FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習とは?

やっている事はなんであれ、
上手な人の動作には共通点があります。
もちろん逆もしかり、ですが。


先日、字の上手な知人が書道やってる姿を見ていました。
その書く姿はとても堂々としていて、まっすぐです。
自信にあふれているのに、決してそれは慢心ではなく、
そして、筆を置くまでの動作の一つ一つがとても丁寧でした。

硯で筆の先端を整え終わった所からすでに集中してる。
ハライの最後まで神経が行き届いてる。
心配な文字は納得いくまで先に練習してる。


私も子供の頃習字はやってたので、その時の自分の態度を
思わず思い出しました。

整えた筆を紙の上にかざしてから集中出来るまで待つ。(ボタ落ち必須!)
打ち込みの時は気合いが入ってるが、ハライやハネは運任せ。
熟語は常にセットで練習。一文字ずつとか部分練習は一切無し。


ホント、おピアノへの態度とそっくりです。
どうしても適当に音を出してしまいます。
さらっと流し弾きして、そのくせうまく行かないと嘆きます。
なんど練習しても、気が抜ける場所が同じ、
過ぎてから気付く。の繰り返し。

上手な人、そしてセンセイ。
本当に丁寧です。

センセイがお手本を見せてくれる時、
私ごとき初心者相手にでも、とても真剣に丁寧に
弾いてみせてくれます。
適当にでも十分お手本になる筈なのに。

生徒の方こそ、そんなさらっと流し弾きなんて
100年早い。



そう、練習とは、「丁寧さを身につける」練習なんですね。
いかに適当な部分を減らすか。
いかに集中力を一点に集めるか。

で、その結果に「上手になる」がもれなくひっついてくるんでしょう。


かの書道見学の時、
他にも見学者がいたのですが、見ててやりたくなったんでしょう。
その人も筆を持ってその辺に書き始めました。
とても真剣です。
間違いなく真剣にやってる様子は伝わってくるのに…
やはりハライのところは運任せになってるんです。
あれだけ真剣なのに!

最後まで集中することの如何に難しい事か!


別にコレに関しては今気付いた訳ではありません。
でも、何かを見る度改めて実感するんです。

私も前に比べればそれなりに気をつける様になりましたが
とにかくホコリのごとく、
ちょっとでも気を抜くと
あっという間にたまってしまいます。

ホント、練習は時間の長さじゃない。
もっと言うと、レパートリー増やす事なんかいつでもいい。
弾いてるものはなんでもいい。

そんな気がします。


ただ、お約束の勘違いだけはしない様に気をつけて。
そう。丁寧と慎重は取り違えない様に。
スポンサーサイト
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。