先週のコンサート1

あの爆笑コンサートから3ヶ月半。

今回のはちょこっと期待していました。
いえ、前回のも期待していましたけどね。

なんと言っても今回は
サントリーホールです!
そして演目は
ストラディヴァリウス・サミットコンサート
これはもう期待しない訳には行きません。

なんたって端から端までストラディ!
バイオリンもビオラもチェロもコントラバスもみ~んなストラディ!
総額90億円だって!!

スゲー ストラディ

とはいえ、バイオリンに興味が出たのつい最近。

でも、ストラディの名前は知ってる!
前回のコンサートでもらったチラシで見つけ、
早速チケットセンターに電話したのです。

かめ「5月のストラディのチケット欲しいのですが」
係員「3日間ありますが、どの演目がよろしいですか?」
かめ「1階席が空いてる日ならいつでもいいですっ

スゲー みーはー

だって~。どうせ知らない曲ばかりだもん。


で、当日
サントリーホールは20数年ぶりです。あの時は駅から散々迷ったので、
今回は用意周到にしっかり調べていきました。

……でも迷った。

スゲー 方向音痴爆裂!!

だって~。Y●HOOの検索がウソついたんだもん。

でも、時間には余裕があったので。しばし外で待つ。
あれ?なんだかおめかししてる人が多い……。
ジーンズなんかで来てるの私だけか?

そして開場の18時半。
ん?どこかでなんか音がする‥‥
少し入口に近づいてみると‥‥

なんか仕掛け時計が動き始めていた!
アンティークっぽいオチャレなデザインです。
そして、派手に音楽が流れ出しました!
それにあわせて、係の人が内側から扉を開きます!!!

スゲー サントリーホール!!カッキー


いままで、行ったコンサートでは、入口で大量のチラシと共に、
今日のプログラムの小冊子かプリントをくれました。
だから、チラシ(一応プログラムが発表されてる)を持っていかなかった私。

あれ?今日はくんないの?なんで?

あ!!2000円で売ってる!

スゲー さすがストラディ………(汗)


さあ!!
いよいよお席へ。


今回は1階13列の端の方です。
チケット取るのが遅くて、でも1名様だったお陰で根性で残っていた
1階最後の席です。

座ってみると‥あれ?ステージが正面に見えます。
結構真ん中よりじゃん?

いえいえ、実はこのホール。
すべての席がステージに向かっているのです。
しかもステージは扇形です。
つまり、ステージを中心に見事に放射線状に座席が配置されている!

ステージに向かって真横向いてる席が平気であるどっかのホールとはえらい
違いです。
音響だけでなく、全てに配慮が行き届いているんですね~。

スゲー さすがサントリーホール


開演5分前。
ホール内にさわやかに
ウツクシイ教会の鐘の様な音楽がひろがります。

どっかの割れ鐘ブザーとはえらい違いです。
コレよコレ♥




やっぱりつづく。

ナゲー 前振り(爆)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

bamamanさん

いってらっしゃい(^^;)

私は美少女なので、そんなもの出しませんが。
大変そうですわね。おほほほほほほほほ

ゲっ…

う●ちいってきやす…

まゆっぺさん

ストラディ、
結局他のバイオリンの音を凄く知ってる訳じゃないし、
演奏家も違うので、音わかんない。
ストラディばっかりのコンサートより、
一人の演奏家が、普通のバイオリンとストラディとを
両方弾いてくれるコンサートとかないかなあ。
そんなに音って違うのかなあ。

mogu さん

おお!moguさん、生きておられましたか。
充実してるご様子、てかなぜこの時期みんなそんなに忙しいだ?

あのサカモト教授?の頭の上に載ってるのは何ですか?
聴いてみたいのですが、知らない曲ばっかりっぽいしな~。
マリオとかだったら分かるんだけど。

セレブな世界にボロ服で乗り込むわたし‥‥
セレブ用お洋服ほしいなあ。
あ!また浪費の予感。音楽ってお金かかるなあ(違)

bamamanさん

もう~~使い回しはダメですよ~
ちゃんとオニギリさんちでチェック済みですから(^m^)

それにしてもスバラシイのは、ニスからタレへの
シームレスな移項ですね。文章でなくスピーチだったら、絶対
いつのまにどこから変わったのか分からないですね。

一つ言えることは‥
日本人技術者は寡黙に仕事をこなす傾向にあるので、
織り込むべきささやきや悲哀が不足するかもしれません。

オニギリさんがニスを塗る段階になったらぜひみんなで
お不快しましょう。そうすれば、弾くたび楽しい気分になる
とても華やかなばよりんになりますね!

あ!誰ですか!ニスにお酒混ぜてる人は!!!
bamamanさんっっ鮭トバも禁止です!!!

e-t-pfさん

早くしゃべりたのに時間がない~~
なんでこんなに長文なんだろ。(爆)

お食事どころが凄く混んでましたね!
みんな買い物より外食派なんでしょうかね。

晩ご飯に狙ったお店は入れませんでした~。

あっ!

moguさん発見!
元気そうでよかった~♪

サントリーホール、行ったことないんだよね。
そんな風になってるのね…
って座席表みたことあるようなないような(^^ゞ

それより、ストラディヴァリ…見てみたい♪
音色聞いてみたい♪
なでなでしてみたい…(^^;;;

No title

オペラシティーに続いてサントリーホールっすか!(;゜∀゜)=3
セレブなにほひプンプンですなぁ~

それに比べてオイラはライブハウスやクラブを転々と…
えぇ、サカモト教授という奇人変人のライブですけどね(爆)


それにしても、セレブリティーの集いもかめいちレポーターの
手にかかれば面白可笑しくなってしまうのは何故でっか???
続き早くщ(゜▽゜щ)カモーン!

ストラディの嘘

■ オニギリ ジョーのブログより…

ストラディの塗料の秘密


未だにストラディの塗料の成分がわかっていないんやそうな。
でね、その秘密の成分とは なんやろか、とね…
【その問いに対する 小生の解答】


やはりそれは…
その成分は 嘘の塊やとおもいまんのや。
一番バイブレーションするのは ”ほんま事”やのうて 嘘なんやねん。
そらぁ、小学校の教科書いも載ってる話やねんなぁ♪
しかも、ほんま事の如き嘘が ええねん。
これシビレまっさぁ~♪
シビレるちゅうのなら 河豚の卵巣ちゅうのもあるのやけど、ストラディバリウスの頃のイタリア沿岸では 河豚はもう絶滅してたんやねん。
もし、河豚の毒まぜとったら いまごろジュリアン・ラクリンなぞは あの世往きだったんだぜぃ。

木の乾燥や急激な吸湿を防ぐ(木の割れ、膨張収縮の防止)為の防水加工的な性能要求の為にニスを塗る訳でやすが 実は音の柔らかさであるとか共鳴にもの凄く関係していた訳でやすよね。

これはピアノの響板と全く同じ理屈でやす。塗材の微妙な柔らかさが 音の柔らかさに繋がる訳で、しかも揮発成分でない事も重要な要件となりやす。これは その工房の中で 密かに話し合われ、蓄積してきたノウハウでございやす。

そう、密かな声の昔話しをニスの中に封じ込めたのでやす。
音を減衰させない為には…うん、実は 音は波形である訳で その話し声の波形を刻み込む技術があったのでありやす。

厚塗りニスの上に ダイアモンドの粉を蒔き、 昔話しを 夜通ししながら、28歳の乙女が 交代で馬と鹿の皮で 優しく撫でるのであります。すると 不思議な波紋が 響胴の内面に現れやす。
それを3日3晩続け、粉と削り屑を集めます。この粉と削り屑をニスの種に加えていくのであります。鰻屋さんタレ壷と同じ原理でありやして 地震や火事になったら その壷だけを持って逃げるという話は 全くもって 有名な話で有りやす。

このタレ信仰は 紀元前2000年頃よりサマルカンドを中心に発展伝承され シルクロードを通り、西にはバイオリン族のタレとなり南はインドのカレールーとなり、ファーイーストの日本では 鰻のタレとなったのでありやした。
このバイオリン族のタレは もの凄く太古の物語やら 楊貴妃の物語や 様々な物語が染み込んでいると言われています。

哀しい気持ちの音は哀しい物語がバイブレートします。恋の気持ちは恋の物語がバイブレートします。ナノ技術をもって解析すると 実はナノの単位のなかに ハイテク粒子状に 複雑な波形が 交錯していたのであります。

これは ストラディバリウスが 華を開かしたのでありますが、つまりは 人類のあらゆる悲嘆、愛憎、勇気、嫉妬…様々なルツボであったのであります。

現代の我々が 知っている事、知る事の出来る事、これは ほんの表層の わかりやすい特徴だけであり、実は 人類の長い歴史の智というものは 大方は忘却のかなたに あったに過ぎなかったのであります。

ストラディバリウスの偉大さ!これは まさに その隠れた智の部分が 奏者と感応して起こる 不思議な不思議な 物語だったんです。



はやく

しゃべれよ~


昨日はおっつ~でした♪
今度は平日の昼間にしよう・・・混雑たいへん
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ