、一応は熟考に値するかどうか考えてみますかね。

オトナですね~。さすがtukushiさん。
私もそうなりたいんですよ。
でも~。どうしても~~~。
まあ、嫌いなだけの人の意見なら一応耳は開けておきますが、信用してない人のは、まったくダメです。
ええ、相手のせいにして済む年齢では既にないのですが…。そんな事しても損するのは自分なんですが…orz

e-t-pfさん

いえ、センセイ、こちらこそ不甲斐ない弟子でスミマセン(汗)

また月一っていうのも少な過ぎますよね~
もう前回どうだったのやら、実は私もあやふや…
しかも最近ICレコーダー忘れ続け……

こういう時にレコーダーでちゃんと復習していれば、
自分の演奏がどうなってるかを客観的に知り、そして
それに対するアドバイスが……てちゃんと合致して
理解出来ると思うんですが…。なかなか(^^;)
スミマセン。

こないだの発表会終わって2ヶ月以上ずらかった後の
レッスンでの注意事項が…
あの時は真面目に
「ああ、もどっちゃった」と自覚しました(爆)
はい、何度か注意してもらって、その後しばらく無かった
注意点が見事に再発、しかもそれこそレコーダーのごとく
元通りでしたから(爆)
いや、笑ってる場合では…orz


ええ~~。あれでもいちおーがんばって…(当社比)
はい、もっとがんばります。絶対的に練習不足ですね。

ツはマル頂けましたが、とりあえず毎日一回は
浮いてこない様におさらいします。
今日も……これからです(爆)

bamamanさん

ていうか、自分で書いといてなんですが、このタイトル意味不明です。内容と違うじゃん。(爆)
仮面を見分ける、とか書くとまるでどれが偽物かを見極めるっぽく取れちゃいますよねえ。ってそう取っちゃいましたね。

本物か偽物かを見分けたい訳でなく(はい、確かに意味の無い事です)論点というか、方向がちゃんと見えていれば、表現がどう変わろうとどう違おうと迷わないのになあ。という気持ちです。

今の所は、はい、表現が日夜変わっても「信頼」の気持ち一つにすがって何とか理解しようとがんばってる感じですが、本当はそんな不安定な状態じゃなく
「見えていたい」というのがあります。
まあ見えていれば出来てるだろ、というのはあるかもしれませんが…。

って訳分かんなくなってきちゃった。



ひとつだけ言える事は、どうもココへ来て下さって、さらにコメントくださってる方々は、普段の私の生活拠点と比べて、とてもレベルの高い方ばかりです。だから私の言ってる事はとてもしょうもない悩みっぽく
なっちゃうのですが…

ええと~~、
私の住んでる末端の世界では、実に、実に!!
しょうもない事が多くあります。それに混じって日々過ごしてるとね~、しょうもない悩みも出てくるんですよ(爆)で、その姿が日常なんですよね~(謎)
むろん私を含めてですけどね(^^;)
でも私はアヒルなのに白鳥の群ればかりを見つめているんですね。かわいそうに(爆)

No title

私は他人の矛盾はあまり気にならないです。
矛盾を抱えずに生きている人はいないと思うから・・・。
昨日と今日と言っている事が違っても全然気にしません。
きっと、昨日と今日は気分が違ったんだと思うので・・・。
どちらもその人にとっては真実なんですよ。

同じことについてアドバイスの方向が違うのも気になりませんねぇ。
1つの結果にたどり着くための道は一つではないし、結果に対する考え方も人それぞれ違うので・・。
bamamanさんの言っていることに近いかもしれませんね。
同じ物を見て、昨日と今日の見え方が違うかも知れないけれど真実は一つしかない。
昨日の見え方と今日の見え方とどう違うのかを論じてみることにはそもそも意味がない。
そんなことをしても真実には近づけませんからね。

重要なのはそのもろもろの中から自分にとって有用な情報を抜き出す己の感性。
それを磨くことこそが重要だと。

でも自分と絡んで矛盾が問題を起こすと困るような案件は努めて文書に残します。
仕事関係はどれもこれもそうですね。
1にも2にも証拠(笑)

おピアノに関してはかめちゃんと同じスタンスかな?
先生はその時々に問題を解決するための最善のアドバイスをくれると思っています。
だから、前回と言い方が違っても今までの自分のやり方と違っても先生のアドバイス通りにやってみることにしています。

あ~、でも、助言については嫌いな人に言われても、一応は熟考に値するかどうか考えてみますかね。
重要なことを取り逃がすと嫌なので(爆)

たてほこ、いやほこたて

ちょっと考えてみましたが…
私はその時の演奏に対して、アドバイスなり指示を出すようです。
(ひとごと?)
で、かめちゃんの演奏は、前回とは、はっきり変わってきているのです
(つまり、いい演奏方法になってきたということですよ)
前回どんな問題点があって、それにたいして何を言ったか、
ということは・・・

すみません、消えてます。
思い出す時は・・・「変わってない」ときです。
今回は、きれいに消えていたので、次の段階に
あっさり進んでしまった、ということだと思います。

混乱させてすみませんでした。

そんなに、がんばって弾いてた感じもしなかったけどなあ。
右は若干、浮きたがる要素が残っているかも。

仮面…英語ではcome inと言いますねん(笑)

仮面など見分ける必要があるなのだろうか、否無い。

ううむ、反語的文節を産まれて初めて使ってみやした。
今日と昨日では 言い方は全然違うねんな。
禅問答やねん。
紙には 必ず表裏が有る。
どちらが 真実か?

あははでやすねん。
紙は実体があり、見る側により 表裏は一変するのと同じですやろなぁ?

パチンッ…どっちの手が鳴った。


この世の中は 全てそうだすなぁ。
わいの中では【手を打っただけ!】結果として手が鳴った。
いつも手に絡む言葉が多い。
つまり、手は手練手管やねん。
手を動かす意志というのが、全てやねん。

という訳の判らないコメで終了…
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ