やっぱり

ナマってます。
いえ、関西弁だと言ってる訳ではありません。

今日は久しぶりに定時生還。
しかも家でのノルマ特に無し。

ゆっくりできるぞ~~~~♪♪

という訳で、何日ぶりか、何週間ぶりか、
やっと弱音ペダル解除でおピアノをば…。

30分でくたびれました。
やっぱり相当鈍ってますね。

それでも以前の様に数日置きにやってた時よりは
マシですけどね。

久しぶりにちゃんとやると、
結構要らない力が抜けてたりするんです。
お、ちょっといい感じ?

でも調子こいて真剣にやりだすと
やっぱり力み始めてる…。

一番最初が一番マシな音だったなあ。

指が動き出してくると音が固くなってくる…
ううむ……反比例?パラドックス?本末転倒?
こういう場合なんての?

ついでに文体も最近いつもと違う感じ。
私だれ?

びっくり

ずっといそがしくて、
おピアノは時間外に弱音ペダルでちょっとだけ。

弱音ペダルだと音が全然分からないから
そんなんでやってても意味ない、というか
変な癖つくんじゃないかとか思います。

主に三連符の練習とかをしてるんですが、
もちろん、左手が三連符のところは左がウルサく
ならないようにならないように~~

ずっと弱音ペダルで弾いてると
なんかうまく行ってるような気がするんです。
多分高音の方が聴こえやすいからだと思うのですが…

で、たま~~に早い時間に弾ける日があって
弱音ペダルを解除したりすると…

ええ、弾けてる訳はありません。

それどころか、弱音に慣れてたので
生音のあまりの大きさにビックリ

思わずチキンになってコソコソしてしまいます。


ていうか、
ウチのこの部屋でこのおピアノで
小さい音ってどれくらい小さくできるのか、
大きい音ってどれくらい出るべきものなのか、

実は未だ知りませんorz



おピアノってそれこそ近所迷惑になる程の音量がでるじゃん?
CDの音量絞ってこっそり聞くような弱音なんか出る訳無いじゃん?

もちろん今の私の音は全体的に真っ平らで
強弱も希薄だとは思うんですよ。
でも、そうだろうと想像するだけ。
一体どれくらいのレンジがあるんでしょうね。

だってさ、真っ平らだろうとは思っていても
それがちょうど中間の音量に位置してるかどうかもわかんないじゃん?

大きな音側に寄ってない事だけは何となくわかりますけどね?

生きてます!

え~~。
生きてます。はい、

おピアノも一日10分はやってますorz

なんでこんなに忙しいの~~~
喜ばしい事だと思う様にしてますが、

もうイヤ!


ゆっくりステンドグラスおピアノやりたいよう~~~~

ハジメた話し(芸術の秋後編)

さて、突如さした希望の光…(前編はコチラ

あれは一体どういう経緯だったのか…まるっきり分からないのですが、
まあ、何かネットサーフィンでもしていたのでしょう。

で、ふと見つけたんです。
ご家庭用オーブンでガラスに絵付けができる絵の具

謳い文句では、コップとかに絵を描いてオーブンで焼き付けて、
そのコップはちゃんと食器として使ったり洗ったり出来るとの事!!

ガラス相手ではアクリル絵の具でもなんでも、描いた後爪でコリコリすればスグ
剥がれ落ちてしまいます。
それが洗っても大丈夫とは!!

十分です♪

そのアイテムを発見したとき、何故だかスグにステンドグラスに興味がシフトしました。
そして、
そうです。この時代、何かに興味が湧けばすぐ本屋、ではなくネット♪
その気になるのが休日だろうが仕事中だろうが真夜中だろうが。
ネットってホント便利ですね。

そして見つけてしまいました。
ステンドグラス講座。動画で!無料で!!!
しかもタイトル「ガラスカット集中講座」!!!

その動画を見てて沢山のキーポイントがありました。

型紙は一回り小さくは切りません。そのまま切って下さい!

ガラスに型紙は貼りません。油性マジックで書き写して下さい。

ルーターは1パーツ10秒です。


なんとナント!

私がめんどくさいと思ってた事は全てやらなくていい!!

そうそう、前述の型紙を一回り小さく切る時の己の葛藤。
これも私の心の叫びが聴こえていたのか。

初心者の方はどうしても大きめにガラスを切ろうとします。これは失敗しても大きめなら
  ルーターで削れば良いという心理が働くからです。でもそれをするとルーター作業は大変です。


そう!そうなんですよ~。
まず型紙を一回り小さく切る時に
「小さ過ぎるとあとで半田の縁がごつくなっちゃうしな~」と躊躇。
さらにその躊躇した型紙をガラスに貼って、それに沿ってカットする時に
「型紙を小さくしたから」と不必要に意識して気持ち大きめにカット。
で、気付くと大きめのピースだらけで全部合わせると当初のプランのスペースに
まったく収まらないと言う羽目に……
そしてそれをルーターで地味に整形するのですから。哀しい作業の連続です。

でもこの講師さんのやり方では
まず「型紙を小さくした」という意識は湧きません。小さくしてないんですから。
で、それをマジックでガラスに写すのですが、カットのコツとして
「ピースにマジックの線が絶対残らない様に」なんです。
考えてみれば当たり前なんですが、結構目から鱗でした。
この方法だと己の気持ちがどうであれ、絶対当初のプランより大きなものが
出来る筈ないんです。

え?失敗したら…の懸念が消えてないって?
実はそんなルーターで削って何とかなるようなささやかな失敗なんぞ、ほとんどないんです。
ええ、失敗の時はピースは真っ二つですから(爆)


そんなこんなで、この動画内で講師の方のガラスカットの早い事速い事!!!
もちろん慣れてるからもありますが、その速さは只の慣れではなくコツの集大成なんです!

こうすればガラスカットが楽しくなります。

やってみたい~~~~(≧▽≦)

もうね、直ちに納戸の最奥から掘り出しました。
お陰で部屋中ゴタゴタです。

ええ、おかげさまで昔に比べて楽しく製作出来ました♪
後は慣れです。
そう、慣れだと思える事が肝心なんです。

何でもそうですが、最初からうまく行かないのは当たり前。
ただ、うまく行かなかったとき、
練習すれば何とかなりそうだという希望が見える時と
打開策が見えずウマク行く気がまったくしない時とありますよね。

10年前は明らかに後者でした。
むろん後者でも
才能があったり、必要に迫られてたり、続けるしか無かったりすれば
そのうち打開策も発見出来るでしょう。
ただ、ちょこっとやってみたかった、などというショボイ動機では
あの時の私には無理でした。

そして加えて今回は、ちょうどいいチャンスをモノにしました。
仕事で物販のイベントがあったので
それに合わせてコッソリいくつか作って出品してみようと。

やはりおピアノもそうですが、趣味とはいっても期限があって、半強制的になると
エンジンかかります。
趣味なのになぜ半強制しなきゃならないのか、それは趣味じゃないのでは?
若い頃はずっとそう思ってましたが
ぐうたらな性格だと、いくらやりたいと思っていてもなかなか進まない。
そういうタイプにはたまの期限付きはいい刺激になるなあと最近思う訳です。

そんな訳で、残業の中さらに勝手なノルマでちょっと大変でしたが
無事目標個数達成♪
そして完売(≧▽≦)

我ながらちょっとイイ手応えでした。


さて、なんだか今はとてもルンルン気分(←死語)
これからあれやこれや造りたいなあ♪
ただ……散らかるんですよ。部屋が。
せっかく快適なリビングを手に入れたのに。
ええ、作業スペースはリビングですがナニカ?

で、考えた。
部屋や作業スペースがドッ散らかるのは仮置きで作業してるから。
道具も材料も置き方定まらず全て床に散らばるからです。

という訳で、快適にいつでも作業出来る様に
場所を作らなきゃ♪


そう、今まで通りこの資材を納戸の最奥にしまうルールだと
散らかりっぱなしか二度とやらないかのどちらかになってしまう!

リフォーム後開かずの間だった納戸の中に棚作って整理して、
そうだ!そこに作業スペースの一部を……(#^ー^#)
道具は全部ワゴンに乗せて~~
ガラスの破片が飛び散らない様に机にバリケード付けて~~


ううむ……そして気分は
プチ模様替えにシフトしていくのでした…orz



ヤメた話し(芸術の秋前編)

最近、新しい趣味始めました。
たまには冒頭ネタバラシしましょう。
「ステンドグラス」です。

新しい……というよりは実はこれもお得意の「再開」なのですが…

始めたのはもうかれこれ…10年くらい前でしょうか…
造りたい!と思えるデザインが思い浮かんだのでまわりに先導者が
居ないにもかかわらず勝手に本見て始め……

そしてヤメました(爆)

だって大変なんだもん。
だってうまく行かないんだもん。
だって当初の目標(浮かんだデザイン)到達出来そうにないんだもん!

ちなみに私はいわゆる「もの造り」は嫌いなんです(爆)
出来上がったものが好きなんです。
この性格は結構致命傷で、何かをやる行程で
ちょっとでもめんどくさいと感じるとスグやめてしまいます。
そう、「飽きる」のではなく、最初から「やりたくない」訳ですから救い様無いんです。

だから出来るだけ造る行程で楽しみを見つけないと続かない‥。
それなのにこのステンドグラス、

1、デザインを決める。
  →まあこれは良し。そもそも決まってるからやりたいんだし♪

2、型紙の各パーツを一回り小さく切る。
  →これねえ、文字で見ると問題なさそうなんですが、実際やってみると己との格闘になるんです。なぜか。
   なぜかは後述。

3、ガラスの上に型紙を専用糊で仮止め。
  →もちろんそんな糊なんか買わないので両面テープで代用ですが…
   こんな雑用、ホントつまんない。つまんないぞ~~

4、ガラスを切り分ける。
  →メインの作業なんですが…ホント大変、とにかく大変。
  ほとんど高価なガラスを買ってきて砕いて捨ててる感じです。とにかく欲しいパーツに上がらない。

5、できたガラスパーツをルーターで研磨。
  →ガラスカットがヘタクソだから研磨というよりここでパーツを造ってる感じ。
  時間もかかるしつまんないし高価なルーターの刃がスグダメになります。

6、ガラスパーツにコパテープまく。
  →ここはようやく問題ないっす。面倒な作業ではありますが、単調作業なので
  テレビ見ながらやってればいつか終わるさ(爆)

7、半田付け。
  →ようやく来たよう~~~。私の一番好きなとこ♪何気にハンダ好きなのよね♪
  ただし、うまく行くかどうかとは別物。

8、洗浄、黒染め、仕上げ。
  →出来たもの好きにはココは問題ないっす♪問題はその後の片付けじゃ(爆)


とまあ、前途多難で未来に希望無しな感じなんです。
これじゃあ続ける筈もありません。

その上、私の造りたいデザインってちょっとステンドグラスには向かない程
細かくて…ええ、形の単純化が苦手なんです。
え?デザイン出来て無いじゃんって?まあ、そうとも言いますね。

細かいといろんな弊害が出てきます。
ホントはガラスに絵付けが出来ればその弊害のほとんどが消えるのですが、
ご存知の通りガラスにそのまま乗っかる画材はありません。
ガラスに絵を描くには、
描いた後焼き付けしなければいけないんです。
焼き付けには電気炉が必要で、中古のピアノくらいの値段がするし
デカイし重いしで、よほど本腰入れて取り組む気合いが無いと買えません。
ええ、ピアノ始める時に生ピアノを買う決心と同じくらいが
必要なんです。多分。

とまあ、問題山積みで……

好きだけどうまく行かない半田の部分は、できればいくつも作って練習したいんですが、
その手前の作業が難航すぎて、そこまで到達出来ません。

そして、いつでも取り出せる様にまとめてあった道具材料の類は、
去年のリフォームの時にすっかり片づけて、二度と出せない納戸の奥へ
埋もれる事となったのです。
今から思えば捨てなかったのは何か未練があったのかもしれません。
ええ、だってモザイクタイルの資材は捨てましたから…(^^;)



そんな私の前にある日なんの前触れも無く
希望の光がさしたのです!!


つづく(爆)
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ