デブの予感?

なんか最近妙に燃料切れ起こします。
妙に食べたい♥

先週も仕事中、やけに疲れる、集中力が持たない、
ので、紅茶に砂糖入れて飲んだらちょっとスッキリしたり…。

今日も、お昼にたこ焼き16個も食べたくせに
晩ゴハンまで持ちそうにないので
今からラーメン食べます。
本当はサンドイッチ♪とかが食べたいんだけど
ラーメンしかないから(^^;)


なんでそんなにカロリー不足なんだろう。
成長期かな。


そ、それとも……

室温10度の小間使い部屋でそこそこへっちゃらな私…
もしや体温維持にそうとうカロリー喰ってたりして(←無自覚)

春が待てない

バラな気分も野菜な気分もマンマンなんですが…
まだ本格始動には時間があります。

う~ん。
待てないよう。


ということで、

先日買った小松菜に根っこがついていたので
それをプランターに植えました。

これで結構余分に葉っぱが採れるんです♪

ただ、この季節は‥
小松菜じゃなくて、菜の花になっちゃう可能性大なんですが…。


さて、とう立ちしたら、花芽を食べようか♪(←みるちゃんが)
菜の花を咲かせて楽しもうか♪(←わたしが)
青虫が来るまで……

うり「ていうか~。春の芋虫より今お腹空いてるんですが~~。
   コオロギでいいからもう少しジューシーなのが食べたいんですが~~

仮面の見分け方

仕事上での先輩や上司のアドバイス、
学校や習い事での先生のアドバイス、

人生でいろんなところで有り難いアドバイスを頂きながら
私たちは成長して行く訳ですが…


そんなアドバイスの中で矛盾や食い違いを
感じた事はありますか?

私はあります。そこそこあります。
アドバイスしてくれる人が3人いれば
3人が違う事言うのはもちろん、
同じ人からこないだと違う事言われる事もしばしば。

そんなとき、
私は常に「こないだと言ってる事違うじゃん」と
反発してきました。
相手を見限りもしました。

これが私の性格です。
実に、受け身。そのくせ攻撃性十分(爆)


でも、その事に気付いていて、直せない事も
分かってる私は、己の克服方法も知っています。

それがズバリ、「尊敬出来る人を探す」です。

ちなみに
「尊敬出来る人」は「矛盾した事を言わない」という
理屈ではありません。
「尊敬出来る人」が言った事は「全く疑わない」という
という法則です。




おピアノのレッスンに行くと、実はたまにそう言う事態に
陥ります。
前回の注意事項とまったく真逆に聞こえたり、ポイントが
違っていたり…。さすがに矛盾してる事はありませんが。

でも、私のセンセイが
その場だけの適当な事を言う筈は断じてありません。
だから多分、

●前回の注意事項はクリアされてて次の問題点に進んだ、とか、

●今回は前回の問題点よりもコッチの方が深刻だ、とか

●一つの問題点ばかりに偏るより万遍なく気を配った方がいい、とか

なんだろうな、と自分納得してるので、特に
その事についてセンセイに問うてみたりはしてませんでした。


でも、昨日のレッスンで……
ちょっと言ってしまいました。

「え?ここはこうするんじゃなかったんですか?」と。

別に疑った訳じゃないのですが、何となく今回は
その問題点を直すのに、今までみたいに漠然と
思い出した時に注意する、のではなく
しっかり意識してその事に集中して取り組んでみたので
ちょっと慌てたのです。


はい、懺悔すると意識的に癖を直そうと努力したのは
初めてかも知れません
う~~ん、そんなに今まで不真面目に取り組んでたつもりは
ないのですが、
「癖」と言うものは直さなくちゃと思う反面、
心のどこかで「そうそう直らない」と
決めてかかってる部分はあったので、そこが
態度に色濃く反映されていたんだと思います。

でも、カラダとは正直で、「ダメだろうけど、まあ、」
なんて気分ではまず反応してくれません。
「よしやろう!」って思ったからと言ってそうそう都合良く
出来るもんじゃないだろう、なんて
思っててもダメです。
ホント、自分は騙せないし、誤摩化せないんですね。

今回は
「やっぱ直らないじゃん、と結論づけるのは
やってみてからでも遅くはない」と思い、
なんか努力してみたんです。


だから余計に、昨日のレッスンでアドバイスが
違って聞こえた事に焦ったんでしょう。
なんで焦る必要があるのかも疑問ですが、まあそこは
置いといて(爆)


結果、センセイは勿体なくも、懇切丁寧に解説して下さいました。
前回のアドバイスは、
なかなか悪い癖が直らないから、多少大袈裟気味な
練習の仕方をレクチャーして下さってて、そして
今回、その悪い癖の方は大分改善されてたとの事、
そして、
それが直ってきたのなら、次に気を付けるべき部分は…
との流れだったそうです。


やはり、聴かずとも慌てずとも、ちゃんとそういう
メニューになってたんです。

でも、思わず聞いちゃったお陰で
今回、ちょっと苦労して練習した事にちゃんと成果が
出てた、というご褒美に気付く事が出来ました。

たまには自己納得してないで聞いちゃうのもいいかも♪
センセイにはメンドクサイ限りでしょうけど…。
あはははははは(^▽^;)

センセイスミマセン



でもまあ、この悪癖については、まだ根性で
集中しないとすぐ戻ってしまう程不安定なので、
センセイのメニューは次に進んだけど、
そのメニューはそこばかり気にしてるとスグにあの悪癖に
舞い戻る要素を十分に含んでる内容なので
引き続き意識したいと思います。

ちなみにその悪癖、おさめるのは最初物凄く
違和感で全く弾けませんでしたが、
慣れてみると今までより数段弾きやすくなるような
実感があります。


やればありますね。必ずご褒美が♪

不思議時間

昨日久しぶりに友人と会いました。
久しぶり……

実に15年ぶりです。(^▽^;)

最後の学校での友人なのですが、家が遠くて
彼女は15年前に一度ウチまで来てくれましたが
出不精の私は出向かず…
しかも年賀状さえも出さない筆無精でもあるのでずっと
音信不通になってました。

それが去年、なんでも携帯のアドレスの整理をしてたら
私のパソコンのメアドが出てきたとかで
連絡をくれたんです。

ちなみに遠くてめんどくさくて敬遠してた
そのコのおうちは、

レッスンに通う際に思いっきり通り過ぎます(爆)


まあ、住所は漠然としか知らなかったので
通り過ぎてる事も漠然としか感じてませんでしたが、
でも多分この辺なんだろうな、
そいえば昔遠い事を理由に一度も来なかったなあ、と
常に思い出してはいました。

去年連絡もらってから、会おう会おうとお互いの
スケジュール調整を試みてたのですが
何かと都合つかず、
ようやく昨日レッスン後、再開を果たしました。


学校卒業してから実に20年経ってる訳ですが、
お互い多少老けてはいたものの
見た目も雰囲気も全く変わらず。

その瞬間にあっという間に20年前に戻りました。
本当にそんな20年あったのか、
自分たちが今アラフォーだと言う事の方が信じられません。

でも。

私の両親が既に他界してる事の他、
その友人も大きな病気をして手術して復帰した事、
共通の同じ学校の友人のお父さんが亡くなってた事、
それが原因でその友人と共に一緒に遊んでた妹さんが鬱病に
なってしまってた事など、

そこには確実に15年というそこそこ長い年月が流れていました。



昔と変わらないノリの中に、昔程あっけらかんとオバカじゃない
違和感を微妙に感じつつ、
一体今はいつの時代なのか…。


楽しい時間を過ごし、家路につきました。




そして今日一番違和感を感じた事。

今自分が帰ってきたこの家。
ピアノが趣味のわたし。









おピアノ?

はい。ちゃんとやってます。
今週も残業ラッシュで……の割には毎日そこそこの
時間に帰ってきてるので、
かねてよりメニューに加えたかった
モー533のゆっくり通し練習ってやつ。
やってます。

ホントはまだ通してる場合じゃないと思うんですが、
部分練習とか、出来ない所を、とか
いろいろ小難しいこと考えてるとすぐ
「今日はいいや」ってなっちゃうので

だったらせめてゆっくりで1回でも通そうと。


実はここの所ずっとツェとインベンションばっかり
やってたので(気がむくとプラスドリー)
533は久しぶりなのですが、

なんか前とちょっと音変わったかも。
自己評価ではありますが…。
なんかこないだ、「押すな」の意味が
ちょこっと分かった気がしたんですよね。
ほんのちょこっとなんですけどね。

でも、
今までは、イマイチ意味分からなかったのが
すこ~し浸透してきたような実感があって。
それが正解かどうかはわからないけど、
正解かどうかっていうより、
音聴きながらやってみよう。とね。

少なくとも前より音は延びてる気がするんだけど…
どうだろう?

て、知らねーよ。ですな。はい。


私も幼虫みたいにようやく一回目の脱皮だといいなあ

そしてさらに春爛漫

んでね。
今年は人生初のバラにも挑戦するの

バラは聞くところによると病気と害虫の宝庫っぽいので
ずっと敬遠してたんですが、
まあ、長い人生、一度くらい試してもいいかなと…。はい。

でも菜園もあるし、
みるちゃん、うりちゃんも出歩く狭きベランダなので
あまり薬はまきたくないので
そのスタンスでうまくいけば…という
微妙に消極的な態度だったりします。
まあ、いざと言う時には
某麗人とか、某御仁とか、バラの先輩にお伺いしよ(←またかよ他力本願)


でも♪
昨日今日とネットでいろいろ見てるんですが、
わくわくしますね~

もう頭の中では咲く気まんまん(爆)

でね、バラってだいたい咲くの五月でしょ。
いい気候だから日中窓開けとくじゃない。

そしたら風で香りがさ~~
家の中まで入ってきてさ~~

とってもステチな空気になりそうなのね~~
今年の春は楽しみだな~~(←咲く気まんまん)


はっっ

五月……


ウチには藤の木もあったんだ!
開花期は五月……
香りは強い……

混ざるとどうなるんだろう……(←咲く気まんまん)

ハナシは妙な方向へ…

なんか凄くベランダ菜園熱に火がついた今日この頃。
頭の中は寝ても覚めても野菜、青虫、野菜、青虫……。

え?ケークサレはもう飽きたのかって?
いえ、全然飽きてません。
今回の栽培ラインナップにハーブが多いのはその為です♪


さてさて、そんな事ばかり考えててふと気がついた。
私はキアゲハの幼虫をナマで見た事がありません。
一体どれくらいの大きさなのか…。

なんとなく写真のイメージでアゲハよりは小さいと
思ってたんですが…

調べてみると、
終令幼虫で5センチ!そしてデブ!!

う~~ん、それはデカすぎだろ・。(うりちゃんに、という意味です)



ていうか、

そんな大きさまで栽培してたら
プランターイッコ分のニンジンの葉っぱなんか
すでに残っちゃいないだろ!(爆)


‥‥


ううむ…現実的にはモンシロチョウまでだな。
実はさー。
キアゲハが来たら、一匹くらい羽化まで育ててみたいとね。
思ってた訳なんす。

だって、あんな大きくてキレイな蝶に育ったら感動するよ?


ところで‥‥
ネットで調べててふと気がつきました。
羽化のシーンはとにかく写真がいっぱいです。

殻を割ってなかから出てきて、
羽がのびて…。

それもかなり神秘だし不思議大発見ですが…。
でももっと不思議な部分があるじゃない?


そう!
さなぎの中で何が起こっているのか!!

実は知らないんですよねー。

幼虫は脱皮して模様や大きさが変わって行って
そしてさなぎと言う動かない不思議なものになって
そして最後に大きな羽がついた蝶になる。

それだけで十分感動ものなので今まで特に気にした事はありませんでした。

でもさ!
あの芋虫が全く違う形態になるんですよ?
何処をとっても似ても似つかない。

まだおたまじゃくしからカエルはその風体に
面影を感じなくもないですが、
蝶はまったく面影が無い!!
私がもし芋虫なら、ぜったいこの親の子じゃないと
悩むでしょう。
醜いアヒルの子なんかまだ幸せです。


で、調べた調べた。
私はナニやってるだ?ともちろん思いつつ。

で、見つけてきた情報の数々…。

・既に幼虫の時からカラダの内側にポケットを裏返したような
 状態で羽ができつつある。


・さなぎの中で肉はどろどろに溶け、
一旦分子レベルまで分解される。



うぎゃあああああああああ!!


・・・・・・・…?

ていうか、分解されちゃうんなら何でもありじゃね?
ていうか、幼虫の時にせっかく作りかけてた羽は意味ないじゃん?


というわけで、
微妙に疑問が増えただけでした。
だれかしらんかの?

ちなみに私は虫キライな癖に観察は大好きです。
ただし、中がどうなってるんだろう?と解剖するのは
嫌なのでやりません。
つまり、
そもそも
無駄に疑問を増やしといて探求はしない、という
性格ってことですね。(爆)


てか、おピアノは?
まあ、練習時間が取れないと話題もない…
ですかね(爆)


狙い所

今年はベランダ菜園充実させるぞ~~~


と、ハリキッております♪
去年できなかった分まで楽しも~

と、
お気に入りの例のスケジュール帳に
狙ってる野菜群の植え付け時期を書き込みました(爆)

今年はねえ。
ニンジン,ピーマン、プチトマト、小松菜、ラディッシュ、カブ、
モロヘイヤ、しそ、クレソン、ハーブ数種、青虫、夜盗虫、キアゲハ♪

はい、野菜の栽培と同時に芋虫系の栽培も狙ってます♪




あと、ニラやりたいんですよね~。
でも、どうも種植えてから1年以上は収穫出来ないんだとか…
冬に飽きて立ち枯れさせてしまうの必須
になりそうで、悩んでるんですよね。
1年経った苗とか売ってないんだろうか…。

でも、食費削減も狙ってるので、あまり元手がかかるのはちと困る。
1年、がんばってみるか。
チューリップも順調だしな。


春になったら毎朝今より1時間早く起きて
ベランダで水やりと
みるちゃんのゴハンの収穫しながら朝日を浴びるのが
夢なんですが…。

はあ~~。理想の朝だなあ。
お布団、私の事離してくれるだろうか…。




事始めは、まだ先。
2月下旬のクレソンからです♪
た~のし~みだ~~~♪♪

寒いのう

今年はホンマ寒い。
いや、寒いっちゅうより冷たい。

はあ、ずっとお布団の中にいたい。
お布団、ずっと一緒にいよな♥

私も今はおピアノより君がええわ。
仲良うしよな。

見てみて~♪(≧▽≦)♪

毎年毎年…

どんどんやる気がなくなっていきます。
最近まるっきり気合いが足りません。
愛もこだわりも足りません。


はい。毎年やってくる
スケジュール帳及びカレンダー選びです。


若い頃は、10月ごろからわざわざ銀座に繰り出し
丸一日かけてじっくり選んだものでした‥.

それが。
今年のはとうとう年明けてから探しに行きました。
しかもスケジュール帳だけ。
しかも近所の本屋さん。

気合いを入れて遠くまで探しに行ってもなかなか
しっくりくるモノに出会えないのに
こんな手抜きな事して勝算ある訳ありません。

私はそれ程スケジュール帳を駆使しないので
単純で簡単なものでいいのですが、
それでも帯に短したすきに長し……。



それが!!
どうです!コレ♪

SA3A0011.jpg



じゃじゃ~~んん!
ナント!
ツェルニーです♪

人目惚れです!
かわいいな~♪
中身も私にピッタリ♪

お陰で今年は楽しく過ごせそうです♪
わーい♥

これで毎日ツェを持ち歩く事に…
順調にすすみますように♪(違)

続きを読む

あこがれの椅子♪

実は大分前から、おピアノの椅子買い替えたいと思ってます。

あの、グランド用(?)の背もたれの無い長い奴に♪

やっぱ、あれがカッコいいですよね!


今ウチのは、よくある背もたれ付きの高さ調節が簡単に出来るアレ、
なんですが、
子供の頃からあの椅子は嫌いでした。

おピアノは造形としてウツクシイと子供心に好きでしたが、
あの椅子は…
お世辞にもカッコいいとはいえないし。
それに子供の頃は…

常にあの高さ調節のレバーで指を挟まれてた!!


そう!
恨みこそすれ、愛着など無い!!

あの椅子(なんか大層な名前ついてましたよね。トムソンガゼル?は動物か。
トンプソン?シンプソンだっけ?)
は心置きなく処分出来ます。

で、憧れのあの横長椅子♪
ウチのおピアノはマホガニーカラーの猫足なので、
椅子もお揃いにしたい♪


かといって完全に色の一致を目指してもそれは
無理だと思うので、
ネットで適当に選んじゃおうと思ってました。


ところが!!


ちょっと検索して出てきた所に
「ピアノの椅子の選び方」という項目があって…
そこの情報によると…

座り心地の問題とか、
ピアノを弾くときの座り方(椅子の手前1/3程にしか腰掛けない)で
フォルテで力強く弾いても傾かない事、
ピアニシモで弾く時にもちゃんと安定感を感じられるもの

などなど、細かい注意点が!!

え~。結構むずかしいなあ。
現物見ずにネットで買うのは危険かなあ。

でもピアノ選びで試弾はよく聴くけど
椅子選びで試弾は……
ていうかそんなフォルテで?!
座り心地に関しては、
あの背もたれ付きの椅子だっていいとは言えないから
それは問題ないとしても…


う~~ん。
また悩んじゃった。




フォルテ用に某御仁につきあってもらおうか(←他力本願)
某麗人がおピアノ物色する時にどさくさにまぎれようか(←他力本願2)

練習とは?

やっている事はなんであれ、
上手な人の動作には共通点があります。
もちろん逆もしかり、ですが。


先日、字の上手な知人が書道やってる姿を見ていました。
その書く姿はとても堂々としていて、まっすぐです。
自信にあふれているのに、決してそれは慢心ではなく、
そして、筆を置くまでの動作の一つ一つがとても丁寧でした。

硯で筆の先端を整え終わった所からすでに集中してる。
ハライの最後まで神経が行き届いてる。
心配な文字は納得いくまで先に練習してる。


私も子供の頃習字はやってたので、その時の自分の態度を
思わず思い出しました。

整えた筆を紙の上にかざしてから集中出来るまで待つ。(ボタ落ち必須!)
打ち込みの時は気合いが入ってるが、ハライやハネは運任せ。
熟語は常にセットで練習。一文字ずつとか部分練習は一切無し。


ホント、おピアノへの態度とそっくりです。
どうしても適当に音を出してしまいます。
さらっと流し弾きして、そのくせうまく行かないと嘆きます。
なんど練習しても、気が抜ける場所が同じ、
過ぎてから気付く。の繰り返し。

上手な人、そしてセンセイ。
本当に丁寧です。

センセイがお手本を見せてくれる時、
私ごとき初心者相手にでも、とても真剣に丁寧に
弾いてみせてくれます。
適当にでも十分お手本になる筈なのに。

生徒の方こそ、そんなさらっと流し弾きなんて
100年早い。



そう、練習とは、「丁寧さを身につける」練習なんですね。
いかに適当な部分を減らすか。
いかに集中力を一点に集めるか。

で、その結果に「上手になる」がもれなくひっついてくるんでしょう。


かの書道見学の時、
他にも見学者がいたのですが、見ててやりたくなったんでしょう。
その人も筆を持ってその辺に書き始めました。
とても真剣です。
間違いなく真剣にやってる様子は伝わってくるのに…
やはりハライのところは運任せになってるんです。
あれだけ真剣なのに!

最後まで集中することの如何に難しい事か!


別にコレに関しては今気付いた訳ではありません。
でも、何かを見る度改めて実感するんです。

私も前に比べればそれなりに気をつける様になりましたが
とにかくホコリのごとく、
ちょっとでも気を抜くと
あっという間にたまってしまいます。

ホント、練習は時間の長さじゃない。
もっと言うと、レパートリー増やす事なんかいつでもいい。
弾いてるものはなんでもいい。

そんな気がします。


ただ、お約束の勘違いだけはしない様に気をつけて。
そう。丁寧と慎重は取り違えない様に。

大いなる勘違い

今練習してた。
もちろん例の手の事気を付けながら。

ふと鏡見てみた。
あれ?私って結構後ろに傾いてるかも?

そう思ってちょっと前のめりな気持ちを入れてみた。


突然音が変わった!!

び、びっくりしたー。


凄い!重心を前に傾けただけで音が違う!
ちなみに鏡で見ると、そんなに前のめりに成ってる様には見えない。
自分の慣れた感覚でだけ前のめりになってるだけで
本来はコレでまっすぐ?

つまり今まで重心が後ろになってたって事。
まあ、私立ってる時も後ろに傾いてるもんなー。




センセイによく注意される項目に、
前述の「手が浮いちゃってる」って言うのと供に
「カラダが後ろに逃げてる」っていうのも
ありました。

自分の演奏に自信がもてなくて、逃げ腰が態度に出てるそうです。
態度に…。マジに物理的に後ろのめりな訳ですね(爆)

全然気付かなかったー


どうも
この重心の位置と、姿勢は必ずしも一致しないようです。
背筋をちゃんと伸ばしてるからって重心もちゃんとまっすぐ(真下)とは
限らない‥。
この辺が盲点ですね。

よく弾いてる時センセイに腰を押されたりしてましたが
その時は決まって骨盤が後ろに転がってて、背中が曲がってる時
だったので、
その姿勢を直す事だと思ってました。
いや、姿勢を直すだけで勝手に満足してました。

でも、問題は姿勢じゃない。(姿勢もだけど)
重心の位置なんですね。多分。(←でた!多分。)
で、それに伴って腕の方に指先に力が集まってきやすい。

ピアニストには背中の曲がってるのも姿勢の悪いのも沢山いますが、
多分、見た目は悪くてもちゃんと重心は安定しているか、
もしくは、その辺狂っててもちゃんと指先に力を集めて来れる。
その重要な部分がちゃんとしてるんですね。

別に姿勢を注意されて
「だって~。ファジルサイだって姿勢悪いじゃん!」などと
思ってた訳じゃないし、直してたつもりでしたが…

本当の意味を理解してませんでした!!

なんかちょっと勝手に目から鱗でした。
気付くの遅いんだけど…。


脱力の話からはじまり、
昨日の手の位置。
そして重心。


言葉と言うのは如何に真実を伝えきれない伝達手段か。
言葉の上っ面ばかり聞いててもダメなんですね。

せっかく頂いてる数々のアドバイス、
生かすも殺すも己の態度一つ。
ボケボケしてられないです。


ちなみに重心を修正した姿勢では
手は浮き辛くなります♪
実は。手の浮きを直そうとすると
凄くしんどい姿勢になってたんです。
背中まげて肩を落として低く低くしないと。

でも肘から手首までの角度から見て椅子は別に
高くないし、
手を浮かせない為に努めてしんどいポーズ
しなきゃ行けないのは何か違うよなあ。って
思ってたんですよね~。


さて、練習の続きしてこよー♪


最近の課題。

手がね。上に上がっちゃってるんです。
理由は分かってます。

軽く弾こうとか、腕を柔らかく、とかを意識し過ぎて
というか、違う方向に意識しちゃって、
腕ごと手が宙に浮いちゃってるんです。

特に軽く弾きたいと思うと浮きます。
浮く、
つまり、手が上へ上へと鍵盤から離れて行ってしまうんです。
指が鍵盤下げる位置まで届かないくらいです。

だから厳密に言うと鍵盤を下げる(=音を鳴らす)為には
指を下げただけじゃ足りないから手ごと、下手したら腕ごと下げてる
感じ。

そう成っちゃってる事がちょっと分かってきました(遅!)

トリルとかは顕著で、音が鳴る位置より随分高い所でトリルってるので
音が抜けます。
それをカバーする為に強く弾くしか無く、重くなります。

こないだふと思い出して(実は再三センセイに注意されてます)
トリル中に意識的に手を下げてみた。
鳴った!!
(爆!)


さてさて、ここまで分かってるなら下げれば良い話なんですが、
そこが運動神経の悪い所です。

手を下げると同時に手首や腕を締めてしまいます。
手が浮いてこない様に気をつける。がそのままイコール
腕や手首は動かさない様に。になっちゃう。

あ、やばいやばい、
ちゃんと柔軟にしないと。ってすると今度は浮いちゃう(爆)

いや、だから、柔軟にかつ手は下げる。なんだってば!

本当はその辺の所をじっくり監視して、さらに鏡で
確認して練習したいのですが…
いかんせん、楽譜見ないとなんとも先へ勧めない。

かといって、弾いてるとだんだん出てくる症状なので
数小節だけ、と言う訳にも行かず…。

これはやっぱハノンか?(爆)

マズイ

仕事は恐ろしく暇なのだが…

おピアノ熱低迷中!!!


ヒマなんだから1日2時間でも出来る筈なんですがねえ。
下手したら夜中弱音コースしてたり…orz


マズイ。
毎日5分でオッケー症候群か?!

とうとうココも…

おピアノやってる方々は
お育ちのいい方が多いのでしょうか、
家庭的な方が多いのでしょうか、
趣味多彩で器用な方が多いのでしょうか、

なんだか気付くとお邪魔してるここかしこで
お料理の話題が目立ちます。
食べ歩きグルメとかも沢山です。

そんななか、
おピアノ以外の話題は主に模様替えとハチュ、という
微妙に相当異色なウチですが…

とうとうオチャレなお料理ネタが出てくる事になりました。


ただし!

他の皆々様がことごとくおいしく成功されてる中、
ここだけはやはり異色。

どうしても失敗です。
なんででしょうねえ。
ちゃんと真面目に本見てやってるんですけどねえ。

本だって、アマゾンで一番売れてるヤツだよ?
レビューに「この本のレシピが一番おいしい」って書いてあったよ?
高い材料もちゃんと揃えたよ??

変だなあ。
みんなコレが「おいしい」のかなあ。
それともいちいち書いてない「料理の基本」てのがあるのかなあ。


何を作ってるかと言うと…
昨年、某麗人に(亡霊人ではない。念のため)頂いた
ケーク・サレという、お食事ケーキが気に入ってね。
自分でも作れたら
朝昼の食事考えなくてもいいなあ、とね。

某麗人が作って下さったヤツがおいしかったんなら
その方に作り方を聞いてしまえば良いようなものなんですが、
何となくネットをうろうろしてたら
とてもキレイな本を見つけてしまったんですよ。
リーズナブルだったし。

これは観賞用にいい!と思わず即買したので、
せっかくだから先ずこれで作ってみるか、とね。


某麗人に御聴きしたプチ情報によると、
具材は何でもいい。冷蔵庫に余ってるもので、との事だったの
ですが、さすがにそれで有料の本を作ってはイケナイんでしょうね。

本に載ってる材料は大凡冷蔵庫に転がってたりなんかしません。
特にウチの冷蔵庫には一度も入った事無いような食材も……


でも、まあいっか。
最初くらい「趣味のお料理」として楽しんでみましょう。


と言う訳で作ってみた。

生ハムとマッシュルームと松の実のケーク・サレです。
う~ん。おいしそ~~~♥♥

しかも生地にはタップリのグリエールチーズ、
トッピングにはさらにタップリのパルメジャーノレッジャーノ。

ええ、このチーズ達、クソ高いのをやたらふんだんに使うので相当
お財布と仲が悪くなります。
最初だけ。最初だけです…。


と、随分ご立派な材料だったのになあ。
何が悪かったのかなあ。

失敗どころは何かと言うとね。

まず、味がシツコイ!
くどいのよ。チーズが。特にトッピングのパルがくどい。

くどさに輪をかけてるのが、具の多さ。
具が多いよ。これじゃ生地見えないじゃん。(断面の話ね)
本に載ってる写真ではちょうどいい感じなんだけど‥。

もしや生地がふくらんでないのかなあ?
実は焼き上がりは盛り上がってたんだけど、
さましてる間に一回り縮んだんですよね。
高さも周りも。
それでかなあ。


失敗の原因?
分かんないけど実は本の通りにやってない事がある。

ひとつ。
パウンド型がウチには無いので、丸型でやった。

ふたつ、
パルメジャーノレッジャーノの賞味期限が著しく切れてる。

みっつ、
粉類の計り方はそこそこ適当。

三つ目がミソか?
よくケーキは分量をキチっとって言うもんね。
でもさ、
ネットでいろんなレシピ見たけどみんな分量(比率)まちまちだよ?
それにレビューに「この本の生地はふんわりしておらず、どっしりしている」って
書いてあったし。

じゃあ丸型がダメ?
でも丸型ででもケーキ作るじゃん。

じゃあ、賞味期限?
実はトッピングしたパルが全く溶けなかったのよ。
スライスして乗せたままのカタチが残ってたの。
もしや賞味期限のせいかなあ?
で、それが味のくどさに繋がってるとか??

でもやっぱり具は多いよ。



と言う訳で今二度目焼き中♪
変えた所は

生地のチーズをグリエールからパルに変えた。ついでに分量半分。
トッピングをパルから角切りグリに変えた。分量も半分。
生ハムも分量の2/3くらい。
マッシュルームが足りなかったのでピーマン入れた。
ベーキングパウダーちょっと多いかも。
生地の材料を混ぜる順番を変えた。


さてさて、今度はどうなるんでしょう。
ホント料理音痴にはいろいろ不思議な現象が降り掛かりますね(爆)

良いにおいはしてきたゾ~~(^^;)

続きを読む

ミャウ~~

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ~~~
意味分からん。



みゃう~♥
ていうより
ガオゥゥゥゥ~~
だな。

た~のし~な♪

予定通りべったり引きこもりやってます♪
いや~。
楽しい!


でも調子を取り戻すのに3日かかりました。
3日目(元日)にようやく
「ゆっくりしてるな~」の実感が…。
そうとう余裕が無くなってたようです。

そしてようやく、日中おピアノに向かう気力も取れる様に…


昨日は一番パワーが必要な練習、
初見練習をやってみました。

実は繁忙期にコッソリ買ってたルクーペ。

これで初見練習しようと思ったのですが時間と気力が無かったため
まだ2回目です。

一応目標としては

・初見で自分がどれくらい弾けるか見当をつける
・曲想を考えてちゃんと音楽を意識して弾く。

これらを意識すると弾き始めがおっかなびっくりになって
音が出なかったり、ビクビク演奏になったりします。
なにげにコレが一番ネックだったりして。

そう、この、気合いを入れると慎重になりすぎるというのは
よくない。
自分でも第一音で「ああ~~orz」と思いやすいので
早めに慣れたいところです。


ところで、このルクーペ、
本当に噂通り、一筋縄じゃいかないですね。
なんか予想と違う動きがあります。
予想ってなんだ?って気もしますが…。

指使いとかリズムとか、いちいち
へ~そう来ますか。って感じ。

バイエルのように予想通り、単純、でも
初見で相当怪しいのに、何故にルクーペかというと
バイエルよりも
曲想を考えよう♪と思いやすいからです。

その点では初心者向きかもしれません。

バイエルとか、ツェとか
只の音階とか、ハノンとか。

これで曲想考えられるのってある意味上級者っぽいですよね。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
いつのまにやら新年だそうです。

例によってまったくテレビ付けないので
さっぱり実感が湧きません。
しかも借りてきたDVDは見事にホラーやサスペンスばっかりで
今年もドロドロ出発です。

さて、今年は羽ばたくぞ~~
がんばるぞ~~
気分も晴れやかにノッシノッシと進んで行きたいと思います。
皆様、今年もよろしくお願い致します。

おピアノのみなさん、
ハチュのみなさん(?)、
ホニュのみなさん(??)、
皆さんにとって良いとしになりますように♪
お互いがんばりましょうね~~





昨年12月、
ご近所(JRでの最寄り駅)駅ビルに新しいホールが出来ました。
上はマンション、下はスーパー、という
なんとも微妙な位置ですが、

な、なんと!このホール、
あの西本智美さんがプロデュースをされたんだとか!
あの男装の麗人です


と言う訳で、今年から3年間、
西本さんのコンサートが目白押しになるようです。
なんとかお小遣いと時間を工面して出来る限り行きたいです。

しかし、うらやましいのはこのマンション。
自宅の階下をあの西本さんがうろうろしてるのかと思うと……
きゃ~~~~~♪♪(←意味不明)

ただ、こういう場合(自宅階下にホールがある場合)
一体どういう格好でコンサートに出向くのでしょうか。
部屋着とか?
ツッカケとか?

さすがにパジャマは無いとは思いますが…


かといって、正装して行くのも笑えますよね。



かくいう、徒歩圏内のワタシ…
ちゃんとお化粧してよそ行きで行くつもりでしょうか…
我ながら心配です…


uri.jpg
トラックパッドで描くのはさすがに困難でした…(爆)
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ