FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたがご報告です。

先日、ペットショップにて陥ったトラブル(詳しくはコチラ)が
無事、解決致しました。
全額返金されました。

その節はみなさま、大変貴重なご意見、アドバイス、応援、
本当にありがとう御座いました。
その温かさに涙が出る思いでした。

この件は、実は私の事ではなく友人が陥ったトラブルです。
伝聞調で書くと話がややこしくなるため、あのような文体にさせて頂きました。


頂いた内容はすべて件の友人に伝え、その結果返金までこぎ着ける事が出来ました。
友人も非常に感謝しておりました。

友人共々重ねてお礼申し上げます。



大まかでは有りますが、事の成り行きをご報告させていただきます。
もしもの時のお役に立てれば幸いです。
今回も伝聞調は省かせていただきますのでご了承下さい。


トラブルの流れ前半はコチラ




<後半>

遺伝性疾患だという事を聞かされ不安になったので
キャンセルを申し出る(メールにて)



担当スタッフからメール
「今回の病気は本人(鳥)の脂粉による炎症です。
 それ以外はとても元気ですし、ゴハンもよく食べてます。
 また三日後に病院へ連れて行きますのでご連絡致します」

 遺伝性という事は一切触れず。



消費者センターに相談して得たアドバイス(後述)を元に
 獣医師による診断書の開示を求めるメールを出す。
 (三日後の診察を待たずに)



担当スタッフからメール
「お電話は不慣れな新人が対応してしまったため誤解が
 生じてしまったようです。分かりづらかったと思うので
 再度ご説明させて下さい。
 お電話差し上げたいのでご都合の良い時間を教えて下さい」

 メールがくる度に鳥がいかに元気一杯か、のアピールが
 激しくなってくる。



こちらからはただひたすら
・キャンセルしたい
・獣医師による診断書の開示(原本を郵送希望)
・やり取りはメールか文書のみを希望
・契約を白紙に戻したい

 とのみ返信する。

 同時に、市が運営する「獣医師による無料相談所」
 というところにも電話相談する。(内容後述)



担当スタッフからメール
 ひたすらショップ側が努力した事を書き連ね、
 最後に「返金致します」



ここまでが一連の流れです。
下記、諸資料です。


※契約時ショップから渡された「契約書」の内容(関連項目のみ)

 「この期間(契約から引き渡しまで)で、
  死亡、こちらでお迎えいただけないと判断した場合、
  お支払い額と同等額内の生体または商品で保証させていただきます」 

  ちなみにショップから渡された「契約書」はそのショップが独自に
  拵えたような、たった一枚の簡単なものでした。
  それ以前に行った他店ではまるでペット業界のテンプレートのような
  数枚にも及ぶしっかりしたものでした。

 

※消費者センターに相談して得た返答

  ・お金払っていて飼い主ということで、 診断書の開示を
   求める権利があります。
  それを要求してみて、 もし拒否し、病名とか教えてくれないなら、
  それを理由にキャンセル。か、
  病気の鳥を買うとは契約に書いてない、 と言って
  キャンセル若しくは 返金してください、とは
  伝えたほうがよいでしょう。
  ・やり取りは、証拠として残したいので電話ではなく、
   メールなど文書のみにしましょう。
  ・一旦相手のお財布に入ってしまったお金を取り戻すのは
   非常に困難です。
  予約時に全額支払いというお店は危険なので避けて下さい。
  もしお店が倒産した場合お金は戻ってきませんよ。


※獣医師による無料相談所の返答

  ・その小鳥の症状なら、診断書の開示を求めれば返金に応じます。
  ・病気の鳥を引き渡そうとするのは言語道断です。
  ・今、病気の鳥を情に訴え押し付けられそうになっていますので
   電話での対応は絶対しない様に気をつけて下さい。


※その他

  ・ショップへは、消費者センターや獣医師無料相談所に連絡した事は
   告げていません。(但し、メールの文体が変化した事から
   何らかの機関へ相談した事は気づいているかと思われます)

  ・最初に病院に行った事を聞かされた時に、電話口の「新人さん」に
   どこの獣医さんか尋ねましたが、ショップのかかりつけ病院である
   有名病院を二つ上げられましたが、そのどちらに
   連れていってるかはおっしゃいませんでした。

  ・その「新人さん」に遺伝性疾患と聞かされ、そのような事が  
   有るのかと問うと
   「よくあるんですよ」との返答でした。

  ・診断書に関しては最後までスルーされました。

  
  

続きを読む

スポンサーサイト

いよいよ三つ目!お気に入りのペン♥

さて、朝4時に起きて開園時間の9時にしっかり到着いたしました、
油壺マリンパーク

朝っぱらから炎天下の中到着したそこは、
下調べの通り……

ザ・一昔前!な佇まい(^▽^;)

まあいい、まあいいさ。
今日はペンだけ見にきたようなもんだ。


入り口入るとまずお魚水槽なのですが、ペンがきになって集中出来ない。

ので、とりあえずスルーして一直線に屋外のペン島へ向かう。
そう、屋外なのですよ!この炎天下の8月中旬に!!

昼頃になるとペンたちが暑さで奥へ引っ込んでしまうんじゃないかと心配で
まずペンの元へ!



居た!

ぺん!


IMG_0110.jpg

メッチャ近い

実はホウボウちゃんチェックしなかったくせにちゃんと
ペンチェックはしておりました。
だって真夏の屋外にペン?
葛西臨海水族園は夏場はペン休業なのに?

「スミマセン、8月もペンギンの展示はやってますか?」
「はい!常設ですので展示しております!」
「変な事お伺いしますが、暑過ぎてみんな奥へ引っ込んでしまって
  見えないなんて事はないですか?
「多少はスダレの影に居るかもしれませんが遠過ぎて見えない
  という事は無いかと思います」



おねーさん、謙遜し過ぎ!
めっちゃかぶりつきです!!

「ペンギンにお手を触れないで下さい」と注意書きがあるくらい近い!
本当に手を伸ばせば届きそうです。

そして、午前中のペンたちは、水の中でたゆたっていました。
泳ぐでもなく、起きてるふうでもなく。
ただの〜〜んびりと水に浮かんで目を閉じてる♪
RIMG0013_20170826161621438.jpg


RIMG0033_2017082616162228f.jpg


RIMG0101.jpg


RIMG0111.jpg



いいなあ〜
気持ち良さそう。こちとらメタクソ暑いぜ。

ペンって水鳥だったのね〜〜と今更ながらの感想(^0^)


それにしても
IMG_0189.jpg



そうそう、今時期は丁度年一度の換羽期なんですって!
どうりでボサボサなコが多い訳です。

年に一度と聞くとなんか得した気分♪
春先のヒナちゃん誕生の頃も見たいですけどね(^ー^)

ボザボザ
RIMG0027.jpg


クタクタ
RIMG0223.jpg


ボロボロ(^▽^;)
IMG_0233.jpg


全体的にぽっちゃりに見えますが、
ただモフモフになっているだけでなく本当にぽっちゃりだそうです。

自然界では、このボサボサ状態では水に入る事が出来ず、
つまりはゴハンを取りにいく事が出来ません。
だから、前もって沢山喰いだめしてしっかり太っておくそうです。

とはいえ、ここはちゃんと毎日ゴハンが支給されるので
RIMG0079.jpg

欲しければ食べれますけどね(^ー^)

それでもやはり全体的に食欲は落ちる時期だそう。
見ていても多いコでも鯵5匹。平均で3匹くらい。

よく食べる時期はみんな15匹は食べるそうです。

その頃も見たいよねえ〜〜♪♪


換羽は若いコから始まり、徐々に若くないコへと進むらしいです。
で、今は若くないコ達がボサボサ。

つまり、今ピカピカなコはみんな若手

し‥しかし
RIMG0167_20170826163823592.jpg

晴れ女が災いして一点の曇りもありまへんorz


長いのでこの後は「続きを読む」から♪

続きを読む

つづいて、二つ目の「お気に入り」

「スマホ」




既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ワタクシ、八王子のくせに、常に「まともなお魚」食しております。

すぐ近所に富山産天然もののみにこだわるお魚屋さんがありまして…。
水揚げされた翌日に直送されてくるのを買えるんです。

それはとても有り難い事なのですが、
同時につまらん思いをする事もあります。

ええ、海近でおいしいお魚を食べさせてくれるという観光地に出向いた時に
高い!少ない!味微妙!っていう目にあうんです。
知らない頃は楽しかったのになあ。

ですが、マグロは別です!
いえ、それ程マグロ好きな方ではないのですが、
なんせそのお魚屋さんにあまり入荷されないんですよ。
富山では頻繁には捕れないから。


という訳で、こんかいの水族館ツアー、
マグロが名産の場所と知って夕食にマグロのお寿司を食べよう♪

と、盛り上がりました!
ヒトリで。

ええ、ヒトリです。私基本お一人様です♪
ただし、チキンなので、
ついでに方向音痴でもあるし人見知りでもあるので
事前に下調べ綿密にします。

どのバスに乗って、どの店に行って。



それなのに!!!


到着してみたら休みだった!

だから下調べしたってば〜〜〜!!
その行きたいお店が火曜定休(不定期に月曜も休み)って書いてあったから
わざわざ休暇日程調節して水曜日に決めたのに!!!

もう目の前真っ暗。
店の前から念のため電話もしてみましたが応答無し…orz
スマホで確認される「営業中」の文字が空しい……

私に出来る事は、友人にラインで泣きをいれるのみ……


え?予約?それは流石にしてないですよ。
慣れない場所で時間制限作ると焦りますから。


もうね、泣いて帰ろうと思った。
いや、数年前なら100%帰ってた。
家から油壺まで片道3時間。空腹と絶望感かかえて…


でも手元にスマホがあったんですよ!
なんと「この付近の寿司屋」って文字があるんですよ!!!

そう、さっきバス停から目的の店までのナビ使ったから。


で、もちろん調べました。
ここから一番近い店。徒歩6分。
もちろんナビもしてくれる。

諦めるのはそのお店行ってみて
外観で無理そうだと判断してからでも良いかなって。




結果!
とても美味しいお寿司を食べて帰ってきました
お一人様だからカウンターに通されちゃってちょっとドキドキしたけど
恐いお店じゃ無かったし。
お手頃価格で「鮪づくしセット」ってのがあって、

鮪のスキミ、鮪ヅケの炙り焼き(自分でミニ鉄板で焼くヤツ)
握りと細巻きの盛り合わせ、アラ汁、鮪マン(肉まんの具が鮪のヤツ)


という、とても楽しめるコース。
本鮪ではなかったけど、そんな事どうでもいいくらい
ちゃんとおいしかった♪

今度からここにしよう(謎)



という訳で、スマホにマジで助けられました。
電車の乗り換えから、知らん街のバスの時刻表から
水族館での写真やビデオ撮影、
あげく夕食のお店まで。

まるでツアコンのような役立ちっぷり。


あまりにも役立ちすぎて、
実はsuicaもスマホだったので
帰りバッテリーヤバくてちょい焦りましたわ(^▽^;)

まず一つ目の「お気に入り」

「きっぷ」





なんでしょうね、なんか「きっぷ」って言われるとすごくワクワクするんです。
ええ、ネーミングの話しです。
「チケット」とか「引換券」とか「パス」とかじゃだめ。

「きっぷ」っていう呼び名がいい♪
意味不明?まあ、そうかもしれませんが‥‥(^^;)

そしてワクワクするネーミングだけではありませんよ。もちろん。
とってもお得なんです。

今回ゲットしたきっぷは
「みさきまぐろきっぷ」

油壺マリンパークのある場所は、三浦半島、三崎湾のあたり。
マグロが名産の観光地です。

主要駅から京急線三崎口までの往復電車代と三浦半島のバス乗り放題、
マグロお食事、
そして希望の観光施設の入場券までがいっしょになった
とてもお得なきっぷです。

今回私は横浜駅からのきっぷを購入したのですが、
普通に行動するより2000円くらい、バス利用頻度によっては
それ以上のお得っぷり!!

いいねえ、こういうの。
かなりお得な割引っぷりと「きっぷ」という響き。
必要以上にワクワクするのです。


ちなみに「みさきまぐろきっぷ」は
まるで新幹線の乗車券のようなきっぷ三枚セットです。
その都度提示もしくは引換です。

去年例外的に秋に出向いた海遊館も
「おおさかかいゆうきっぷ」というステキな物がありました。
こちらは
ジンベイザメイラスト付きのテレホンカードのような
カード一枚でした。

どちらの形式もそれぞれタノシイ(^3^)


みさきまぐろきっぷの気になるお食事ですが、
三浦半島に散らばる30店舗にも及ぶ加盟店が用意してくれている
指定メニューの中から好きな物を選べます。

私はもちろん、一日べったりマリンパーク狙いですので、
施設内レストランのマグロづくし丼1500円、ってやつです。

IMG_0171.jpg
あ、もちろんビールは別売りですよー

気になるお味の方は…

うん、八王子のスーパーのマグロと変わらん
まあ、水族館内のセルフの食堂レストランにそれ程期待はしておりませんでしたので。
ちゃんとマグロを食べたい方は、30店舗の中にちゃんとお寿司屋さんもあるようですので
そちらの方がよろしいかと(希望的推測)

いいんです、実は帰り、夕食にお寿司屋さんで一杯やろうと
企てていたので♪
本物はソッチで(^ー^)


と・こ・ろ・が・!!!



つづく

三つのお気に入り

先ずは皆様。

先日は沢山のご意見アドバイス、応援、ありがとうございました。
無事、返金という形で解決致しました!!

みなさんが応援して下さったお陰です。本当にありがとうございました!

と……件の友人も感謝しておりました。


後日、詳しく経緯をまとめたいと思いますのでもう少々お待ち下さい。



そしてそんなドタバタ(?)の中、
私は遅ればせながらの夏休みを迎えておりました。

私の夏休みと言えば!

そう!!水族館です!

今回ハジメテ、行く前のホウボウちゃんチェックをしませんでした。
そうなんです。
今回のメインはホウボウちゃんではなく、ペンでした♪
ペンの中でも特にお気に入りのイワトビペンに会うべく選んだ水族館は

油壺マリンパークです!


今回は、「三つのお気に入り」と題して
三度に分けてお送りしたいと思います。

メインのイワペンは最終回、三つ目のお気に入りとして
ご紹介致します。
前振り2回、適当に流しつつよろしくお願い致します〜

RIMG0052.jpg

いつもならココで開幕ビデオですが、今回趣向を変えまして、
ペン文字「三つ」です(^▽^)


「三つ」に見える?(^m^)





※ホウボウちゃんチェックとは。
  いつもどこの水族館に行くかのガイドラインとして、
  一番お気に入りのお魚、ホウボウちゃんがそこにいらっしゃるかどうかを
  わざわざ候補水族館に電話して確認しております。
  それがホウボウちゃんチェックです(阿呆)





お考えをお聞かせ下さい!

とある専門ペットショップであるコを契約しました。前払いで
 全額支払い済みです。
 

人慣れ訓練してからの引き渡しがモットーだとの事で
 一ヶ月後の引き渡し、という契約でした。


ところが一ヶ月経っても連絡が来ません。
 こちらから様子伺いの電話をしてみました。


店側の返答は、
 「後2週間程で準備が整います。その頃、お引き渡しの
 日時などご相談の電話をさせて頂きます」
でした。


2週間後、店から連絡が来ました。
 しかし内容は
 「実は2週間前から眼病にかかっています。
 今通院中です。獣医師には遺伝性疾患と診断されています。
 来週また病院に連れていくのでもう少しお時間下さい」
と。


遺伝性だと完治するとは思えない、と不安を述べると
 「でもゴハンちゃんと食べてますし、ちょっと見た目がアレ
 なだけです。」
との事。


とにかくキャンセルしたい、と伝えると、
 「キャンセルはお受けしますが返金は致しません。」


では、他のコと交換では?と提案するも
 「それはまた新たに購入して下さい」と。





コレってまかりとおるんですか?
引き渡し前に遺伝性疾患が発覚し、
それを客が納得できない、受け入れない、な態度なのに
返金せずに済ませられる物なのでしょうか?

このネットで噂がすぐ拡散してしまう時代にそういう事をする
専門店。
逆に正当だからこその態度なんでしょうか!



どなたか詳しい方いませんか〜〜!!!




因みに鳥です。
アレな見た目、とは目がただれてアカンベー状態になっています。

悲報

びびちゃん……


もう二度と……………









セミは要らないそうです
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。