集中力を向ける矛先

仮に「イルカと触れ合おう!」ていうツアーに参加したとしましょう。
参加者全員でプールに入って、
順番にイルカさんと直に触れ合う事が出来る。

こんなシチュで自分の順番が来たとき、
他の参加者の事が気になってイルカに集中できなかったりするでしょうか。

イルカと好きに触れ合ってる自分がどう他の参加者に映っているかが気がかりな人が
いるでしょうか。

初めてイルカと触れ合って、インストラクターさんのように
イルカと意思の疎通が出来なかったからと言って落ち込む人がいるでしょうか‥



実は、今回初めてステージ体験に参加するにあたり、
内弁慶の私はこんなご大層なイメトレをしました。

つまり、ベーゼンドルファーがイルカ、
巨大なプールがホール、
先生がインストラクター
そして、私たちツアー参加者です。


このイルカ体験の場合、私自身はどう動くか。

まず、自分の順番が来るのが待ち遠しくてしょうがない、
そして、他の参加者が楽しんでる様子を見て、
「ああ、私も握手してみたいな、」とか「並んでちょっと泳いでみたいな」とか
自分の時間をより充実させるためのヒントを拾いだすかもしれません。

いよいよ自分の番が来たら…多分周りの事はすっかり忘れて
存分に自分の時間を楽しむだろうなあ。
そのとき、絶対に

カッコヨク遊べたかどうか とか 
自分がウマく泳げたかどうか、とか
インストラクターさんのように出来なかった、とか
なんて

気にもならない、考えもしない。だろう。

まあ、せいぜい気にするとしたら
イルカさんに嫌われなかっただろうか、くらいかな。



この反応、ごく普通だと思いませんか?
こんなもんですよねえ。たぶん。

じゃあ、今回のおピアノ体験もそんなかんじじゃないですかねえ?
なぜ、ホールの響きやピアノの感触が分かんない程緊張しなきゃいけないのか。
一体何を怖がってマッシロに飛んでるのか…。


そこまで自分に言い聞かせました。
ホント、なんとご大層な、大げさな。
でも尻込みしてチャンスを手放しそうになる自分を引っ張るにはそれくらい必要でした。


そして迎えた当日。
「一人で弾くんじゃなくて、レッスン形式にしましょうか♪」という
センセイの罠にもひっかかり、
なんとか一人で弾きました。すごいちょっとですが。

なんかさ~。
小さい頃の自転車の練習思いだしましたね。
親父がずっと後ろを持っていてくれてるからと思って走ってたら
実は居なかった。みたいな(爆)


でもおかげさまで、緊張はほとんどなかったし、
自分的にはよく響いていた音は聴こえていたと思います。

そう、凄く良く響いて、
自然に視線がのびました。
フルコンの弦の長さだったり(実際は譜面台で隠れてはいるのですが)
天井の高さだったり、
ホール内の空間の広さだったり…。

多分、発表会やステージで弾く事が好きだとおっしゃる方々はそういう事を
存分に楽しんでらっしゃるからだろうな~と思います。

車好きがスピード気にせず走りたいからサーキット場借りにいく、みたいな
感じなんでしょう。


今回、私もその鱗片を少し味わう事ができました♪
参加して本当に良かったと思います。


もし自分の持ちネタが不完全だったとしても、そのレベルで
肩肘張らずに楽しめば良いんですよね。

イルカの前でなにも、完璧なフォルムのクロールを披露できなくても
楽しみ方は無限にある筈ですよね。




はあ、なんか私ってメンドクサイ性格だな(爆)



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まゆっぺさん

いいでしょ~
この辺はへ理屈大魔神かめいちに任せて!!(爆)

でも、酔い止めの薬じゃないけど、そういう、
安心出来る薬があるのはいいですね♪
ハリポタのフェリックスフェリシスとか。あ、知ってます?(^^;)

bamamanさん

>自然体になるには なんか癖みたいに体が覚えちゃってて…みたいな!

これ、思いました~
やはり、まだ弾く事に必死感が残ってると、意識はそっち行っちゃうな
とは思いました。
本当は手元見るのも最小限にして、上の方でも向いていたい。
それでも指は勝手に動いて、その上で今の気分を乗っけられるほど
弾き慣れた曲が、1曲で良いからあればすごくこういう時いいなあ、って
思いました。
それには、音数少なく、曲もそれ程長くなく、気分でスピードを
変えてもそれなりな‥‥
今やってるショピンのワルチュとか仕上がってたらけっこういいんだけどなあ。

さすが姉ちゃん♪

すごいよ!すごいです!この例え♪
本番、これお借りしますわ~o(^-^)o

じゃないと、また薬に頼りそうな感じだし( 一一)

あはは…♪

そうすねぇ、もそっと即物的で ええんすよねぇ!

ああ、なんて奇麗な和音やろかぁ ♪とかぁ…そういうのを 楽しむだけで ええ感じになって来やるから 大丈夫っす!

ピアノ弾くちゅう事が 弾く意識が消えちゃえば ええんすねぇ ♪
自然体になるには なんか癖みたいに体が覚えちゃってて…みたいな!

そういえば てぇ奴、長所でもあり短所でもあり…
そないなものは見方とか 好みで変わるんすねぇ。
癖は その人の特徴であり、良いも悪いもなく まぁ個性つうやつでございやしょうかぁ?!

小生は 最近 音の響きが好きで好きで それ聴いてる事が ピアノを弾く事になりつつある様でやすが、まぁ しかし そうは言っても ピアノを弾く意識が 鎌首をもたげやす。あはは…

歌も 響きでやすなぁ ♪

bamamanさん

そうですね~。そうあるものなんでしょうね。

でも私はそれ考えるとやはりここに立ち止まってしまうんですよ。
客観的にどう見えてるか,とか聴衆の事とか、
語れてるか、とか、
今までもそこを気にしすぎることで人前にでれなかった。

だから、「まずこれをクリアしてから、つぎ」っていう考えでなく
全てを同時進行で、とは思い始めた今でも、
そこだけはまだダメです。
ダメだと思ってる限りダメだと言われれば尚ダメです。

もうそれが必要だと思うだけで既に立ち止まってしまってます。
やはり続けるべきではないか、と悩む一瞬です。
まだとても皆には向かえない・・v-13

どんな大家でも

完璧や絶対はないんすよ、多分ね ♪
きっと 不安を少しだけ残して 何か新しい事にチャLンジしてるやと思いやす。
そういう新鮮な気分。張りつめた気持ちが無いと 聴衆にエネルギーが届かないんやと思いやす。
完璧に向かえば エネルギーは縮小しちゃうんでやしょうねぇ?!

うん、音楽は 最高のコミュニケーションツールなんやろと 思いやす。
語りたくならなければ 音楽が出て来ないのかもしれまへんなぁ?!

そう、語りたくなれば 大きなホールで皆に向かって 力強く語るんやろと思いやすねん ♪

最近は つう様に考えている訳でやす ♪
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ