ヨルイチ

カメイチではありません‥‥

いつものお魚屋さんが新しい企画を始めました。
日曜日の夜閉店後から、お刺身じゃ食べれない鮮度になってしまった
お魚を格安でご提供サービス、名付けて「ヨルイチ」♪

今日はその第一回目。
朝もちろん行きましたが、夜も行きました(爆)
だって私、「絶対おさしみ!」派ではないのでちょっとくらい
鮮度落ちしてたって問題じゃありませんから。

お刺身じゃなくていい‥
とかいいつつ、今日の入荷に「大イナダ」とかいうもの発見!
これはお刺身だ〜〜(≧▽≦)
…………
多分、わかりやすい表記にしてあるんだと思いますが、
大きさで名前が変わるお魚が
大イナダ、とか小ブリとか書いてあるとなんとなくおもしろい。
でも、どのくらいの大きさをなんと呼ぶか、なんて
地域によっても人によってもいちいち違うんだし、
こういう表記の方がスマートなのかもしれませんね。

ちなみに私はブリについては、
ブリの手前はハマチ、さらに手前はイナダと聞いて
育ちました。
そのつもりで食べて、ハマチは大好き、イナダは微妙…という
価値感です。

富山の夏の旬にイナダがあるらしく、この夏、お魚屋さんは
連日イナダだらけでした、
でもイナダ微妙な私はもちろんずっとスルー。

それが今日は「大イナダ」ですっっ
いつも通りアサイチで行ってゲットです。
ええ、自分的には「ハマチ]のつもりです。

RIMG4287.jpg

じゃ〜〜ん。
全長55センチ、5月にゲットしたスズキと同じくらいの長さかなあ。
でも、スズキより厚みがあるのよね。
その上、スズキなら1週間食べ続けられますが、ブリは3日続くと結構ギブ。
だからハマチも一週間続くのはキツいかも〜

…と言う訳で、
RIMG4289.jpg
実はゲットしたのは半身です(^m^)

かのお魚屋さん、だいたいのお魚はグラム単価表記なのですが、
大きめのお魚や、一尾で買うとそれなりに高額になってしまうヤツに
関しては
半身いくら、って表記されてます。(1/4はもちろん半身の半分の価格です。)
でもね!
同じ半身でも、
残った部分の背骨を取っ払う訳にいかないので、
最初の人は本当に半分の身だけです。
後の人は写真の様に頭も背骨ももらえる可能性大です!
しかも最初の人が「柵で」と注文したならカマも後の人の物です(爆)
もちろん最初の人がカマも欲しいと言えば権利は発生しますし
勇気があれば「頭も欲しい」と言えばもらえますが、
結構世の中の方々、アラに興味は無いみたいで…
私としてはホクホクです。

今日はそんな訳でイナダ半身をお願いしたのですが、
写真の通り、私は「後の人」です。ラッキーです♪
しかも!!
「最初の人」はまだそこでカット待ちしてるくらいの僅差でした。
つまり!!
私がオーダーした段階ではまだイナダはそのまんまのお姿……♪
ムフッッ

思わず店員さんに耳打ちしてしまいました。
「アラと…内蔵も頂けますか?」

もちろん快諾!ヤッタ〜〜〜!!

ところが、家に帰って開けてみると…
内蔵は入ってませんでした。クスン。普段のノリで捨てちゃったのねorz
でもまあ、いいです。アラは全部ひっついてるんだし。
思った以上の重量有るし。

なんて作業してたらお魚屋さんから電話来ました。
内蔵、渡すの忘れただけでちゃんとあるそうです!

で、そもそも私はヨルイチも行くつもりだったので
その時に受け取る手はずになりました。
なんか今日はタイミングいいなあ〜〜♪


そして夜。さっき。行ってきました。ヨルイチ。
すげーよ。
ほとんどはナノシリーズでしたが、
一尾10円とか50円とか!!
思わず10円のマイクロ太刀魚(爆)買っちゃいました。
マイクロワタリガニも!

そして受け取ったイナダ(ハマチのつもり)の内蔵……
へえ〜〜〜
イナダって肝臓凄く沢山有るのね〜胃袋も3つも有るんだ〜
心臓も沢山有る!?!

店長さん!今日入荷されてたイナダ(ハマチです)3尾全部、
売れる度に捌く度に内蔵全部取っといてくれたのね〜〜〜(≧▽≦)
私はコレステロール過多で死ぬんでしょうか。


というわけでブラボーヨルイチでした(^ー^)

分かり辛かったかもしれませんがヨルイチレポートです。

みるちゃんの学習能力

みるちゃんちは二階建てです。
で、二階には赤外線ホットスポットがあります。
赤い光で夜中付いててもカメには見えないから睡眠を妨げない。
ってやつ。
一階にはふつうのバスキングスポットがあります。
当初はちゃんとしたハチュ用UVバスキングライトでしたが
今やただの白熱球です(爆)
バスキングするにはちょいとぬくさが足りないかもしれません。

だからみるちゃんは
あったまりたい時はちゃんとお二階へ行きます。
謳い文句によるとライトが付いているのは視認出来てない筈ですが
そこがぬくいと記憶してるんでしょう。
冬等は夜たまに起き出してきても、迷わずそこへ行ってくつろいでます。

その赤外線ライトですが、サーモに繋がっているのである一定温度以上に
なると、勝手に消えます。
サーモのセンサーをたまにみるちゃんが一階のスポット下へ
運んでしまう事が有りますがそういう時も消えます。


実はちょっと前からこの赤外線ライトが付いてない事に気付いておりました。
でも、またみるちゃんがセンサー悪戯したんだろうな、と思ってましたが
ここ数日一気に気温が下がりましたよね。
ぶっちゃけ私は寒いです。
だからセンサーをちゃんと元の位置に戻しておいたのですが、

赤外線ライトは付いていません!!


はい、たま切れでしたorz

寒いと感じたみるちゃんはその付いてない赤外線ライトの下で
うずくまっていました。
付いてないなら、一階のスポットの下の方がまだマシだと思いますが、
二階の方があったかいと記憶してるのでしょうね。
頑に二階の赤外線ライトの下に居ました…………

が、みるちゃんはオバカではありません。
2〜3回その行動を繰り返していましたが、あったかくないと
学習し、その後はお二階へ行くのをヤメました。

さて、おねいちゃんは気付くのは遅かったけど購入は早かった。
ソッコーでその場でネット注文したので
次の日には届きました。
みるちゃんがライトの恩恵に与れるのは更に次の日の朝です。


が、もうあったかくないとあっさり学習したみるちゃん、
朝今までの通りお二階へ行こうとはしませんでした。
ので、おねいちゃんがワープさせました。
空中最短距離ワープです。

あったかくてそのままくつろいだみるちゃん。
さて、明日の朝はまた学習して赤外線ライトの下へ
自分で行ってくれるでしょうか(^ー^)

続 水族館

さて、このままでは新江ノ島水族館は
ホウボウちゃんしか居ないのか?
てな風評被害が広まると困るので
その他のお魚達を紹介したいと思います。

ここの水族館、なんか凄くイイんですよね〜

写真撮ってもガラスに写る人間どもが無いんですよ。
写り込まない様に明るさの調整とかしてるのかなあ。
あと、水槽内の壁面がキレイで、これもまた撮った写真の
印象がいい。
実際水槽前で観察してる時はお魚しか見てないから
その他の事なんて大して気にならないのですが、
この、ガラスの映り込みが無い事と水槽内壁面が綺麗な事って
凄く大事ですよね。とても気に入りました。

加えて、大水槽のガラスが湾曲してるせいか、お魚を目で追っても
水槽酔いしなかったです!
地味に素晴らしい水族館でした。
オススメです♪

では写真ギャラリースタート!
いくら水族館の設備がよくてもさすがに写真の腕までは
サポートしてもらえませんけどね(^^;)

RIMG4166.jpg
先ずは食卓編(爆)
立派なスズキです♪二週間分の食料になりそうな……いやいや(^^;)


RIMG4241.jpg
ほっけ。って書いてあったんだけど!ほっけってこんなキレイなの?
普通の色も居ましたがこのコだけ真っ白!!


RIMG4225.jpg
超〜〜〜〜高級魚 アブラボウズ。
初めて見たよ〜。でも見た目も名前もかわいくないです。


RIMG4229.jpg
お気に入り♪ゆめちゃん。(夢カサゴ)



RIMG4275.jpg
超お気に入り♪♪オニちゃん。(オニカサゴ)
お鍋にするともうビックリする程美味しい〜〜〜〜(≧▽≦)



RIMG4176.jpg
アナゴ(爆)
アナゴは夜行性なので日中はこうやって寝床の中〜〜


カレイ
…違います。実はカレイです。
右側の砂の中に目が見えますか?潜ってるんです。
写真、大きくなります。


カレイのコピー
分かりやすく点線で囲ってみました。
決してまたホウボウちゃんを…等という下心ではありません。


RIMG4255.jpg
こっからはオチャメ編。えっと…多分ハコフグ?


RIMG4242.jpg
ナントカダンゴ(爆)
ボタンウオみたくお腹の吸盤で岩にくっついてます。かわいい〜


RIMG4228.jpg
ミノカサゴ普通過ぎてすいません。



RIMG4258.jpg
ムツゴロウでない事だけは覚えてきましたが…
そこまでが記憶力の限界です。


RIMG4249.jpg
ナントカフグ。名前覚える気が全く無いのバレバレ。
いい加減飽きてきましたか?もうすぐ終わりです。


RIMG4174.jpg
マツカサウオ。だったと思う。頭がね〜ちょっと透明っぽかった。



RIMG4274.jpg
お疲れさまでした〜最後タコクラゲです。
タコクラゲは樹脂で作られた物は微妙ですが、
生きてるタコクラゲはとても綺麗でした。
ここの水族館はクラゲに力を入れてるそうです。
決してホウボウちゃんではありません。


では最後に
また作っちゃったビデオ〜今回はクラゲです。


まだまだこれから

楽しかった夏休みも終わりです。
哀しいですが、終わってしまう物は仕方が無い、
次は一ヶ月後のシルバーウィーク目指して
毎日を耐え忍びましょう(爆)

さて、夏休み最後はおりおりで締めくくります。
今日は、かねてより作りたくてうずうずしていた
炙りしめ鯖寿司です♪
ひゃっほ〜〜b(≧▽≦)d

実はもう一ヶ月程前に作りたくなってわざわざ
ハンドトーチ買った物の…
鯖の季節じゃ無くなってしまったようで入荷が
途絶えてしまっていました。たまに入ってきても
やせっぽちだし。

せっかく買ったのに出番が来ない〜〜
などと思いつつ、先日またとある調理器具を購入し、
夏休み中にお披露目!の筈が、やっぱり狙った入荷に
恵まれず……
代わりに鯖が手に入ったのです。


ところでワタクシ…
しめ鯖が特に好きって訳ではありません。
塩っ辛いとヤだし、酸っぱすぎるのもイヤ。
そんな無理して酢締めにして食べんでもよくね?派です。
ですが!
ネットであちこちあちこちレシピを探しまわり
結構良さげなヤツを見つけておりました。
酸っぱすぎるのが嫌だという旦那さんに合わせて試行錯誤
された奥様の努力の結晶レシピです!!!
ええ、もちろん知らない人です(爆)

これが結構時間がかかります。
まず砂糖で締めて3時間。
次に塩で締めて3時間、
そして最後酢で締めて40分。
そして最後にバーナーで炙って香ばしさ追加ですよ〜
休みの日にしか出来ません。

そして今日の入荷に鯖!
これは夏休み最後を飾るに相応しいっっっ

じゃ〜ん
RIMG4283.jpg

うん。旨かったよ?
真剣に選んだレシピだけあってしめ鯖は
塩辛くないし酸っぱくもない。
炙った時に一応脂がはじけてパチパチしたし。

でも絶品!と言う程ではなかったな〜
でも多分鯖がまだ本領発揮じゃないような気がする…
時期的にちょっとまだ早いしね。

今回は普通に美味しかったけど
ちょっと鯖の存在感が弱い気がしました。
絶対もっと美味しい時期が来る!!ような予感がします。

鯖はリーズナブルなお魚なので度々作りたいなあ。
時間かカルと言ってもほぼ放置な訳ですし。
と言う訳で何となく伸びしろを感じる一品でした(^ー^)
次回に期待〜♪



さて、お次のアップは水族館続編です。

君は最後まで耐えられるか。

只今遅ればせながらの夏休み満喫中です。
え?ただの週末?まあ‥他の人にはそうだろうさっ

今年の夏休みは水族館へ行ってきました。
ちょっと遠出。
新江ノ島水族館です。

なぜここにしたのか。
ずばり
ホウボウちゃんが展示されてるからですっっ

ネットで「関東地区 水族館 ホウボウ」で検索したら
ヒットしたのよ〜
ネットってホント便利だわ〜
ついでに水族館にもわざわざ電話して
聞いちゃった。本当にちゃんと居るかどうか。
お魚屋さんじゃねーっつーの(爆)
きっと受付の方もびっくりしたでしょうね〜
ホウボウ目当ての人あんま居ないのでは?

開園の9時にはとっとと入館。そのまま17時まで
居座り、多分半分くらいの時間をホウボウちゃん
見つめて過ごしてきました(爆)
かわいかった〜〜〜

と言う訳でこっからはホウボウちゃんギャラリーですよ〜
最後まで見た人には特典があります(^ー^)


IMG_0022.jpg
見てよこのかわいさ♪
まるで「ウチのコ」のようなカメラ目線ホウボウちゃん




RIMG4178.jpg
まったりするホウボウちゃん



RIMG4262.jpg
出撃前の緊張感走るホウボウちゃん



RIMG4218.jpg
かわいさをアピールするホウボウちゃん



RIMG4206.jpg
何か言いたそうなホウボウちゃん



RIMG4266.jpg
夕食をさりげなくゲットしたホウボウちゃん



RIMG4265.jpg
モデルのようなお澄ましホウボウちゃん


RIMG4202.jpg
羽がキレイなホウボウちゃん



RIMG4190.jpg
素早い急旋回のホウボウちゃん



RIMG4180.jpg
まだ飛べないけどがんばるマイクロホウボウちゃん



RIMG4224.jpg
ホウボウちゃんマイクロホウボウちゃん



はあ〜〜〜〜
いかがでしたでしょうか♪
ホウボウちゃんのかわいさ堪能して頂けましたでしょうか。

ここまで見てくれた方はきっとホウボウちゃんの良さに
開眼召されている事でしょう。
そんなアナタにお約束の特典♪

じゃじゃ〜〜ん。
ホウボウちゃんの動画です!ららら〜〜
たっぷり二分、お楽しみ下さいませ〜






こんなに泳ぐの見て、それでも食べれるであろう己が恐い(^^;)

素敵な出会い

凄いレシピに出会いました。
あまりにも感動して、是非紹介したいと思ってから早‥‥一週間以上。
感動が大きすぎて文章がまとめられない〜〜〜
という訳でまとめずにはしゃぎたいと思います。
長いですよ〜文字数数えてくださいね。



たまには結論から述べましょう。
私の長文を前に挫折しこのレシピに出会えずに終わってしまう人が
出ないように。
以下の戯れ言に付き合わずに手っ取り早く感動したい方は
レシピを開いたら即造って食べてください。

http://cookpad.com/recipe/2894138



ご存知の方もいらっしゃると思いますが
最近カメレオンとお魚のご縁で仲良くさせて頂いている
うみねこさんのレシピです。
知ってる方がクックパッドやってるとかハジメテですよ〜〜
ここでもちょい感動。


ところで私は実はクックパッドは地雷です。

クックパッドってさ〜
料理苦手な人は要注意なんですよ。
特に私のように味覚をたよりに好みの味に調整が出来ないタイプの
人(レシピに忠実に造るより他に無い人)には
数が多すぎて選べない。
ただ味が濃い薄いだけでなく、調合がオカシイレシピもあるし
(いえ、ただ好みが合わないだけでしょうね。訂正します。)
聞くところによるとそもそもどうかしてるレシピも含まれるらしい。
(つまりネタ扱い?)
そして、あまりにもプロっぽい人のだと小難しい。更に
料理の達人にとっての「分かりきった行程」が省かれてる
んじゃないか?と不安になる。
その辺を取捨選択出来んのですわ。

そんな中、うみねこさんのレシピは全体的に………

地雷です(爆)

うみねこさんは……なんか料理に関してカタギじゃないような
気がするのよね〜
いや、ただ凝り性なだけなのかもしれませんが。

うみねこさんがクックパッドにいくつかレシピを載せていると
知ってからあれこれ拝見してみたのですが、
普通は無い(と思う)設備だったり
普通は手に入らない(と思う)鮮度の食材だったり
普通は今後使用しない(と思う)調味料だったりが
とにかく多い!!(ような気がする。)

加えて私は普通の人より料理に関する機材、道具、調味料の
類いの収集欲が少ない(と思う)。
つまり、あまり増やしたくないんですよ。戸棚の肥やしを
大量に抱えるのがイヤなんです。
かといってそれらを今後効果的に使う能も無い訳です。

もうこの時点でうみねこレシピは予選落ちなんですが、
今回のこのタコライス通称「ウミタコ」は
ご本人が殊の外
勧める!薦める!!奨めるぅ〜〜!!!

いやだからって造ったのは断れなかったからでは
ありませんよ。
気になって仕方がなくなったのです。
ご本人曰くの
説明が出来ない程の未知のうまさ。(←地雷臭プンプン)
頬張ると思わず東の空を見つめてしまう。(←造るのに徹夜が必要なのか?)
このレシピで世界征服目指せる。(←いい感じに自信満々)
絶対後悔させません。(←そう言われると邪心がうずく(爆))

これはもうB型の好奇心あおってるとしか思えません。
ええ、そして取っ捕まった訳です。
特に最後の「後悔させない」は是非試して
「え、別に普通だったよ?」とニヤリしたい(大謎)


という訳でご本人に最終確認させていただきました。
買う気が無い材料、道具が無くても大丈夫か。
一応レシピをポチットなしなかった方々にも見せつけるべく
一部貼付けます。
1


フープロは‥手回しフードカッターで代用可
ハチミツは…砂糖でok(メイプルは却下された=)
チリソースは…同分量のケチャップで可
プリッキーヌとやらは…鷹の爪粉砕で可

その他初心者かめちゃん向けに細かいアドバイスも
盛ってもらって、いざ決行!

決行日はもちろんお魚屋さんの夏休み中です!
ええ、材料がお肉ですから♪

結局、あまりにも代用品使っては感動の味から
遠くなるのでは?という不安のもと、
ハチミツは買いました。
チリソースは…造りました(爆)
ていうか、チリソースって何?
会社の同僚に聞いたら
「チリソースって各国のがそれぞれあるからどれの事
言ってるのか分からない」との事で参考にならず。
ネットで調べたら、チリソースって打ってるのに
軒並み「スイートチリのレシピ」ばっか。
という訳で造ったのはスイートチリです。
スイートで良いかどうかを質問する時間は無かったので
まあ、ケチャップでいいならスイートでもいいかと(謎)
勝手な判断で決行。材料家にあるものばかりだったからね〜♪
買うと決断したハチミツをここでも消費するのも気に入ったし〜


造り方はとにかく簡単でした。
ただ……やはり料理苦手な私は悩みます。
お肉に……下味はつけなくて良いのだろうか…。
うみねこさんは先に書いた通りカタギっぽくない
というのがネックになって、
実はお肉にあらかじめ塩を降る、というのは
料理界では「当たり前の事」なのでは?
だから省略されてるのでは?
そんな疑惑に小一時間(嘘)

結局、
「レタスは包丁使わないように」とか
「鷹の爪は一本ずつ入れて味見するように」とか
「トマトを入れる前に味を決めましょう」とか
事細かにアドバイスくれたうみねこさんだから、
もし下味が必要なら多分言ってくれた筈!
と、なぜか信頼して続行しました。


そしてその結果………
大感動の嵐が押し寄せたのです!!!

確かに
未知の味でした。(しかも次の日には記憶が消え、
おかげで二日目も再び同じ感動を味わえました。)

確かに
東の空を見つめました。(ウチはちゃぶ台に向うと
東を向く事になります。ええ、偶然です。)

確かに
人様のレシピだけどこっそり店出そうかと思いました。
(レストランやってる友人が居たら絶対レシピ売ってます。)

確かに
後悔しませんでした。ていうか己の行動力に
感謝までしました。頭の中は次のお魚屋さんの連休
いつなのか?で一杯です(意味不明)

そして
ご本人もブログで
「度々人に奨めてるけどあまり実行してもらえない。」と
宣うておられますが、

確かに
会社の同僚にどれほど美味しかったか力説しましたが
まるっきり伝わりませんでした(爆)


きっと選ばれた人しかこの感動への道を進む事が
許されていないのでしょうね(大謎)
自分が「選ばれた人」側に立てた事に満足しつつ
かめいちジャーナル「味覚への挑戦」を終え‥‥る前に
ウミタコに選ばれた私のスペックを公開しておきましょう。
我ながら
どこからどこまでもただひたすら「資格がない」ように
思います。
それでもこんなに感動したんです!だからアナタも!!


・タコライスが沖縄料理だと知らなかった。
・普通のタコライスは食べた事がない。
・そもそもタコライスに興味が無い。
・タコライスだっつってんのにサルサソースいらないかな?と思った。
・ご飯やパンと生野菜のコンビは好きじゃない。
・特にトマトが好物という訳ではない。
・特にカレーに目がないという訳ではない。
・調味料の品質に無頓着。
・お魚料理以外の料理に関心が薄い。


RIMG4151.jpg



うみねこさん、この度はありがとうございました。
ご許可くださったのでありがたく
ボッコボコのギッタギタに書かせていただきました。
お気に触りましたら西の空を見つめてください。



なぜそんなに

時間がかかるのか‥

ええ、うりちゃんのセミを食べる時間なのですが…
思わずじっと観察してしまいました。



セミを見ると大喜びでパクっ♪

もりもり♪

くわえたまま真っ黒になる(体色が)

そのまま寝てしまう。

ふと思い出した様にムシャムシャする。

また寝る。

ちょっと上向きになってムシャムシャする。

バランス崩して枝にぶら下がる。

踏ん張れないのでそのままフリーズ

助け起こすとまたムシャムシャ。

ようやくほとんどを食べ終わるとご機嫌カラーになる。

通常色にもどる。

食べる前よりシャキッとした姿勢で枝に留る。
終了。


とりあえず…気に入っている…かな?

世の中お盆です。

つきましては遅ればせながら明日から夏休みです!

いえ、私ではありません。
お魚屋さんのです……orz


と言う訳で今日はお魚屋さんの夏休み期間中を
私が乗り切る為の最後の仕入れの日!
朝から気合いを入れて電話します!

第一希望………入荷無しorz(1kgサイズの鱸を狙いましたが今日のは小さい)
第二希望………玉砕orz(ホウボウちゃんでしたが開店3分で売り切れ)
第三希望‥‥‥惨敗orz(カイワリでしたが開店3…以下略)

という散々な結果に……

まあそれでも仕事帰りに寄って、
まあそれでも何とか大きめを確保してくれてた鱸を頂いて、
さらに明日から連休と言う事でオマケもちゃっかり頂いて、
なんとか凌ぐ事が出来そうです。

店長さんいつもオマケありがとう!
来週必ず甘いもの持ってくから!(店長さんは超絶甘党(^▽^;))

どう食べるのがオススメ?

町のお魚屋さんでも、スーパーやデパチカの鮮魚売り場でも、
よく聞くフレーズです。

「このお魚、どうやって食べるのがオススメ?」

もちろん私も聞いた事ありますが、
まず、何の魚で問うても
「お刺身がオススメですよ〜、後は塩焼きでも煮付けでも……
なんでも美味しいです!」

そう、どの魚で聞いても答えはコレ。

いや、そうだろうけど、そういうんじゃなくて
なんかこう………
そのお魚の良さを最大限に引き出す本当にオススメのさあ〜〜………


などと思う訳ですが…
でも実際、ネットとかで調べてみても
まさに十人十色。
同じ魚に対しても意見が違う。下手したら美味しいと思うかマズいと思うかさえも
違う。
結構人それぞれなんですね。
「美味しいお店」として有名になる店が有るイコール
基本的に多くの人が美味しいと思う味というのは有るようですが、
どのお魚が、どんな食べ方が美味しいか。
それは結局人それぞれのようです。

だからお魚屋さんに根性で聞いてもしょうがないんですね。


どんなお魚もお刺身か塩焼きか煮付け……



そう諦めてた今日この頃、
とうとうハジメテのシチュに当たりました。
お魚の種類は……
すみません。伏せます。
ネットでも賛否両論。そう、美味しいかどうかは人それぞれなんです。

そのお魚はずっと憧れてて…
でもそこそこ高級魚の類だし、サイズも大きめだし、でいつも遠巻きに見つめて
いたのですが、
その日、半身になった状態の物が
焼き、煮付け用としてリーズナブルにラインナップされておりました。
ちょっと日が経ってるので一応お店的には「お刺身はナシ」です。


「アクアパッツァがおすすめですよ〜」


おおおおおおお!!!!!
刺身はナシとはいえ、塩焼きでもなく煮付けでもなくいきなり
アクアパッツァ!!!
洋食かよ!!!!
お魚屋さんが洋食を薦めるの初めて聞いたわ(爆)
たまにムニエルは聞くかもしれませんが
アクアパッツァか!

それは‥望む所です。
でも、半身とはいえ3食分くらいあるし、
他の料理でももちろん試します。

初日。
先ずは兜とカマを塩焼き♪
マズい筈はありません。

……………が…………!
う〜〜ん。微妙?
皮固い。身もちょっとゴムっぽい。
お魚自体の味は……余りしないというか、しない様に
無意識に飲み込んでいると言うか……
なんだろう?焼き加減悪かったかなあ……

と、あまり幸せでは有りませんでした。

そして今日。
ではアクアパッツァにしてみましょう。
わざわざアサリは買って来ないので、まあ、ナンチャッテです。
香草焼きをワインで蒸す。プチトマトとピーマン入れる。くらいですが…

うん!
おいしい!
ていうか、塩焼きの時に感じた微妙さがカバー出来てる感じ♪



……………
そうか。そういう事か。
多分、お魚をそのままの状態で楽しめる物はテンプレ通り
「お刺身がオススメ〜もちろん塩焼き煮付けなんでもおいしいよ〜」
になるんだ。

いきなりそれらをすっ飛ばしてコジャレたメニューが出てきたら
もしや要注意?!
例えば臭みがあるとか、クセが強いとか、固い……とか…
気にする人が一定数存在する種なのかもしれません。

ムニエルと言えば‥の定番のスズキも
人によっては結構好き嫌いが別れるらしいですし。
捕れる地域によっても相当味が違うらしいですしね。
そもそもお刺身も美味しいですが、
一般的にはお刺身というより「洗い」らしいですし。
きっと苦手だと思う人がそこそこ居るんでしょう。




さて、そんな私のアクアパッツァ最強オススメのお魚は
ずばりホウボウちゃんです!
今回の記事の流れでいくと
じゃあ、ホウボウちゃんはガッツリ洋食にしないとクセが強いのか。
って事になりそうですが、
大丈夫!
お刺身も塩焼きも煮付けも更にはお鍋や椀だねにもお薦めです♪
ネットでも賛否両論じゃありません。完全に好きな人ばかり♪
ただ見た目は賛否両論ですが……
へんだなあ。あんなにカワイイのにグロテスクとか言う人いるんですよね〜
わからんわ〜〜〜

人の好みってホント千差万別でおもしろいですね。
いや、カメもそうですけどね(^ー^)



明日は例の微妙なお魚でプチお鍋です♪
さて、美味しく頂けますでしょうか(^m^)

憎んでいた食材 後編

オニオンフライ
人生でハジメテ「串カツ屋」に行ったのは結構幼い頃です。
父に連れられて……

串カツってちょっとワクワクしますよね。
普通にトンカツ食べるより、あのクシに刺さってる感じが?
子供心にウレシイのかもしれません。
オトナになった今でも結構うれしいです。

さて、子供ですからあまり変わり物は頼みません。
普通にトンカツの串カツ♪

期待を胸に込めかぶりつく!
おいしい〜〜〜〜(≧▽≦)
クシに刺さってる屋台感覚、外食、おとーさんが気に入ってるオトナの店(謎)
三拍子揃った旨さ♪
好きな物を好きなだけ頼んでいい特別感。

そんな楽しい気分をぶちこわしにした…
串カツの間に挟まってるタマネギ!!!

ちなみに私はタマネギは嫌いでは有りません。
いや、むしろ好きです。
だから!!
だから!!!!
だまし討ちは嫌いなんです。
ハンバーグと称してオカラだったりツミレだったり。
焼鳥と称して魚だったり。
トンカツと称してタマネギだったり!!!
オカラもツミレも魚もタマネギも全部普通に好きだから
騙さないでくれ〜〜〜〜
誰だって「プリンだよ」と言われて茶碗蒸し食べたくないだろ〜?

焼鳥のネギマはまだマシです。
だって見たら分かるもん。でも串カツは衣があるから分からんのです。
好きな物を好きなだけ頼んでいいのだから
カツがもっと食べたければ頼めばいい環境だった‥
でもちがーう!!
そうじゃない!!!!(≧△≦)

そのトラウマ(謎)でオニオンフライはまったく興味なかった……
これは長いですよ〜30年くらいかなあ。

それが!
つい最近、
お魚をよく食べる様になって、ハモとかスズキとかはとにかく
フライが美味しくて…
でもお魚ばっか食べるのもな〜と何か野菜をフライにしようと考え…
まあネットを調べても筆頭はタマネギ。
ウチのストックにあるのもタマネギ。

そんな経緯でオニオンフライを作る事になりました。
そして……
揚げてると漂ってくる甘い香り〜
出来上がったオニオンフライのおいしさ〜〜〜〜〜♥♥
下手したらお魚忘れるくらいの旨さ。

こんな美味しい食べ物を
あの恨みで30年も封印してきた今までの人生………
まあ…損したかどうかは微妙ですが(笑)

いやまあ、それでもカツのふりして半分はタマネギとか、
今でもイヤですわ(爆)



そして………
そんな恨みのある食材がもう一つ。
これはまだ克服しておりません。

ずばり
タラです。

タラ。
関西から越してきてからというもの、ここが東京でも更に山奥というのも
あるでしょうが…
食卓のお魚の種類が極端に減りました。
関西と言っても別に漁港に近かった訳でなく…母に言わせれば
大した事ない地域に住んでおりましたが
それにしても!
東京に来て以来お鍋と言えばタラしかない!
スーパーにはうれしげに「塩タラ」「甘塩タラ」が並ぶ。たま〜に
「生タラ」。
なにその…レアものみたいな顔して並ぶ…所詮タラ!
タラ各種!

でも!以前テレビでやってた番組で
鍋といったらタラ!
もう、本当に美味しいタラ!
などと大絶賛でした。鍋と言ったらハゲでしょ(カワハギ及びウマヅラ。母はウマヅラはダメだと宣ったが)
な私にとってビックリな芸能人発言。
芸能人と言えばお金があって美食家。みたいなイメージがあります。
そんな人(この時はマツコさん)が鍋と言えばタラなの???
そんなにおいしいの?
スーパーのタラは別物なの??


答えは…
己の舌で来年早々に出そうと思います。
例のお気に入りのお魚屋さんで!
冬は連日「お刺身用」のタラが入荷されてるのは今年確認済みです。
もしや、それをお鍋にすれば、
もしかしたら美味しいのかもしれない。

魚が無い代名詞の「タラ」。
私の中での敗者復活戦…
…………フフフ
結構楽しみです。

憎んでいた食材 前編

ええ、別に嫌いな訳じゃないんです。
ただ‥
出会いが悪かった?タイミングが悪かった?
人付き合いでもあるじゃないですか。
なぜか会った時につまらん流れになって
結果悪印象‥‥みたいな?
悪印象だったのでその後努めて会わない様にしています。
みたいな?

食材にもそういうのがありました。
はい、過去形です。その後ひょんな事で和解し、
結構良いヤツだと分かりました。今じゃ超仲良しの部類です。
高頻度でお世話になっています。
今までの非礼のお詫びとしてご紹介致しましょう。





エノキ茸

ある日レストランで大好物の「キノコのホイル焼き」をオーダーしました。
家ではなかなかたっぷり食べれないキノコ、
楽しみだな〜美味しいキノコいろいろ盛り沢山だよ〜〜(^ー^)
種類が多いのがお外ゴハンの醍醐味よね♪


ところがぁ!!!

なんじゃこりゃ〜〜〜!!!!
9割エノキじゃないか〜〜〜〜っっっ

そっからです。私がエノキを食べなくなったのは。
要らねーよ。エノキなんか!
その後一切買いませんでした。
エノキなんか無くたってお鍋美味しいし〜。

ですが……まあたまにはお鍋の具材が理想通りに
揃わない事も有るのです。
又は予算の都合で椎茸なんか高くて買えない、なんて事も
大有りです。

あの大激怒のホイル焼きから少なくとも20年は経っていたでしょうか。
とうとう禁を破りエノキを買ってしまいました。

え?ナニコレ
めっちゃ旨いやん(≧▽≦)


エノキさん、椎茸の代わりになるとは申しませんが、
でも居てくれた方がいい!断然いい!!!
お鍋にも炒め物にも!
こんな美味しくてお財布に優しいキノコをどえらく長い間
封印してたなあ〜〜
まあ‥‥人生損した…とまでは思いませんが(^^;)
そしてやっぱり「キノコのホイル焼き」とか「キノコのバターソテー」とかが
半分以上エノキだったら怒りますが。
少なくともオーダーする時はこころの準備はするようにしましょう。


つづく

今年初!!


うりちゃんお待たせ〜〜〜〜(≧▽≦)

今年初のセミゲットです!


もう、袋(いつもスーパーの小袋に入れてる)からセミがチラっと見えるやいなや
あ〜んパクッ あ〜んパクっを連発(笑)

まて、もうちょっとまて、慌てんなっっ(と慌てるわたし)
あ〜んパクッ あ〜んパクっ

そしてようやく噛み締めました♪
お待たせです〜〜〜(^ー^)

うりちゃんの口は大きいですが、それでもアブラゼミはもっと大きく、
思いっきりかぶりついてもセミの後ろ半分は口の外。
それを良く噛みながら少しずつ食べすすめ‥‥一休み、 食べすすめ……
を繰り返すのですが、
良く噛んでるうちにだいたい千切れて胴体の後ろ半分は落っことします。

他所様のカメレオン達もそういう感じになるコが多いようで
ハチュ友さん達と集った時にセミの後ろ半分の話しになると
全員口を揃えて
「一番美味しいところなのにね〜落っことしちゃうよね〜」と……
ええ、もちろん私も常々そう思っておりますよ。

…………
一番美味しい所?
それなに?なんで知ってんの?
一番オイシイの???マジ?



多分……ですが、
多分誰もセミは食べた事無いと思うんですよ。
もちろん私もありません。
ではなぜそう思うのか…(笑)

私の推測は‥‥ですが、
噛み切られ落っこちたセミの胴体の後ろ半分(通称おしり)
の切り口を見ると
ほぼ空洞の中になにかトロっとした褐色の物が入っていました。
喩えるならば、エビの頭の中っぽい…でしょうか。
だからきっと「美味しそう♪」って思うのかもしれませんね。

ちなみに羽はごま油の効いた韓国海苔に見えます(爆)



ついでに
なんとなくうりちゃんの顔の大きさとセミとの対比を己に置き換えて
考えてみました(大謎)

私が…
伊勢エビを頭からマルかぶりしている感じでしょうか。
想像しただけで口の中怪我しそうですが……orz

でも幸いな事に一番美味しい所(頭の中)は落っことさずに前半戦で
味わう事が出来そうです♪
意味不明な想像でしたね。すみません。



さて…そろそろうりちゃんも食べ終わったかな〜
かれこれ40分くらいかかってんじゃ?(^▽^;)
少し一服を挟んでから例によって落っことした
一番美味しいとこ
拾って差し上げたいと思います(^ー^)


※ちなみに回数を重ねるごとに慣れてきて、スーパーの袋見ただけで反応するようになります(笑)
プロフィール

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ