人間力

先日、センセイの発表会に行ってきました。
とはいえ、おピアノではありません。

センセイが習ってらっしゃる、アフリカンダンスと太鼓です。


アフリカンダンス観に行くんだ~と
友人に話したら、
「え、そういうのって、ストリートな感じで一体感で観る分にはいいけど
客席に座って、ステージのを観るってどうなん」

て言われましたが、
会場についてびっくり。
ちゃんとストリートっぽくなってました。



太鼓だけのアンサンブルって初めて見ました。

数人で同じリズムを叩いてたかと思うと
ブレイクするように、皆が違うリズムをたたき出す、
そうかと思うとまた揃ってくる。

そのメリハリが見事でした。
メロディーとかよりも
まずリズムありき、なんですね。
リズムがあれば音楽なんですね~。

私はどちらかというとリズムよりメロディーの方が
大事な要素だと思ってました。
いえ、メロディーも大事でしょうけど、

でも、自分自身、ピアノ曲でもなんでも鑑賞する立場の時は
リズム感がハッキリ感じ取れるやつのほうが好きになります。
つまり、カラダの奥底では、リズムの大切さがわかってて、
しかも好きだと言う事ですよね。
人様の発表会観てなぜか自分を発見してしまいました。


センセイはほとんどずっと(2時間弱)太鼓を叩きっぱなしでした。
太鼓もピアノと同じ様に脱力するのかは知らないですが、
それでも相当の体力!腕力?
ピアノの音に安定感が出せるのには
コレだけの太鼓の演奏が出来る程の強い腕が必要なんだなあ、
コレだけ腕力があった上で、脱力して軽やかな音を出すんですね。

これはまさに一般人のヨレヨレが
一朝一夕でなんかが変わるなんて絶対ありえないです(大汗)


とにかくとてもスバラシイ演奏でした。


スバラシイといえば、センセイの先生。
アフリカンのお師匠さんも素晴らしい方とお見受けしました。

日本人の女性の方だったのですが、
このお師匠さんのダンスがスバラシイ!
なんか、なにが他の人より優れてるのかは分からないのですが、
凄く野生動物のような、自然な安心感がありました。
他の生徒さんのダンスより…重心が低いのかなあ。??

まあ、もちろんお師匠さんなんですから
他の生徒さん方より抜きん出てて当たり前ですね(^^;)

ダンスもそうですが、このお師匠さん、
すごく人間力がありそうです。
おっしゃってる事が凄く納得できるんです。
考え方とか、方向性とか…

いえ、もちろん発表会場で講義があったわけではありません。
それでもそんな人間力があふれてるんです。

このお師匠さんには、
アフリカンの事以外でも沢山教わりたいこと吸収したい事が
あるだろうなあ、と思いました。

で、それが他の生徒さん方の表情やダンスに現れているんです。
お師匠さんのダンスが一番素晴らしい。
でも他の方々のダンスも太鼓も凄くいいのです。
とにかくいいのです。

多分、お師匠さんのそんなお人柄が
みなさんに
スポーツドリンクのごとく浸透しているんでしょうね。



ウチのセンセイは、私にとって、これ以上ない素晴らしい方です。
それこそおピアノを通して、それ以外の事もいろいろ
教わってます。
そのセンセイもまた、未だびゅんびゅん前進しているんだな~、と
再実感しました。
とても実りの多い体験でした。


私ももっともっと吸収したい♪
なのに何かが自分の中で摩擦になってるような気がするんですよ。
そんなものさっさと捨ててしまいたいんですけどね。
なんでしょうね。
今までウン十年図らずも培ってきた己の性でしょうか…。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

e-t-pfさん

はい、ぴやのにはいらないんだと思いますが、
地球で暮らす為には必要だと思うんです。

私は最初レッスンに通い始めた頃は
センセイとこまで、鞄を持っていくだけでピアノが弾けなく
なってました。腕がだるくなって。

初めてデッサンを習いに行ったときは
1時間でさえ、鉛筆を持って紙に向かってられませんでした。
腕が疲れて。

高校生のころは、学校から帰ったら疲れて座ってられませんでした。だからスグに横になってました(爆)

今の仕事に就いた当初、
作業場で立ってる事が出来なくてすぐしゃがんで、
よく社長に怒られてました。
この15年間、新入社員でそんなのは一人も見た事ありません(爆)

まるで月に住んでいたのか、てくらいの勢いで
地球の重力に耐えられない筋力です。でした。

どうも他の人達にはその辺理解の域を超えてるらしいです。

だから、
何かの作業をするために筋力が必要かどうか、の前に
そもそもの基礎筋力は多いに越した事無いと
思っているのですよ(^^;)

ぴやのに

腕力は、いらんがな!!!!

bamamanさん

そうですよね。
私はとにかく理屈っぽいせいか、感性が乏しいせいか、
いちいち疑問にぶちあたり、遠回りを強いられます(自分に)。

でも今までの人生で、
それでも超えてこれた壁というのはいくつかあって、
違う道を歩んできた人とは明らかに違う個性となって
自身に蓄積されている。
時には、そこに壁が無かった人より深いものを手に入れてると実感する事もあります。

だから多分その摩擦も自分らしさとして
必要なものなんでしょうね。
ただ‥‥たまに己が煩わしい…(爆)

境地

うん、境地に達せな 駄目なんちゃいますかぁ。
摩擦…じゃまだて…
うん、我というものは そないなもんだす。
でも、それが 今邪魔だてしてたとしても
それが 個性であり、特徴であり、
それを 身にまといつつ境地に達せねば
先には 進まれへんのとちゃうますやろかぁ?
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ