レッスン スリー

まだレッスンの続きかいな。
えろ~長おまんなあ。一体どれほどレッスン受けてきたかやて?
実は2時間やねん。
月一回しか行かれへんよっていっぺんに見てもらお~ちゅうこっちゃ。
欲張りやさかいな。

しかも先生が30分も延長してくれはったから全部で2時間半や。
めっちゃ充実しとってん。
2時間半もあったら、ゆっくり雑談も出来るし、座り方のレクチャーも
じっくりでける。
めっちゃエエで。
それでも時間足らんで、半分で終わってもうてんけど。

まあ、そやかて、最初から順番通りにダラダラ記事書いとっても
読むのもメンドくさいし、目から鱗順にしよかな~思て。

結局ただの逆順になってもうたけど。

んな訳で今回はハノン。最終回や。
ほなら、はじめよか。
(ちゃんと、関西弁で読んでや、頼むで)



自分の手は小っさいねん。実際使える範囲はオクターブまでや。
しかも小指がめっちゃ弱い。
先生とこのメチャ重鍵盤が相手やったらそらもうボキボキ折れる。
グラグラや。

まずは小指の根性を叩き直さなあかん。甘ったれはゴメンやし。
んな訳で、ハノン弾く時、各小節の最初の音を保守するやり方をプラスしてもうた。
そうする事で上りは左の小指、下りは右の小指の特訓になるみたいやねん。

ところがや。やってみると、小指がうんぬんの問題だけやあれへん。
親指はまだしも、小指を保守する事によって、他の指が動かん。
力も入ってまう。誰の指やねん。


ええかげん言う事聞けや、自分の指!!




まあ、焦ってもしゃあないか。
自分やし、こんなもんやろ。ぼちぼち行くわ。

あと、直さなアカンとこゆうたら、やっぱり音楽性やなあ。
なんか根がマジメなもんやから、すぐ、根性入れてやってまうねん。
もうちょっと、気楽に、楽しく弾かなあかんて。

じゃ、まあ、ノリノリで弾かしてもらいまひょか、と気分を改める訳やねんけど、
なんや、手首をあまり上下に揺らすんやないねんて。
そら~、つらいなあ。
もちろん、手首は柔らかくな訳やけど、バウンドするんは良うない。
バウンド止めると堅物弾きになってまう。
そのエエかんじのところがつかめへん。
先生にもいっかいお手本見してもらえばよかったやんなあ。

先生が、堅物弾きとルンタ弾き(ニュアンスでイメージしてや)を交互にやって
見してくれはったんやけど、見事に音がちゃうねん。
あの音聞いたら
そら~、堅物弾き好んでやりたいヒトなんかいてへんで。

確かにそない思てんけど、やっぱり自分でやってみるとよう分からんねんなあ。
むずかしいなあ。

ハノンとはいえ、どんなキャラクターにするかを決めてから弾くんやて。
これ、ウチの先生よくゆうてはるねん。
「この一塊のフレーズをどういうキャラクターにするかを決めて弾く。
もしまだ試行錯誤中だったら『決まってません』と決めて弾く」と。

このヘンな言葉、実は自分ようわかるねん。
普段の生活や、仕事や、得意分野で、自分もようつこてんねん。この言葉。
だから意味はわかる。ニュアンスもわかる。

せやのに出けへん

まあ、理解できとーのと出けるってのは別もんやね。
分かっとうだけマシやと思とくわ。


あと、大事やった事は、姿勢や。
自分ちょっと椅子の高さが低かったみたいや。
でも身長ちっこいから、椅子たこしたら床が遠なって足疲れんねんけど
しゃあないなあ。
子供用の台置いてもらう訳にいけへんし。部屋ん中でもヒール履いてまおかいな。

んで、思てたより鍵盤に近づくみたいや。
その方が指が安定し易いねんて。(多分そやったと思う‥‥)
そして、腕の力やのうて、腹から指に力を乗せる感じで弾くねんて。
ああ、なんかりっぱな音が出そうな雰囲気やんなあ。
ただ、腹から乗せる言うたかて、イマイチ感じつかめへんねんけど。
分かるまで時間かかりそうやね。当たり前やけど。

その他もちょこちょこ意識改革的内容があってんけど秘密や。堪忍したってや。
(うそ。まとめられんかっただけ)


こんなもんでおしまいや。おつかれさん。
そうそう、関西弁つこてて客観的にわかりづら~思てる事。
関西人、二人称が「自分」やねん。
相手に「自分何食べたい?」とか聞くねん。
相手が関西人でなかったらまず答え帰ってけえへん。
だって、ヒトによっては一人称も「自分」やったりするもんやから。

誰の事しゃべっとーねん。今ゆうた「自分」って誰の事?
自分の事?それとも自分?
もおエエわ。さっぱわからん。

(注:関西を離れてまあまあ年月が経っていますので、多少大阪弁と神戸弁が
   混じってるところあり。ご了承ください。お疲れさまでした)


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

bamamanさん

ちょっと文字書くのに似てますね。
最初に部首書いて、ウツクシク書ければあと、つくりの方もがんばるだけですが、
あ!ちっちゃくなっちった、とか、ゆがんじゃった!って言うとき、
つくりの書き方を調節して、まともな文字に戻る様に調節しますよね。
んで、時には、部首が変な形になっちゃったのをいい事に、つくりの方も
ノリで書いちゃって、正当派な文字にはほど遠いけど、これはこれで
個性的でカッコイイかも?!とか、味があって捨てがたい文字かも?!、とかを
狙っちゃう..みたいな。

まあ、でも、正当派にするか、個性的にするか、味にするか、ヘタウマにするかを、成り行きでなく、自分でコントロールできるに
越した事無い。だからエクササイズが必要な訳で、

>練習するのは【キャラ!】とのつきあい方を溜め込んだり、(付き合いの経験が長いと かゆいとこに手が届いたり、思わぬ暴走が出来ちゃったり(しかも改造エンジンつんでたり!アハハ…))つきあい方の返しのバリューを高めたり

この部分は、そんなような意味ですよね(・▽・)


確かにそう考えると、まあ、いつかコントロールできるようになるよう、練習はしてくとして、今現在、キタナイ音でちゃっても
それを楽しむ、っていうのもわかってくるよな気がしますv-254


出ちゃった音♪

傷と思う事もあるし、おお!ええ音やなぁチュウコともあるし…
でね、傷なら傷で 次の音をぶつける事で 傷じゃぁなくしちゃう。
良い音なら良い音で そっちの方にもっていっちゃう。

即興といえば即興…ま、音そのものとか音の並びをアレンジする訳やないから、即興と言えるかどうか?!

でぇ、傷を傷じゃぁなくしちゃうてぇのが 納めていくとか 修復していくとかの 良い子ちゃんバージョンじゃぁなくて もっと悪い子ちゃんで楽しんじゃう♪
それが 【キャラ!】という動機にしてしまう音の塊であり その音の塊【キャラ!】との正しい、楽しいつきあい方やぁないのやろかぁ?!

曲をCDの様に弾く事が 最初の憧れとしてやってくるんやねぇ?!
うん、それでも 充分なんやけどね、どん欲にもっと楽しみたいちゅうとぉそういうものがあるのかもしれへんし…これを意識してるかどうかでぇ 音楽が変わっちゃうし、音楽てぇ修行僧みたいなのも 好みの問題やから ええのやけど、実は もっと楽しめるのやないのかなぁ、とねおもう訳なんやねん!

そいでね、四六時中即興的音楽がやれる訳でなく、エクササイズは淡々としたもんやろと思うねん。
ただ、独りであれ、聴衆がいるのであれ、音楽空間をいよいよ創る時は、多分 【キャラ!】と楽しくつきあわなぁ あきまへんのやろねぇ?!
だからぁ、そういう真剣勝負やしぃ、その人の感性が如実に【キャラ!】とのつきあいに出てくるから 驚きもあり、感動もあるのやないやろかぁ。
そうなんや、練習するのは【キャラ!】とのつきあい方を溜め込んだり、(付き合いの経験が長いと かゆいとこに手が届いたり、思わぬ暴走が出来ちゃったり(しかも改造エンジンつんでたり!アハハ…))つきあい方の返しのバリューを高めたり、そないな必殺アイテムを一杯腰にぶら下げて ガンマンやる為なのやと 思いやすねん♪

おお。凄い内容になってきたがやぁ♪

よくね、”誰々の演奏はこうなんだよ。”とか”CDは こう弾いていた。”とかおっしゃる方がいらっしゃるのやけど 正確に聴くとそうじゃなくて おっしゃってるのは その人の脳で処理した印象に過ぎないのやねん。
それとさぁ、CDてのは やはり音楽じゃぁないので…
うん、これはぁ 発想が貧困やし、目指すものが低いと【キャラ!】には到達でけへんと 思うのやねんなぁ。

おいら、こういう面白い話に e-286怒る奴らの気が知れね!(大爆)

そらそやねぇ…♪

なんでもさぁ、最初のスケッチてさぁ 輪郭がボヤボヤ~とぼやけててさ、B3位の柔らかい鉛筆のデッサンで、その太い幅の妙に濃くなっているところの線を頼りに 次第に一本の線に していくわけやないですかぁ!

いきなり、この曲は…とかってぇ ないしぃ、音楽てさぁ 最初楽譜見ててもなんの事やらわかる訳もないしさぁ…

いろいろ知識とか、経験とか が…溜まって来てオーバーフローしていく…でね、それが やっと画布に最初に描いた木炭の線位の事やろと思いますよぉ。

かめさんとは こういう話がおもしろいでやすなぁ。
ああ、あの女王様も こういうおもろい話なんでやすよぉ♪

ま、それはそれで うん、ほんま 昼寝だけで 都合5回 3時間半もしちゃって、フット猫の声で目が覚めるんやけど、本握ってまた読み出すんやけど、文字と夢とが ごっちゃになっていくんでやすよ。

こういうのが 続いていくと 生きているとか生きていくとかの定義そのものが 変わっていくのでやすなぁ?!
おお、暗いイメージではないのでやすよ♪極めて 事実というかぁ、淡々とぉ…狸という字♪(爆)

え!全然問題ないでっす(・0・)

なるほど~~。
先生の言葉と、bamamanさんの言葉で、なんか輪郭がより
見えてくる気がします。
もちろん、私の解釈が合っている保証はどこにもないですが……

まだ……音楽の世界では、自分がどうしたいのか、よく
わかってないなあ。わたし。
どういう状態が分かってる状態なのかも‥。
こればっかりは、誰かに見せてもらえる訳じゃないですしねえ。
模索ですねv-16

おおちょいと、失礼やったかなぁ?!

ちゅうかぁ、わて 口悪いもんで…えろぉすんまへん!
【キャラ!】うん、おもろいでんなぁ♪
その瞬間の、音の表情とか、色彩とか…つうきどったものよりも 出ちまったものに お愛想いうて 形整える様な事なんざんしょうかねぇ?!

ゲホゲホなんちゅう咳き込んじまった様な偶発が 生ではいくらでも起こりうるんでやすよねぇ。
90%は大体固定していても 残りの10%が いつもある。起こりうる!

うん、アンサンブルは 他人同士だけど、自分の中での発見みたいなもんやろかねぇ?!

かめさんのお師匠がおっしゃっている意味は 小生には確定でけへんのやけどねぇ…そないなことなんかいなぁ…うん…

KYキャラ!(爆)

先生!いつも補足ありがとうございます~。
なんかえらく得してますね私・・。

キャラに関しては、イメージは分かってるつもりなんですよね~。
他の自分で出来てる分野で置き換えつつ、確かめたりしてるんですが。
わざわざ確かめてるあたりがもう構えちゃっててバツっていうのも
なんか分かる気がしますし‥‥

確かに「なにきんちょーしてんのさ」キャラになってるな~という
実感はありますv-12

難しさのイメージ的には「同音を歌う」事よりかはマシな気が……v-16

ニッカさん

ニッカさんなら多分カンペキに読んで下さると思ってましたよ~。
ちょっと大阪まじってますけど。
私もこんなコテコテではしゃべらないのでちょっと難しかったです。
でも文章にするのに中途じゃつまんないですからね。
「うちら」いいます!でも自分の事は「うち」っていわないんですが。
なんか「私ら」より、より結託感が強いですよね~。うちらの方が。

最近は完璧に標準語しゃべってます!
でもbamamanはんには関西人ってバレたんですよね~なんででしょうね。
まあbamamanはんは耳がいいですから。多分それででしょう。

会社でも関西人は私以外にいないのですが、いつもしゃべってる
関東人がたまに関西弁まじるんですよね。どこで覚えてくるんでしょうね。私は標準語ですし‥‥。世の中フシギナコトオオイアルヨ。

さくらん、って「桜ん」なんでしょうか、「錯乱」なんでしょうか。
アンナさんのやつですよね。面白かったですか?
見ようかどうしようか悩んでたんですよね~。

レッスンレポがんばりまっす。
解読よろしくお願いしまっす。

こっきーさん

あんた、は言いますなあ。でも「おたく」は言えへんよ。
それは、関西弁ちごて、ただのオバハンとちゃいます?

私は逆に東京に来たときに「なんでこんな寒いねん」って思てまいました。
ちょうどその年、雪が足首くらいまでつもって、なんや、
「東っつうより北やんけ」と思いました。
曇ってまうのは多分景気のせいやと思います。(謎)

>次のレッスンのときの記事はどんなタイトルになるのでしょうか。

やられた!!
めっちゃええツッコミ!。こっきーさんダイジョブ!
カンサイデモドクソタイセイバッチリアルヨ。
せやなあ。こまったなあ。
しゃあない、こないなったら2回目のレッスン記事はこのまま
「レッスン ホー」から始まるしかあれへんなあ。

それで意味通じへんかったらモグリや。

bamamanさん

あ!やっぱバレてるv-12
でも久しぶりに言われましたよ~~。不器用で運動神経なさそって。
あと、「家事なんにもやらなさそう」も追加しといて下さい。
どんな見てくれしてるんでしょうね。私(^^;)

でも自転車のケンケン乗りできるも~~んだv-8

まじめにやってもやらなくても、お天道様と米の飯‥‥
あと、明るい未来も付いてくるならば安心して道楽できるんですけどねえ(爆)

キャラっつっても

そんな人生のドラマつくっちゃうわけではないのさ。
電話がかかってきました、受話器とって「ハイ」って答えました、
そのとき既に、あなたはあるキャラになっている。

つまり、人間そんな「す」では生活してるはずないんすよ。
そんなもんでいんすよ。ピアノも。
キャラ作る、と考えるより、あとから、「今のはどんなキャラかな」って思い出してみると良いかも。
「なにきんちょーしてんのさ」ってキャラがほとんどだと思うよ。
そのうち、こなれてくるでせう。
ただ、何にも気にしないで弾いてると「KYキャラ」になっちまうから、
気をつけれ。

せやさかいに。

神戸弁はマカセテください(´・ω・`)

なんなら音読して音源UPしましょか(やめれ)

でも、かめいちさんの記事よのうなコテコテな言葉ではしゃべらないので、読んでて面白かったですw
他人に向かって「自分」って絶対使いますよね。
クセです。
「わたしたち」は「うちら」と言ってしまうし・・・田舎もんっぽいかな。
大阪弁より神戸弁のほうがキツいらしいです。
もっとキツいのが姫路かな(´・ω・`)

つい最近「さくらん」という映画をDVDで観て、ちょっと「おいらん言葉」にハマってます(笑)
「わっち」とか「ありんせん」「ありんす」とか。
舞妓さんになりたかったな~(´ー`*)←舞妓とおいらんは全然違うけど・・・

レッスン、すごく充実しててうらやましく思いました。
言葉では難しいけどすごく勉強になります(*´∇`*)
次のレッスンレポも詳しくよろしくです(`・ω・´)ノシ

Let's関西弁

関西って人のこと「おたく」とか「あんた」って言わへん?
あれあんまりいい気がせえへんねん。慣れやろか。

あとなんでこんなに雲が多いねん。午後になるといつも曇りよる。
洗濯物が乾かないねん。でもって寒いねん。寒すぎんねん。ねんねん。

ふぅ。。
ところで、この記事ですが今年1回目のレッスンについてですよね。
次のレッスンのときの記事はどんなタイトルになるのでしょうか。とふと考えてしまいました。

おお、おもしろい記事だねぇ!

こちとら江戸弁でいきやしょ!
さてさて、不器用で運動神経のないのは 想像がついていやすよ!
いやね、ぶきっちょはぶきっちょで 行きゃいいんでんやす!
無理に 器用なまね する事ねぇんでんしょ。

変に鍵盤弾こうだとか まじめに やっても やらなくても お天道様と米の飯は付いて回りやす。

鍵盤触るのは 道楽な気分でいきやす。
おかしな音を楽しむ位な ちょいの間のお遊びで 音出したら おかしかろ!

手首、手のひらは 取りあえず 飛び跳ねなさいやし♪
そう、無駄な動きは スピードが上がるに従ってできなるなりやすよ!
うん…♪
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ