好みの問題

自分が何が好きで何がそうでもないか、
皆さんは自分に惑わされた事ないですか?

そして、何が好きか、いつでもすぐに言えますか?


なんか私、その辺が苦手なのです。

例えば、鳥で何が一番好き?って問われると
しばら~く考えてようやく見つけた答えを言うけど、
だいたいそれは本当の一番ではありません。
本当の一番好きなものはその質問の時は
すっかり忘れてるのです。

別に嘘やカッコ付けや偽装で好みを決めてる訳じゃないのに
本当にすぐ出て来ないのです。

ちなみに今の例題の鳥ですが、
一番好きな鳥?
う~ん、ふくろう?ヨタカ?コンゴウインコ?決められないなあ、
などといろいろ頭に描きますが、
本当に一番は実はオオオオハシです。あ、オニオオハシに改名されましたね。

とっさに出て来ないんですよ。一番好きなのに。


その他にも絵画が好きだと思ってたけど実は彫刻の方が好きだった、とか、
動物好きだと思ってたけど、実はそうでもなかった、とか、
夜が好きだと思ってたのに、実は昼の方が好きだった、とか。

己に惑わされてる事数限りなく……
私、変なんでしょうか。


そして!!
今更言う事じゃないですが、私、人間嫌いなんですよ。
誰か個人が、ていうより「人間」っていう生き物が嫌いなんです。


それなのに、おピアノ弾くとき思い浮かべようと必死で努力してたシチュは
人間の事ばっかりだったんです。

舞踏会で誰かが優雅にダンスしてるイメージだったり、
両親への感謝を思い出そうとしてみたり、
恋愛体験を引っ張り出そうとしてみたり…


いくら人間嫌いといっても、友人も居るし尊敬してる人もいるし、
感謝してる人も一緒に居ると楽しい人も居る。
だからなんとなく一番描き易く、思い出し易いから、
音に乗せる映像として当たり前の様に引用してました。

でも無理だったんです。
どうしても集中力がつづかない、というより
そのイメージが続いて行かない。


こないだのレッスンのときになんとなくセンセイにイメージを
続けられない、と話をしました。

そしたらセンセイは
「具体的な何かじゃなくても良い、色とか、天気とか、温度とかでもいい」と。

それを聞いたときなんか凄く心が軽くなったんです。
色ならすぐでてくる!
イメージもわく!
表現出来るかどうかは別にして、イメージは継続出来ます。
ついでに何色にしたいかっていうのも比較的決められます♪


そうなんですよ~
私にとってのそういう要素は「人間」ではなかったんです。

そういえば、マーティンの音楽で感動した時も
いつも温度や光やそういうものを感じてたなあ。って。
で、そしてそれは決して「映像」ではなかった。

そうそう、私は五感の中で一番視覚が強い、ていうのも
思い込みだったかもしれません。
感じる要素が視覚野っぽかったからそう思ってただけなのかも。

確かにそよ風の草原とか、よくあるイメージを映像で思い浮かべてみた事は
あるけど、だめだったし。


うん、それなら表現してみたいイメージあるかも!って
昨日練習のとき思ったんです。

へへっ!あとは

技術と表現力だけだな

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

bamaごん

やばいっす。
もう今週末なのに~インペルちゃん。

でも今はサッカー中(爆)

あれ?

記事、更新してへん…
忙しそうやなぁ…!

bamamanさん

人間に興味の無い私ですが、不思議な事に絵画や彫刻は
人物ものばっかり鑑賞してました。
人物画が好きかと問われれば、そう言うつもりではないのですが
静物画、風景画、抽象画がキライなんですよね~(爆)
特に風景画が嫌いです(除く東山魁夷)
なんか、私が風景を実際に見て感じる感動を超える物がない…。(除く東山魁夷)

それにくらべて、絵画や彫刻で見る人物はいいですね。
本物より味があると言うか、
人間もすてたもんじゃないかもな、って思えます。

この違いはなんなんでしょうね。
って、ひとえに私には人間に対する審美眼がない、ということ
でしょうねえ(爆)

tukushiさん

>だからイメージのほとんどが風とか光とか風景とかです。
色とか感覚とか具体的でないものも多いです。

私も結局今回思い浮かべたジャンルはその辺です。ただ、ナンダカンダ言って具体的ではあるかなあ、とは思います。たしかに抽象的はちょっと難しいかも。ある意味。

今まで他の人のそういう「何を思い浮かべてるか」の統計では
自然系か人間系か、が確かに多いですよね。

作曲家もそうですよね。
ダレソレに恋してる時に作った曲、だの
失恋したショックの時の曲だの、ていのは人間系、

我が祖国の懐かしい風景、だの
生まれ育った家の周りの自然だのっていうのが自然系‥‥

だから私も別に特別なジャンルだった訳じゃないのに、
随分気付くのに時間かかったなあ、って感じです。
まあもっとも気付いたと錯覚してるだけかもしれないですが…

それもこれも全てを視覚野で処理しようとしていたとばっちり
ですかね(爆)

bamamanさん

確かに、言葉にすると……嘘になると言うより薄っぺらくなりますよね。
で、その言葉を聴いた人は多分映像としてそれを変換しちゃうんじゃ
ないかと思うんです。
少なくとも私はそうです。
だから、人様が何を思い浮かべて弾いてるか、をお聴きしても
「そんなに具体的に細かい事まで考えられないなあ」とか
「そんなロマンチックな事私にはあわないなあ」とか、
そういう風になっちゃう。

でも、言葉で表すしか誰かに説明する術がないから、どうしても
しょうがない…。
どちらかというと言葉で表す事が出来る事ならわざわざ
ピアノ弾かずに言葉で表せばいいんですよね。言葉じゃ無理だから
ピアノ(ここでは)で表すのかなあ、なんて。
それでいくと確かに音楽の方がダイレクトじゃない分
表しやすいかも…。

少なくともこういう意識改革が自分の中に現れてから
なんか練習の仕方が変わりました。
今まではとにかく転ばないように、とか、柔らかい音で、とか
を気にして繰り返し練習してたのですが、
今は明らかに「もっとこういう音にしたい」ていうのがあって、
それを表現すべく繰り返しトライしてる感じです。

今すぐそれが反映されてくるとは思ってませんが、自分的には
いい傾向かなあと思ってるんです……(^^;)私にとっては快挙かな、とか(爆)

ドーミエという風刺画家

人間云々が話題になっとりやすねぇ♪
19世紀の半ばか終わりやろと思いやす。
フランスにドーミエという風刺画家がおりやした。
新聞の風刺画の始まりみたいな人やそうです。

カフェにいる気取ったおばはんとかぁ、いろいろと パリの街の中の
人間模様を 愛情を持ちながらも その滑稽さを描き出していやす。

そういうのは あるかもしれまへんなぁ?!
好き嫌いの前に 可笑味みたいなぁ…
わしらも その滑稽さの一員で
実に 自分に毒をもっている…
その冷徹さと暖かみの同居。

一定の水準以上に昇華してしまった感性は
これは 面白いし、感動物でやす。

描く内容は ともあれ、
この一定の水準以上に 感覚が 昇華した様なものは ええんやないでしょかぁ?
これ等は 殆どが 芸術と言えるのかもしれへん…

No title

凄くよくわかるような・・・。

かめいちさんの感覚と同じかどうか判りませんが、私も人間が嫌い(爆)
単純に人間という種族が嫌いなのか、社会を構成する要素としての人間が嫌いなのか微妙ですけど・・・・。

それでも、確かに固体としてみた時は好きな人も尊敬する人もいて、完全に人間社会から孤立したいわけでもない。
純粋に種に対する興味もある。


私はピアノを弾く時、かめいちさんとは逆に人間を思い描こうとすることがほとんどないんですよね。
描くことすら拒絶しているというより、全然その気がないというか?
感情的なものもほとんど浮かびません。
人間に付随する全てのものに芸術としての美しさを感じないんですよ。
動物もほとんど浮かばないですね。
風景の中の一部としてそこにいるみたいな感じ?

だからイメージのほとんどが風とか光とか風景とかです。
色とか感覚とか具体的でないものも多いです。
で、気にせずそのままのイメージで弾いてしまいます(笑)

言葉にすれば 嘘に成る…

うん、そういう事やろと思いますなぁ、小生はぁ?!
一つの言葉には 実にいろんなイメージが含まれてるんやろなぁ。
そう、同じ人間でも 無限大なんす。その可能性はぁ?!
ティーカップてぇ 言葉は 限定出来るけど、
取手の側からの形と逆からの形と 全く違うやないすかぁ。
お茶が入ってるのか、コーヒーなのか。
時間はぁ。
ディかオフかぁ。
誰とどこで…

そこに 無理が有り…
だから その総体としては イメージでなきゃぁならへんねん。

ところが いきなり抽象は難しいので
具象から入る…

小生は エオリアン・ハープの曲創りはぁ 窓辺の木の葉の風に揺れるキラキラを眺めながら 弾いてやした。
そいでもって 風の女神が 丘の上の風を共鳴させ弦を振動させる感覚を養いやした。
落ち葉が ベンチの前で クルクル踊って 静まって行く感じとかぁ…

そういう風景から なにか自然への憧憬みたいなもんやとか、
子供の頃の母の匂いとか、
なんかわからへんけど…

その先にある物を 憧れているんやと思いやすねんなぁ。
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ