へんなイメージ

曲想を練るのに情景とかいろいろ思い浮かべたり
ストーリー作ってみたりしますよね。

でも、なかなかそれがうまく行かない私に
センセイは
「そんな具体的じゃなくても色とかでもいいよ」と
教えてくれました。

確かに色にすると結構浮かび易いです。
ついでに温度とか光の強さとか、そういうのが
結構使い易いなあと。


でも今やってるヤツはどうも色さえ浮かびません。
ええ、またK545ですけどね。

全体的に全般に元気なビビットカラーで……
途中短調だけどでもそんなに陰らないなあ。
どうしよう、全部いっしょになっちゃう。


そんな時、なんだかピッタリのモノを思いつきました。

ズバリ

湿度です!!!(謎)


全体的にモーは軽快に湿度が低い感じなんだけど、
私的には結構刻々と変化してる様に思います。

ここは20%、お、ちょっと40%。
同じフレーズだけどこっちは70%、みたいに。
パーセンテージで。(爆)

ホラ,私ってハチュだから湿度に細かいのよ♪

いくらカラッと晴れた日でも
湿度20%がずっと続くと喉が痛くなってきます。
肌もヒビ入ってくるし、鼻も乾燥してヒューヒューしてきます。
だから、ちょっと60%になったりするとね。
20%の時も60%の時も快適♥

うん、これなかなか使えそうです。

K533なんかさらに分け分かんないけど、
でもこっちは最高でも40%だな~なんて…(^^;)


と言う訳でセンセイ、
次のれっしゅんの時は湿度バージョンで行きます!!(爆)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

bamamanさん

>モーの譜面を学問的に弾く事の音楽的空しさを言ってる

以前も書いた事あったかもしれませんが、
なぜ音楽だけは「人様の作品=曲」を使ってプロ活動を
行う事が出来るのか。
そもそもそこが私には解せない部分です。

ましてや、それに対して「自分」を盛り込む。
さらにそれを「作曲」と言う。

グールドの発言、半分は理解出来る気がするのですが
半分は不可解。
というか、「この世界」がそもそも理解出来てない私です。

音楽家なら自分で作曲して勝負するのでは?
音楽でもクラシック以外のジャンルはみな己の曲で
勝負してます。
なぜクラシックだけ人の曲?著作権切れてるから?

絵の世界だってプロはみな自分の絵で勝負してます。
「私はダビンチの絵を私なりに解釈して新たに描きます」なんて画家はいません。

>生きている事の感謝と謳歌を華々しく歌い上げるのやねん♪

何故それを人様の曲でやる???



なぜクラシックだけ他と違うのか。
勝手に弾けば
「時代を作曲家を背景を勉強してもっとどーのこーの」
かといって忠実に弾けば
「個性を出さねば演奏家にあらず」

私はプロじゃないから直接的被害は被ってませんが
意味不明な世界だと思ってます。

>モーの譜面を学問的に弾く事の音楽的空しさを言ってる

カッコイイ グールドのこの考え方
心から賛同し、共感し、感動したい。
それには私の頭ではもう少し咀嚼が必要です。(^^;)


ちなみにファジル・サイも言ってます。
ピアコンのカデンツァの部分は作曲者が演奏家に
与えてくれた場所なのに、そこで自分じゃない誰かの
作品を弾くなんて考えられない!と。

こっちはもうちょっと分かり易いです(爆)

グールドが言ってます。

現代の演奏家の不幸は作曲者でない事だ!と。
これは、作曲がやり尽くされて 何も無い、と言う意味ではなく、
モーならモーの譜面を学問的に弾く事の音楽的空しさを言ってるんやと思いますねん。
つまり、与えられた譜面はヒントで モチベを起こさせるかどうか…
そういう事なんやろと思いますねん。
そう、創造(クリエーション)は すべてから自由なんす。自由であるべきなんす。
でなければ オンリーワンは有り得んし、
物まねは 生命力をもちませぬ。
自分の生きている活力を最大限にぶつけるのが創造(クリエーション)だす。
恋も愛もいっしょだす。
自分の生きて行く、求めている何かを、
そこに到達する事の 大事さ。充実感…

おそらくは そないな事に収斂するんやろなぁ。


自分は 生きてる間は 
死以外に対しては
自由であり
誰も 何者も それを 妨げる事は出来ないんや。

つまり、生きている事の感謝と謳歌を
華々しく歌い上げるのやねん♪




ア~メン!

tukushiさん

>先に自分の中に曲のイメージができちゃうから(妄想で)

うん、私もそれでいいです。それがいいです。
とりあえず今は作曲者の意図は後回し。
まあ、何かのハズミで意図を
聴いちゃって、妙に今までになく納得しちゃった、みたいな
のになったら、それはそれで願ったりですが。

抽象的な彫刻とかもそうじゃないですか。
ただのガラクタだと思ってたのに、作者に意図を聴いたら
妙に納得して気に入っちゃう、みたいなの。

つじつま合わせにしゃかりきになる必要はないとは
思うんですが、
でも、ピタっと当てはまるイメージになったら
自然とつじつまがあうのかも…というのは
はぴょかいの曲の時に思いましたが、
そこまで持って行くのに慣れてないので、そうとう大変プラス時間かかります。
そもそも無理しないと情景が浮かんでこないオツムで
な~~ぜおピアノ弾きたいとか思ってるのか…。
全てはそこに。

でも、文章キライ、苦手、っていいながらブログだの
ツイッターだのミクシーだのを好き好んでやってる友人も
いるので、人間とはそう言うものなのかもしれません…(?)

交響曲一曲作るのに20年もかかる作曲家だって
いるわけですし。
私がその人本人なら絶対
「自分は作曲向いてないかもしれない」って
一ヶ月に一回は思うな。(爆)

e-t-pfさん

セ‥センセイ‥v-12

妖怪の世界ではどれくらい生きれば一人前に
なれるのでしょう。
ローマ法王になるには60歳代はまだまだ
青二才だそうですが…

妖怪は…ゼロいっこ増えそうですね…(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>いいなあ、
>勝手に発動…。
>私もそうなりたいです。妄想で良いから(爆)

そうかなぁ・・・・?
私は曲を弾く前にアナリーゼは必ずするんですけど、それって単純に曲を理解しようと言うより、作曲者の意図をひどく乖離したイメージで弾いちゃうかもしれないって不安もあるからなんですよね・・・。

イメージを具現化するということはどういうことか?
そっか、そうだよね・・・・。
難しいことだよね・・・。
自分が感じている感覚と人が感じている感覚は違うから、それを伝えることまで考えるととても難しいことですよね?

う~~~ん、ちゃんと考えたことなかったなぁ。
私は先に自分の中に曲のイメージができちゃうから(妄想で)、弾いていてそれと重なる瞬間がイメージの具現化なんですよ。
イメージ自体に物語や流れがあるのでそれに気持ちよく乗っかる感じ?
逆にかめちゃんみたいに部分的な感覚はないかもしれません。

イメージの創れない曲って言うのはないんですけど、表現できる気がしないものはあります・・・。
絵の具をひっくり返したみたいな、原色が重なってるみたいな曲は、その調和しない色の重なりをどう表現したらいいのか?????と。
ま、好きでもないからいいんですけど(爆)


発表会の曲、忘れないでくださいね?
絶対に聴きたい!!

ピアノ歴数百年

頭の上にのった妖怪の親分が
「まだまだぢゃのう」って言ってる・・・

e-t-pfさん

おお!
おピアノ歴数百年のセンセイでも湿度クローズアップは
初耳なんですね!
う~ん、やっぱ変か…。(爆)

色でも透明度やにじみ方とか、グラデーションとか
いろいろあるんですよね!
って、今これ書いてて気付きましたが…(遅!)
なにも言葉で簡単に言い表せる色ばかりじゃない…
先の気候といい…


う~~ん、どうも頭が固いです。
決める場所そこじゃないから!みたいな(^^;)

けんば~んさん

え?参考になりましたか?
それは光栄です。こんなヘンな記事…(^^;)

何気に湿度、反響がありました…(汗)

湿度と温度、とくれば、やはり気候ですよね。
日々の気候でも
風を一番に感じる日もあれば、湿度を話題にしたい時も
あるし、気温の時、日差しの強さの時、空の高さの時、
日によって目立つ場所が違ってかんじるんだから
多分曲想もどれかに決めなくていいんですよね。

どうも苦手分野になると、カチカチに決めなきゃいけない
気がして勝手に自分で窮屈になっちゃいます。
むずかしいです~~

tukushiさん

いいなあ、
勝手に発動…。
私もそうなりたいです。妄想で良いから(爆)

でも確かに浮かび易いのとさっぱりなのは
あるです。
または、弾いてる時間か…

はぴょかいの曲も結局半年もやって、イメージ固まってきたの最後の方でしたし。
もっと早くからイメージでてれば、
もう少し自分に浸透してたかもしれません。

が、今のモーはだめだ~~
部分的に青空~とかさわやかな風~~とか思うんですが…。
て、別にストーリーで一連になってなくてもいいんですよね?どうも一連になってないとイケナイ様な気がして…。

別におうちの間取り決めじゃないんだから、全てつじつま合わせなくても…
ですよねえ。たぶん‥。

ばっばさん

ぬかるみ……
う~~ん、なんと上手い表現でしょう!!
そうなんですよ~
私も左手が特に、ぬかるみに、底なし沼におちてる
みたいにヌラヌラと……

ああ、はやく地上に上がりたいです。
空に舞うのはその後でしょう…(爆)

でも、ドライヤーで乾かそう!ていうイメージもつの
なにげに良いかもしれません!

こんどやってみます!

bamamanさん

いろいろとイメージしてみたりするんですけどね、
一番の問題は、そのイメージが表現出来た気がしない、
というとこですよね。
まあ、そうそう簡単に「表現出来た♪」なんて事に
なる訳ない、もしそう思ったとしたらただの自己満足の
可能性大!だとは思いつつ…

でも、パソコンに不慣れな人が
このエラーは自分が悪いのかパソコンが不調なのか
判断つかないのに似てて、

表現出来るものなのか、表現出来た状態って
どういうものなのか、というところが分かんないです。

昔は、左手ばっかりウルサくなるのは
曲のせいだと思ってました。
右手は高音でしかも単音のメロディーライン、
左手は和音だったり、または音数が多かったりだと
「左の方が音量が大きく目立つのは仕方の無い事だ」と。

でもそうじゃない、
そうならない様に己で調節するんか~~
なんてくだらない事にようやく気付く今日この頃です。

そういえば、昔デッサン始めた頃は
「構図が悪いのは、この位置しかイーゼル置ける場所が
空いてなかったんだからしょうがない」って
思ってた頃あったな~~(爆)

いい加減自分以外のナニカに責任転嫁するのは
やめましょう。

あれ?なんの話でしたっけ?

あ、そうそう、
と言う訳で、わからない世界ではありますが、
「表現しよう!」と努力し続けるべきですよね。

かんそう

乾燥した空気、
ここはどこ??

湿度!!!!
初めて聞いた~~~!!!
すんばらしいです。
さすがです。
ハチュにとっては、
大問題よね、たしかに。

聴くのがたのしみだぬああん

おお~

おお~~~!
湿度ですか!!!

モーのタラッタラッ♪な感じは
やっぱり湿度が低い感じ、乾いた感じがしますね~~。
なるほど・。

それに加えてbamamanのいう「温度」!
さすがですねえ~。

湿度と温度ですか~。
なるほど~~良いイメージですね~

私はこれまで速い・遅い・長い・短いぐらいでしか
音をとらえていませんでした・・。

ちょっとそういう風に考えながらやってみます♪
すご~く参考になる記事、ありがとうございます!!

No title

そうかぁ・・・、

私はあんまりイメージがどうのこうのと考えたことないんですよね・・・。
勝手に妄想バージョンで発動しちゃうって言うかなんと言うか・・・。
ええ、困ったことに作曲者の意図とは全く関係なくです(苦笑)
曲を聴いたり楽譜をみたりしていると目の前に情景が浮かんじゃって演奏の終着点もそれに支配されてる感じ?
単純に色で浮かぶこともあります・・・。

でも、この曲は色に例えるとなんだろうとかって考えたことはないかも・・・。

温度を感じる演奏は目標なんですけど、湿度かぁ・・・。
それは盲点でしたね。
さすが、ハチュ愛好者は目の付け所が違いますね(笑)
ちょっと心に止めておきます。

No title

なるほど、   納得!
ワタシの545は、湿度が高すぎて
ぬかるんでたんだぁ!
ちょっと、ドライヤーかけて乾かせば
軽やかに変身・・・・・・・・・・・・・するわけないか-

なる程ねぇ、湿度かぁ。

そいでね、小生は 温度も加えますねん。
暖かい、熱い、冷たいとウエットとドライの順列組合せ6通り。
その次に ファニーかストイックかその中間か…それを 考えてみやすねん。
参考になるのが 音楽表現記号とでも言うのでしょうか?!
たとえば アジタートやとかぁドルチェやとかぁ、てぇ奴でやすねん。

それで 骨格が出来やす。
でぇ情熱的でも 激しくスピードのある奴と
静かに燃える様な 情熱的とかぁ。

そいでもって 前述した6通りの中で その雰囲気は 重い音なのか、軽い音なのか…とかぁ。

丁度スケッチに似ていますねん。
最初は 4Bとかの柔らかい鉛筆で ぼわぼわとした曖昧とした幅のあるラインが 繰り返すうちに次第に 一本のラインを見つけ出して行くみたいなぁ…
だからぁ、時間は掛かりやすよねぇ!
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ