うりちゃんの災難

「うりちゃ~ん、お外いこ♪」

「え~~。今日寒いのに~」

RIMG0530.jpg
「え!なによう!このまるいのに押し付けないでよ~」

RIMG0531.jpg
「うえ~~ん。どうすりゃいいんだよ~~」





「‥‥‥うりちゃん、次あっち行こっか♪」









RIMG0533.jpg
「お!うりちゃんかわいいっ!」
「え?そう?」

RIMG0535.jpg
「こうすればいいのかな?」
「うりちゃん、エラいねえ。かしこいねえ♪」







「(* ̄ー ̄*)じゃあ こゆのは?」



RIMG0537.jpg

「キャ~~~~~~~~(≧▽≦)(壊)」




RIMG0541.jpg
「どや!」
「^p3mb;lあgねlkgjem@wag;g


RIMG0544.jpg
「あ!ボクこれ好き♪」


RIMG0545.jpg
「いいにお~い♥」



RIMG0547.jpg
「お花ってちょっとイイかも♪
 ていうか おねいちゃん会社チコクだよ?」








え~~、
以上、花の大きさ対比でした。お分かりになられました?
ウチのバラのサイズ♪

秋爛漫

RIMG0300.jpg

今年からハマったバラ♥
諸先輩方にいろいろアドバイス頂いてあり難くも勿体なくも
いっちょまえに秋バラ咲きました♪

今期の一番のマイブームはこの子
イントゥリーグ

夏頃?コレと黒真珠はハッキリ言って衝動買いでした。
だって、送料無料キャンペーンだなんて言うから。
しかも、今まで大苗ばかり買ってたから、妙に新苗が安く思えて……

で、ヘナヘナの新苗はその後あまり目立った動きも無く…
この子に至っては、夏に一輪蕾が開いた物の、
花と呼ぶにはあまりにもさみしく…
ハッキリ言っていつ咲いていつ終わったのやら……

でもこの秋!
まださっぱり育ってない小さい株に三つも蕾をつけ、順調にふくらみ、
みごと!
謳い文句通りのオペラレッド?赤紫?
本当にがんばって咲いてくれました♪
先進むとまるっきり紫になります。

このバラは香りも素晴らしいと定評があるらしいので楽しみにしてましたが…
ブルームーンと似てるかも。

ジュビリーちゃんのパールの花びらとは対照的で
しっとりマット。
まるで和紙に草木染めしたみたいな、
じっくり色素が染み込んだような質感がこれまたステチ
これは想像よりも素敵でした。

これは?
いえ、黒真珠はなんとなくビミョーなんですよね…。
秋も咲いてくれてますが、
夏よりバラらしくなってきましたが…

どうもあっという間にガバっとだらしなく開いてしまいます。
しかも開ききってからやたら花持ちがいい(爆)
年輪を重ねれば麗しくなって行くのかしら……楽しみにしときましょう。


RIMG0450.jpg


これも新苗だった、ウチで今のとこ唯一の茶系です。
レオニダス

夏もしっかり咲いてくれましたが、
カタログの注釈通り(爆)夏は朱赤。

そして……
待ちに待つ事半年、やっと見せてくれた、多分本来の色なんでしょう…
カタログもこんな感じでした。

凄く楽しみにしてたのですが…
ええ、とっても好みのステチなお花でうれしいのですが……

先のイントゥリーグの華やかさと感動が大き過ぎて、
微妙に気持ちが落ち着いてしまいました(爆)

やっぱり茶系はキレイだけど地味なんでしょうね~。

ちなみに「レオニダス」はチョコレート屋さんの名前だそうですが…
この花の色で想像されるチョコレートって?
カカオ薄そうじゃね?

RIMG0503.jpg


そして真打ち!!!
愛しのジュビリーちゃん♥♥

ジュビリーちゃんはウチのバラ達の中で一番沢山蕾を付けてくれてます。
そして次々と優秀なお花を咲かせてくれてます。
とにかくみんな立派なおいしそうな蕾で、
咲き始めが美しいのはもちろん、開ききってもなおすばらしい!!
発光してる様に明るくて、

そして夏に比べてなんと大きなお花。
思わず直径計っちゃいました。

10センチ。

へえ~~10センチでこんなに大きいのね。
じゃあ、たまにカタログで見かける15センチとかってどんなん?(爆)
シングルレコードみたいかなあ?(大爆)

とにかく期待を裏切らないジュビリーちゃん。
いい子~~~。

いい子といえば、クイーン様………だったんですが、
どうもミニバラになろうと決心してしまったのか…

相変わらず香りは私はこの子が一番好きなのですが、
どうしちゃったんだろう…
ハダニダメージかなあ。

来年復活してくれます様に……。


RIMG0380.jpg


さて、このカラフルな‥‥
あれ?うりちゃん。

うりちゃんどうしたの~?
って、鼻先と嘴がボロボロですね。
これはみるちゃんとケンカしたんですorz

RIMG0458.jpg

なにげにねえ。
いいのよこの子。リトルアーティスト。
ちょっと街角で見かけた子より黄色が薄いんだけど。
いいなあ。
バラには見えないけどね。
でもこの子もいいにおい~。

そうそう、似たような一重系で、「夜の調べ」っていうのがあるみたいなんです。
もっと濃い赤で。
凄い良いのよね~。

………だから何?

いえ、なんでもありません。


RIMG0396.jpg
ジュードくん。
なんか雰囲気出して下向きな今日この頃です。
夏とは随分面持ちが違います。
開いてなおまんまるで、いつまでたってもそのまんま。
なんだかウチのベランダの格調がやたら高くなったように見えます。


RIMG0362.jpg
え~~。
最近みるちゃんがアップばっかりなのは、
引きで撮るとみるんちが散らかり放題汚れ放題なのが写ってしまうからです(爆)


これでおしまい。
お疲れさまでした~~~~。










RIMG0023.jpg

おおおおおおおお。
これは????!!!!

一難去ってないのにまた一難

新しい一難はズバリ3連符ですorz。
(現行一難はアルペジオです。)

今はチームツクソナとして(謎)某麗人がレッスンしてるソナチネを
シンクロ練習してる私、今回の課題はソナチネアルバム1-13
ハイドンです。

ハイドンは好きです。
ファジル・サイの演奏のCDを聴いて好きになりました。
ハイドンはみんな子供の頃やるだけだけど、ちゃんと弾くととても
素晴しいんだと彼は宣うております。

はい。私も子供の頃ちんたらやったようなやらなかったような、
発表会で子供の演奏を聴いた様な聴いてない様な…

でもモーと一緒でプロが弾くとホントキレイです。
音がキラキラしてるし。
だから好き。

という事は、自分で弾くと嫌い。という事に?




はい、この13番、とにかく最初から最後まで左手も右手も
かわりばんこに3連符。
CD聴くと、いつ右手にバトンタッチしたのか解らない華麗さで
ず~~~~~っと3連符


これはもちろん軽くかわいく弾きたい訳ですが……

私は軽く弾こうとするとどんどん鍵盤が遠くなって行くという癖があります。
どうしても手が逃げるんですよね。
これは最近ずっとやってるアルペジオでもそうなんですが、
アルペジオでは毎日の黙々練習(甘査定)でだいぶ鍵盤に張り付いていられる
ようになりましたが、(当社比)
3連符になったとたんまた!!!

また離れる!!!

離れるなっっっ


離れてちょっとだけ触れば軽くなるとどうしても思っちゃうんですよね~。
でも実際は離れると鍵盤が下がらない(届かないから)

というわけで力を入れて鍵盤を押す。

力加減が難しく音がでかくなる。

伝わる力を減らそうと更に離れる。

の悪魔のループ開始!


しかし今の私は違う!
そう、レッスンは休んでても頭はボケてない!(つもり)
離れちゃ行けないんだと言う事に気がついて
必死に気をつけます。

すると悪魔のループが………

離れないように鍵盤に意図的に貼り付く。

音が大きくなっちゃう(><;)という錯覚で鍵盤の手前に
重心を逃がす。

腕の重さが逃げてる(逃がしてる)ので指に力を入れないと
鍵盤が下がらない。

力加減が難しく音がでかくなる。

おや?ここはさっき通った道?
母ちゃん。道に迷っちゃった

やっぱり悪魔ループの類似品、妖怪のループに………orz



うんにゃ。
ここで負けてなる物か。

頭がぼけてない私は「鍵盤の手前に重心を逃がしてる」事に
気付いていますっ。

ならばそこを正すのみ!!!


すると?


重心が手前に落っこちないように勤めて指先へ集める。

すると力入れなくても鍵盤は下がる♪

小指がその重さに負けて間接がペコる。

今度は鍵盤が下がるのにタイムラグがでる。

小指の弱さを補填する為に次弾く前に小指が鍵盤から離れる…………

気付くと全ての指が弾く前に鍵盤から離れてバタバタしてる

上から指を振り下ろすので音が大きくなる。

力加減が難しく音がでかくなる。


ママ~~~~~っっっっ!!!!


なに?ハイフィンガー奏法?
これが?違うだろ。違うよな?
それくらいオバカな私にだってわかるもん


普通に。
普通でいいから。
余計な事しなくていいから。
ただ鍵盤に乗せた指を下ろすだけ。
ね?
頼むよ。

ゼラチン復活っ

RIMG0022.jpg

ヾ( ̄∇ ̄=ノ

アスカマン近況報告

全国の地球を守りたい皆さんこんにちは、かめいちジャ‥‥‥
いや、このシリーズは別にジャーナルじゃなかったですね。


さて、先日ご紹介したアスカマン、覚えてらっしゃいますか?(覚えてない方はコチラ
結局きちんとした実験してないので、全ての結果は主観的といいますか、
なんの立証もされてないのですが、

とりあえず、これからも使い続けるか否か?と問われれば、

ズバリ、

使い続けます

使い続けたくなる手応えですか?

ひとつ、マイナスポイントが見当たらない事!
これに尽きます。

最初の記事を書いた(アスカマンを使い始めた)のが7月末なので
そこから一夏過ぎた訳ですが、
メインのキュウリの大鉢は普通に豊作でした。
あれ以来もちろん病気なんぞ発生する事無くしっかりと実が成りました。

新品の野菜土と比べてどうか、とか
あの最初の古土100%のままと比べてどうか、とかは
もちろん分かりません。
とある文献によると、より素晴らしい野菜になるとの事ですが)

ただ、わあっと思った事、


鉢を片づけるのに土を掘り起こした時の
スコップの刺さり心地のなんと素敵だった事!
サクッ、フワッと♥

そして、埋めた筈の生ゴミやジャガイモのごつい茎葉は
何処にも存在しませんでした。

ところで、先週この鉢に残ってたのはキュウリと一緒に植えてたゴーヤだけです。
キュウリはもう大分前、そう、一度目の台風被害の時(9月頭)に
壊滅していたのですが、
キュウリの根は既に分解され存在しませんでした。
ゴーヤの根っこはしっかり張っていたにもかかわらず。

売り文句どおり、本当に要らなくなった根は分解され、生きている根っこは
残る…。ホント不思議な菌です。



ふたつ、水はけが確かに改善される事。


古土はとにかく水はけが悪くなります。
水をかけるといつまでも表面に水が残りドロドロズルズル。
これは、生ゴミ+アスカマンを埋めた後もしばらくはそうなのですが、
なんか徐々に水はけが良くなって行くのです。
気付いた時にはとてもいい感じにじんわり水が染みて♪



みっつ、土のにおいが復活する事


生ゴミが消滅したサクサクフワフワの土は、
とてもいいにおいが復活してます。
いわゆる土のにおい♪
開封したての野菜用土よりも雑木林とかの土に近い様に思います。
でもこれはもしかしたら埋めた生ゴミなどの古土との割合によるかも
しれないですが。


そしてもちろん、
紹介文通り、生ゴミや雑草、剪定枝などを埋めた上からスグに植物を
植えても枯れてしまったり弱ったりした鉢ゼロ!
コレだけでも十分です♪
植物に悪影響なく、そして、小さなプランターからヘドロになったゴミが掘り起こされる等と
不快な状態にもならずゴミが消えて行くんです!こんな短期間で。
そうそう、言い忘れてましたが、生ゴミの水気はまったく切らなくて良いんです♪
出汁パックやコーヒーフィルターの紙の部分も取り除かなくてもいい!


なんだかんだ言ってベタ褒めですね(^^;)
ええ、ご機嫌に50ℓのゴミ箱買ってきてそれに目一杯
打ち止めになった夏野菜の茎葉、根っこ、生ゴミ、古土を詰め詰めしちゃいました♪
これで来年春、野菜用土は買わずに全ての野菜を試してみたいと思います♪
またそのご報告は来年に(^0^)



すっかりアスカマンっ子のわたし、
今日はこの11月に植え込み予定のチューリップ用土を
準備しました。
珍しく写真撮ったのでアップアップ♪

RIMG0002.jpg
えっと。
鉢は11号(直径33センチ)。
これは例のキュウリの鉢です。とりあえず全部土を出しました。




RIMG0009.jpg
底にまずちょびっと(5センチくらい)古土。古根ももちろん混じってます。
説明書には新聞紙を敷く、となっています。
どうも生ゴミと一緒に新聞紙も消滅するっぽいのですが、
気分的に疑ってるのでイマイチ従わない私……(爆)



RIMG0010.jpg
生ゴミ(人参、白菜の芯、水菜の端っこ、出汁パック)
バラの枯葉、あのゼラニウムの枯れ果てた茎葉、
そして、白くちらほら見えるのは使用済み割り箸折ったヤツ!!



RIMG0012.jpg
鶏糞と水とさらに少量の古土でまぜまぜ。
そしてアスカマン一握りでまたまぜまぜ。
(アスカマンの分解促進剤として窒素が必要なので鶏糞を入れました。
ちなみに生ゴミや緑肥には窒素が含まれているので必要ないのですが、
今回割り箸が分解され辛いかな?と思って一応入れました)



RIMG0013.jpg
上から古土を5センチくらい被せて踏み固めます。
アスカマンは嫌気性菌なので、空気を抜く必要があるのです。
でもそんなに目一杯根性入れなくても大丈夫みたい。
普通に体重かけて押しこんだくらいでも分解されてたから。



RIMG0014.jpg
この植木鉢はでかいのでさらに重ねてゴミ投入!
こんどはたった今抜いてきた雑草。
そしてまた割り箸(爆)


結局全部で3層にして、最後に一回アスカマン再生した土をかぶせてちょっと踏んで終了♪
あとは11月になったらこの上にチューリップ~~♪♪



アスカマンについてのアレコレは
私が解釈したものをここに書くと、もし間違ってるとまずいので、
もしご興味が湧きましたら、
「アスカマン」「菌耕農法」などのキーワードで検索してみて下さい。

代表的な物をリンクっておきます。


ご購入はここです。下の方のリンク『「菌耕農法」でバールと金槌を使ってバラ園つくり!』が凄い!


簡潔でわかりやすいのはココ!

小難しいがとにかく詳しいのはココ!

己の姿

先日、近所のホームセンターをうろついていた時の事です。

主に外の花苗売り場を放浪していたのですが、
どこからか、なんか金属的な音が不規則に聴こえてきます。
まるで、チャリのスチールの部分を棒で叩いてるような…。

どこかでDIYでもやってるのかな?
なにせホームセンターだし。

しかし、その音は売り場内を移動しているようです。
誰か、何かを叩きながら歩いてる?!


ようやく音源が分かりました。
子供が歩きながら…

トライアングルを叩いていたのです♪

なぜかお母さんの後ろにくっついて歩きながら
楽しそうに叩いています。
多分音楽の時間に習ったんでしょうね。
私も覚えがあります♪
(いえ、歩きながら四六時中叩いた覚えではありませんが…)


ところで…
その音……

ねえ、ボク、トライアングルなんだからもっと
チ~~ンって響く素敵な音が出る筈なんだけどね、
もう少し考えて叩いてみようよ?
もっと棒を軽く持って、腕の力抜いて、

それは安価の楽器かもしれないけど、それなりに
響く筈。でなきゃトライアングルじゃない!



………

はっっ


もしや私のおピアノといっしょ????


安価な楽器かもしれないけどそれなりに響く筈。

もうちょっと考えて音鳴らそうよ。


響く筈。でなきゃピアノじゃない。


己の台詞がコダマしますorz



RIMG0126.jpg

衝撃の新事実

こんばんは、かめいちジャーナルです。

あの悲劇の神隠しから早、10日あまり経ちました。
覚えておいででしょうか、

『ゼラチン、何処いっただぁぁ~ 』

※某才人から頂いたコメントより抜粋


なぜか植木鉢と土を残し、樹体のみが消え失せたアンビリーバボーな現象、
実はジャーナル特派員は秘密裏に調査を進めておりました。

その結果、
完全に乾いた土からすっぽり根っこごと抜けてしまった事が分かっております。
手で土表面を少しさらってみたのですが、本当になんにも残ってなかったのです。

さて、いつまでも悲しみにくれていても仕方ありません。
来年、また分身に出会えます様に。
そう願いを込め、今日のこの曇り空の日、
鉢に残った古土を別箱へ移し、アスカマンで再生させておこうと
掘り起こしました。

そしたら!!!!

出たんです!コガネキッズ

そうか!神隠しはこやつらの仕業だったのか!
神々しくもアンビリーバボーでも何でも無い!

コヤツらのせいで踏ん張る根っこのほとんどを失い、台風に打ち勝てなかったのか…orz
無念……。

この恨み晴らさいでか!!!!!

恨みと復讐、心に誓いつつ、涙をこらえ黙々とアスカマンを仕込んだかめいち。
せっかくの休日、心身ともにくたくたです。

思わず、あまり立ち寄らない北側のベランダで秋の風を感じつつ
黄昏れてみました。

ふと、下を見ると、
そこは、マンション敷地内の中庭、とでも申しましょうか、
図面上では「ドライエリア」と記されている、敷地内に点在する
無駄な シェードガーデンにしたかったスペースの一つが目に留まりました。

おや?

RIMG0145.jpg

ピンクのマルの中になにやら見えます。
ちなみに私の手がかかってるのがベランダ手すり壁です。





拡大してみましょう。
新しいカメラは倍率がスバラシイ♪

RIMG0147.jpg


ななななんと!
あれはウチの植木鉢じゃないか!(爆)
そうか、台風で飛んだのね。

いえ、あれが無い事には気付いていましたが、
ただのプラ鉢だし、大事でもなんでもないので気にしてなかったのですが…。











ところで………

今回こうして拡大してみてもう一つ目に止まった物が………


先ほどの写真をもう一度見て下さい。

おや?

これは?????


RIMG01472.jpg





コレはもしや!!!!
さらに拡大してみます。
最近のカメラは無駄に解像度が高いのでデジタルズームも
普通に使えます。


RIMG0152.jpg





おおおおおおおおおおお!!!!!!!

あれは間違いなくウチの子!

ゼラチン!



遠くからでも分かる、
根っこがあまりにも少ない!

チッキショ~~コガネキッズ!


もちろんこの発見の後すぐさま救出に向かいました。

ほんの一瞬 ……
もう元の黄金比を取り戻す事はないであろうこのコ、
気付かなかった事にしよう……などという邪心がかすめた事は
永遠の秘密です。

おかえり、ゼラチン。
無惨な姿でけなげに生きる去年のあの子と同じ姿に
己もなろうとは……
運命とは残酷な物です。

でもバラでいろんな勉強した私は日々成長しています。
回収してきたゼラチンの枯れ果てた茎葉を強剪定、
メネデール溶液にて介護しております。

願わくば、また素敵なお姿に…
がんばれ!ゼラチン!!

ポジティブシンキ~ン

毎日同じ物ばっかり弾いてる事にも良い事あります。

弾いてるものに対しては、何処をどう直していいのか
わからないですが、というより
だからこそ、それ以外の、
普段ならおろそかになりがちな事とかに
意識が向くヒマ?余裕?が出てきます。


例えば、脱力とか、姿勢とか?
この辺は、意識しないとなかなか身に付かない!

姿勢に関して言えば、
私はスグに肩に力が入ってきます。
ていうか、肩が上がってきちゃうんです。
まだどこかに手を浮かせたい、という意識があるんだと思います。

本当の意味での「手を浮かせる」とか「上から吊られてる感じ」とかは
つまりは操り人形みたいに、自分自身はまったく何もせず、ブラブラ、
でも吊られてるのでその分だけ腕は上がってる、ていうイメージだと
思うんですが、
私の場合、どうしてもそれが出来ず自ら
「吊られてるつもり」を装ってしまいます。
だから、肩が上がってしまうんでしょう。

「吊られてる」のはどこから?「肩から~♪」←ハイ、間違い。みたいな(爆)


そんなこんなで、肩が上がってきます。
だから意識して下げようとするのですが……

またこれも、「下げよう」としちゃうんですよね。
「あがってる」から「さげる」
どうしても頭はそう考えてしまいます。

そうすると、
下げよう、下げよう‥‥て唱え始め、
気付くと、意識的に下げて上げない様にしている‥。

つまり、さっきと体勢は違えどやっぱり肩に力入ってる‥‥orz



そう、「上げる」でもなく「下げる」でもない。
最初から何もしない。←ハイ、正解。


なんで意識的に「何もしない」ようにしないと
何かしてしまうのか…
人間とは不思議な物です。

あ、この流れ出いくともしかしたら
「何もしない」と考えること自体
何かしている事になるのでは???

う~~ん。なんか禅問答みたいだ(爆)
その辺はそのうち気付くまで一旦保留という事にして
とりあえず
肩も腕も自分からは「何もしない」を
注意して練習してみます。
いえ、してみています。

これに集中しようとすると、とてもじゃないけど
新しい曲とかやってる場合じゃありませんよ?
だから、もくもくとアルペジオやってる間にね(^^;)


そして、脱力。
これはもちろん永遠の課題ですが、

私には脱力に関して、人様より(特に男性)ひとつ課題が多いのです。
指の力が強かったり関節がしっかりしてたりすれば、
ただ力を抜いて腕の重さだけで弾けばいいのでしょう。

私の場合は、それをすると指もぐにゃりとまがります。
だから、指は曲がらない様に意識して(力を入れて)
そしてそれ以外の力は抜く!

この作業を同時に分けてやらなきゃならんのです。

何処の筋肉に力を入れて、何処を抜くか…。
そのバランスは己で模索しなければなりません。

もう勝手に5ヶ月もやってるインベンション5番、
コレを弾くときいつもより音が大きいのですが…
(勢い良く弾こうと意識してるからだと思います)
もちろん本人的には力を入れたり鍵盤を押したりしないよう
心がけて弾いてましたが、
昨日なんとなくもう一段階力が抜ける事を発見!

すると急に音が変わったんです!
大きな音も楽に出たし、その割にあまり割れ鐘じゃなかったかなあ?と。

昨日やったばかりなので、いつものノリでいくと
今日は出来ないでしょうけど、
何となく少しずつ今まで騒いでた事が見えて来るような予感がする(←まだ相当遠いなあ)
今日この頃。

もしかしたら、今まで習慣的にやってた
「いつもの練習」「いつものレッスン」ていうのから
図らずも離れる事になった今年、
それが上手い具合に今まで習った事を整理する良い冷却期間に
なったのかもしれません‥



え?
おピアノと私、倦怠期だったの?



プロフィール

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ