第4ラウンドおー その3

今回のリフォーム作業は大工さんひとりぼっちです。
だから片付けとか手伝わないと…って当初思ってたんですが、
なにせ誰かさんイキナリ
風邪ひくから (´。` ) =3


でも今週はがんばろう!と
微妙なお手伝いを始めました。

最初は夜中コッソリ床掃き。
次の日ゴソゴソゴミ集め…。

まあどうせ大した事出来ないし、
ウチのに「こまめに掃除しましょう」と言われてたのでやってました。

すると……?


「じゃあゴム切って」

お!なかなか内容のあるオシゴトです。
壁に建ててる枠組みが直接躯体や床や天井に触れない様に
挟み込むゴムシートのチップを切る作業です!!

我がものと思ってかめちゃんがんばります!



すると‥?

次に
「じゃあ吸音材詰めてみる?」

おおおお~~!
なんかメインに食い込んだオシゴトです!

立ち上がった壁の枠のなかに吸音材(とここでは呼んでますが断熱材です)を
詰め込む作業です!

これこそこのリフォームの要とばかりに黙々と親の仇のごとく詰めます!詰めます!!

ちょっと楽しいかも♪


すると‥‥?


「あんまりぎゅうぎゅう詰めないで。枠が浮いて来ちゃうから」




かめちゃんがんばり過ぎです orz


↓かめの作品♪
DSCN6153.jpg

第4ラウンドおー その2

床を貼り始めるときに重大な問題が発覚しました。

なんと!床のレベルが合っていません!!!
並の幅の廊下(つまり全然広くも何ともない)でさえも左右の高さがちが~う!
もちろん玄関タタキに敷いてある石も
部屋のあらゆる場所も
なにもかも、何処もかしこも(爆)

こんな酷いのはあまりないとの事。

今までは廊下は廊下、部屋は部屋と間仕切ってあったので
それぞれの場所で帳尻をあわせてあったのですが、

今回のリフォームで廊下を部屋の一部としてつないでしまうので…

既存の廊下にレベルをあわせて床を造ると窓のサッシと合わない、などの
弊害が!!!


う~~ん。まるで
築70年のボロ木造のようです……orz

もしウチにおとーさんが居て、廊下でゴルフのパターの練習とかする家だったら
どうすんだあ!!

練習にならないじゃないか!(違)


まあ、そんなこんなで30秒程放心しましたが、
気を取り直して床貼り開始した訳です。

DSCN6140.jpg


床下の詰め物たっぷり~
その上にさらに防振ゴム5ミリ敷いて~
さらに上にコンパネ♪

しっかりした床になりました。

そしてもちろんこの床、壁面に接していません。
隙間が空いてるんです。
床の振動が建物躯体に伝わらない様にです。

はい、ウチののプランです♪

てなわけで無事床貼り終了~

DSCN6146.jpg



今日から壁を造ります♪

ちなみにちょっと予定を押してて、本来なら
来週の水曜日には全て出来上がる筈だったのですが‥‥

造りは多分今週中には終われない…
ウチのの防振特別プランの壁造りに手間がかかりそうだからです(爆)

しかも来週月火水は大工さんが急遽他のテーブルにご指名されてしまったので
ウチは取り残されます

そしてクロス屋さんの都合で8月の9日~しか日程が取れず…

てなわけで来週はぼろ小屋のまま放置プレイです。
まあ……
なれないお昼ゴハン作りでよれよれなので、良しとしましょう 


第4ラウンドおー

いよいよ造作です♪

先ずは床貼り。
ゲンキンなもので、壊す段階でのむき出しの床見た時は
「あんまり広くない~」なんて思ったのですが、
新しい床が張られるとなぜか
「おお~~結構広いじゃん」なんて…(爆)


防音対策のため、2重床の隙間をグラスウールでいっぱいにしてます。
しかも圧縮されてる立派なヤツ♪
微妙に根太受け金具より厚かったせいか、上から重しかけないと
金具の足が床スラブから浮いちゃいます。

結構見てると面白いです。
という間もなく、そろそろ床貼り終了です♪

早!
狭!
 





ところで工事中、私はずっと在宅です。
間取りの確認、大工さんのお茶、お食事のお世話、突発的我が儘などの
ために居る訳ですが……
いちおー工事が終わってから仕事に向かうのですが‥

日中は、まあ、昼寝の時間もあり、うりちゃん散歩の時間もあり…
こんな連日まったりアワ~があるなんて
私の人生最初で最後かもしれないのでこれはこれで
存分に楽しんでるのですが…

う~~ん。
なんか、体中むくんで来た……(爆)

第3ラウンドおー その2

玄関扉を入ると……
そこはなぜかまた外。



解体作業終了です。
まるでテレビのビフォーアフターのようです♪

明日からはいよいよ造って行く作業!
わ~~い!
でもこうして現場を見ていると…
なぜか当初の予定に無かったプランを思いついた!
明日早速わがまま言お~~  (←メイワクな客の典型)




DSCN6139.jpg


なんかさー。
外への扉や窓や壁はもちろん壊されてないんだけど、
なんとなくいつもよりセキュリティが甘くなってる様に感じる………(爆)

ちょっと一息

ようやく風邪も治ってきました。
今回はものすごく頭痛くて、
だいたいそういうのって医者でもらった薬飲んだら一番最初に楽になってく
ものなのに、2日間!!

2日間頭痛が続くのはホンットきつかったです。
それ以外は特にたいした事無かったんですが…。

あまりにも頭痛がひどくて、病院の薬の合間にバファリンも飲んでみたのですが…
やっぱダメでしたね(爆)


ていうか~
おピアノ弾きたいなあ。
なんか弾きたくなってきちゃった。
ハッキリ言ってはぴょかい終わってからたった1音さえ鳴らしてない。

まあ今は荷物に埋まってるから無理なんですけどね orz

うっそ!

   風邪ひいた

続きを読む

第3ラウンドおー

解体されました。まだ途中だけど。

押し入れとクロゼットが無くなって、ターゲットの2室がつながったですが、
思ったより

広~~い♪って

思いませんでした。

ガックリorz(爆)

アル中になりたい

ニッカさんとこのコメント欄にちょこっと書いたんですが、
一応自分の覚え書きとして
やっぱり記事にしとく事にしました。


本番演奏の「震え」についてです。

はい、震えましたね~。
弾き始めは大丈夫なんですが、だんだん震えてくるんです。
手とか足とか。


もう、今回途中から足が震えてペダルから滑り落ちちゃって、
最後の方何処踏んでるか分からなかったです。
ていうか、ペダルの上にしがみつく事に精一杯でしたね。

2週間前のインペリアルでのホールレッスンの時も1回目弾いた時震えました。
この時は、
出だし数小節、「あ、うまく行った♪」って思った瞬間に震えが来たんです。
だから、もしかしたらうまく行ったって気が抜けて震え出すのかな?とか思って
発表会本番ではそういう気の緩む事は考えない様にしてたんですが
効果無しでした。




震えちゃうと、思う様に弾けない、ていうのが一番の悩みどころですが、
もう一つ、
私はどうしても
「他の人に震えてるってバレると恥ずかしい」っていうのが
つきまといます。

なんで恥ずかしいかと言われるとよくわかんないですが…
まあ、例えると、
電車の座席で爆睡してて、身体が急にビクってなった時はずかしい、って
感じに似てるかもしれません。(爆)

だから震え始めちゃうと、なんとかそれを止めようと躍起になっちゃうんです。
でも気にすればする程どんどん震えは酷くなります。


こればっかりはいくら練習を重ねてもどうにもなりません。
せっかくちゃんと弾ける様に準備して行っても…。
願わくば、練習のときも同じ様に震えて頂きたいんですが…
そしたら震えてる状態で弾ける様に訓練出来るんですが……



これはどうすればいいんだろう?
練習が十分で完全に自信があったら震えないんだろうか?
場数を踏めば震えないんだろうか?



でも。
センセイも震えるそうです。
ニッカさんの記事に会った演奏家先生でさえ、見て分かる程震えてたそうです。
以前観に行った人様の発表会で弾いてた凄く上手だった方も震えていました。

そして、今回発表会後の打ち上げでみんなでおしゃべりしたところによると
皆さん震えたそうです。
他にも震える話は沢山聞きます。

という事は……

じゃあ、
多分そういうものなんですよ。

人間人前でおピアノ弾くときは震えるのが正常な生理現象なんだわ♪

だから恥ずかしがる必要も、必死で止めなきゃならない事もない、
十分に震えをたのしみましょ♪

そうすれば、
震えによる悪影響のうち半分は軽減されるかな。(爆)

(ちなみに「震え」と「あがる」は別物な感じがします。
あがってなくても、緊張が極度じゃなくても震えますね。
震えてるからって決してバクバクもしてる訳ではないようです。)






これで話を〆たいところですが……
やっぱり気になる事があります。

インペリアルで弾いた2回目、3回目の事です。

2回目は全く震えませんでした。震えそうな懸念もありませんでした。
3回目はほとんどおうちで練習してる時と同じくらいでした。

端から聴いててどれが一番いい状態なのかはわかりませんが、
本人としては
おうちと変わらない3回目の状態で本番も弾ければこれ以上楽しい事は
ないのですが……。

1回目と3回目の違いは何か。
少し思うのは、自分の集中というか意識が
外に拡散しているか、内にまとまって行ってるか…。かな。

でも、一人っきりで弾いてる、ていうような演奏は良くない、て
言いますよね。
という事は、おうちで弾けてる状態は本来人前ではタブーなのかな。
もしそうだとすると
やはり、震えてる状態がよそ行きに相応しい‥‥‥??????


う~~む。わからん。

先ず自分が楽しくなくちゃならない。
自分だけが楽しい演奏ではイケナイ。

う~~~む。わからん。





沈没。ブクブクブクブク


第2ラウンドおー

そしていよいよ
リフォーム開始です。

はぴょかいの興奮冷めやらぬ中、タリタリしたい自分にむち打って
片づけ大会です。

今回のリフォームでは
ウチの全面積の半分に工事のメスが入るので、
手を全くつけない6畳一間にベッド含む、ほとんどの荷物を詰め込まなければ
なりません。

詰めました詰めました。
まるで住み込み小間使いの部屋のようです。
ていうか

妙に私物の多い小間使いだな。

DSCN6090.jpg


もんだい:おピアノはどこでしょう。はい、ちゃんとこの中にあります(爆)

はぴょかい余談

[音響摩訶不思議]

「早くくればもしかしたらピアノ触れるかもよ」

事前にセンセイがそう教えてくれてたので私は一番遠いくせにがんばって早く行きました。
お陰様で、みなさんが準備にいそしんでる中、
しっかり触らせてもらえました。スタインウェイのフルコン♥

鍵盤の重さはちょうどいい、ペダルは異様に軽くカパカパ。
でも、そんな事より、
物凄く音が大きく響いてびっくりしました!
ある意味2週間前のインペリアルより凄いかも、てくらい
特に低音がドカ~~~ンって鳴って、
思わず弾くのを躊躇してしまう位でした。
でも、躊躇するとおっかなびっくりな弾き方になっちゃうからここは
負けない様にしないと!

と、心に刻んだ訳ですが、

本番は…うろ覚えではありますが、そんなに喧しい音ではありませんでした。
普通だったとおもいます。

もしやこれは!!
これは噂に聞く!!!!

そうです。
客席に人が入った事によって吸音されて
残響が減ったのです!!

初めて体感しました!
知識では知っていても、実際そんなに変わるものか、設計士はそんな計算までするのか、
と思ってました。正直な所。

いやいやいやいやいやいやいやいやいや


すごい!
スバラシイ!!

物凄く変わりますね、ていうより残響減りますね。
あんなに減るなら、そりゃ、そこんとこ計算して過剰に響くホールにしとかないと
カスッカスのつまらない音になっちゃうでしょう。
これは、多分冬はもっと残響が減るんでしょうね。

こういう実験ってそうそう出来るもんじゃないから‥
ちょっと感動でした♪




[七変化如猿之助]


大人になると見えてくる発表会裏表。

とにかくセンセイっていうのは大変なお仕事です。
多分ウチのセンセイは特にお忙しいのではないでしょうか。

というのは、アンサンブルがあるからです。
事前にアンサンブル用のアレンジしたりメンバーを構成したり
楽譜作ったりももちろんですが、
当日の機材セッティングもあります。

一演目ごとにキーボードの音色を変えるため、一覧表を持ってセッティングに走り回ります。
ついでにアンサンブルも数曲掛け持出演があります。

その他小さい生徒さんの補助に回ったり、
いつでも楽譜持って走れる様に舞台袖で気を張ってたり
リハや進行などの時間配分に余念がなかったり


そんな大変な中、もちろんご自身の演奏もある訳です。

で、
その都度衣装が変わる訳ですよ!!


まず、午前中は搬入、設営の為、動き易い服装でした。

で、ずっと忙しく走り回ってたのに、いつのまにか
すっきりキレイな衣装に着替えていて、
それはみんなの補助立ち回り用です。

そして、
センセイのピアノソロ演奏の豪華な衣装!!
髪型もコサージュも変わってるう!!!!


で、次の瞬間、また立ち回り用の衣装にもどって
子供達及び我々のアンサンブルに加わって演奏します。

そして、センセイ方のアンサンブルの時には
曲のイメージに合わせたポップな衣装に!!


そしてそして!
最後の記念撮影の時に、またピアノソロの時の
豪華な衣装に戻る訳です。


あのクソ忙しい中に、それだけのお色直し、化粧直し、
気持ちの切り替え……


やっぱ妖怪だ。






ちなみに我々は口々に
「全部マジックテープで着替え出来る様になってるんですか?」
とか
「あ、下に次の衣装着てるんですか?」
とか
「やっぱ糸を引っ張って一瞬で?」
とか
ほざいてました。

ホントウルサイオトナ組(爆)

発表会!

終わりました!
いや~当日というのはあっという間です。
まだ終わったという実感がありません。

私はちょうど3年前の7月におピアノを再開したので
ひとつの節目というか区切りというか、妙にタイミングよかったです。

当初、人前演奏を極端に拒否してた私ですが、
その割にはそんなに恐くなかったです。
緊張もほどほどで、ちょうどいいくらいだったです。

多分、仲間内が沢山居てくれたからだと思います。
みんなでワイワイとつるんで盛り上がって♪
子供達でもこんなに横繋がりってる人達居なかったです(爆)



さて、
ウチの発表会は第1部ピアノソロ、第2部アンサンブル、という構成で
時間の都合上アンサンブルのリハーサルしか出来ないのですが、
そのへんから早くもオトナ組爆裂です。

リハの間中客席で何かと感想や着替えのタイミングなどを
しゃべりまくる!

オトナ組うるせ~~~し!(^▽^;)


リハが自分たちの順番になって、舞台袖で並ぶ順番等の説明を受けているときも
ワイワイキャピキャピ!

オトナ組はしゃぎ過ぎだから!!(^▽^;)



リハも無事終わり、ステージ上のバミテープやライティング設定も終了して
緞帳が降りたあと、
みんなでおおはしゃぎでこっそり舞台袖にもどり
緞帳裏で勝手に
スタイン様フルコンの写真を撮ったり観察したり!

オトナ組遠慮知らね~~(^▽^;)



そんな時間の過ごし方をした甲斐もあり
本当にリラックス出来ました。不思議と失敗するイメージも湧きません。
ていうか、どうなったら失敗なんだろう??なんて(^^;)

とりあえず自分の目標としては、
・間違えても気にしない事。
・慎重になり過ぎてカチカチの演奏しない事

まあ、微妙に甘い目標でありますが、
・出来映えを欲張らない事。

てことで



で、結局演奏はどうだったか‥‥

それは…


覚えていません・・


それが良い事なのか悪い事なのか……う~ん。ま、いっか。
考えるのはよそう。

いいじゃん。楽しかったし。(いいのか?)




他の皆さんの演奏は本当に素晴らしかったです。
皆さんご多分に漏れず、ご自身の評価はそこそこ辛口でしたが、
でも聴いてる方からすれば、
のびのび弾いてらっしゃったし、
演奏を楽しんでらっしゃったし、
そしてなにより、素晴らしく音楽になってたと思います。

沢山次への課題や目標を再設定しつつ、
これってひとつの「大成功」ではないでしょうか。

とても良い経験をしましたし、
まゆっぺさんがいつもおっしゃってた通り、
確かに
もう一回やりた~い!

ってマジで思いました♪

発表会でようよと私に促して下さったみなさん、
ホントありがとうございました(^ー^)


てなわけで!かんぱ~い♪

遅ればせながら‥

インペリアルの感想書こ。
一週間も経ってるけど。


今年で二回目の参加です。
去年はまだ人前で弾くかどうか躊躇してて、
でもしょうもない理由でチャンス逃すのヤだし、
センセイの陰謀ご助言も手伝って、ヨロヨロと参加したのよね~。

だからもちろん持ち曲なんかないからインベンションの1番ばっかり
弾いたんです。
それでも自分なりにおピアノを堪能したつもりでした。


でも!
今年!!
去年とは比べ物にならないくらい実感出来ました♪
曲も発表会用に半年も練習してたから余計にかもしれませんが…

緊張よりも
「このおピアノスゲ~~~~~~~~」って気持ちの方が正直大きかったです。

ホールの響き方もまるでお風呂で歌ってるみたいで
自分の演奏が2割増マシに聴こえました。

特に低音が凄く響いて、良く伸びます。
普段練習してるときよりも思い切って弾きたくなりました。
ただ、物凄く大きな音で鳴るので、そうとう右手ががんばらないと
弾いてる本人にも右手の音が聴こえないという………(爆)

ただ…多分出るであろう深みのあるいい低音、
私の弾き方ではさっぱり出ませんでした。
巻き線が不完全燃焼でビリビリ言っちゃってるかんじの音になってしまって(^^;)
まあ、それに関しては……ね。言ってもしょうがないね。

一番うれしかったのは、
小さい音がちゃんと出た事です。
他の人への聴こえ方とかはどうかは分かりませんが、
弾いてる本人的には、自分ちのピアノよりなにより、
小さくしたい音がちゃんと鳴る!
練習のときだとかすれちゃうのでも。
だからうれしくなって「音を楽しむ」っていうのがやってみたく
なりました。
トリルがもっとウマく弾ける様になってたらもっと楽しめたなあ。


とにかくいいおピアノで、思わずピアノそのものの音に注目しちゃって
曲弾いてる時にと構築したイメージはまったく思い出さないまま
弾き終わってしまったり……(爆)

3度も弾くチャンスがあったのですが、
3度目になってようやくイメージが戻って来たかんじでした。


センセイや、某御仁など、
「とても難しいピアノだ。弾きこなすの大変だ」と
おっしゃってましたが、
私ごとき、難しさなどさっぱり分かりませんでした。

多分インペリアルさまは懐が深くていらっしゃって、
こんなクソガキになんの試練もお与えにはならないのだろうと…

ただただひたすら
ウツクシイ音色でしかも鍵盤激軽
初心者にも「楽しかった♪」と言わせてくれる
ありがたいおピアノでした(^ー^)


来年は、あのホールの空気の量が感じられる様に自分が成長出来てると
いいなあ、と思いつつ……。
毎年楽しみなイベントがあるというのは幸せな事ですね♥




本番はスタインウェイのフルコンです。
カワイのショールームでも恐れ多くて試弾の一つも出来なかった
雲の上のスタフルコン。

そんな夢のようなおピアノで1曲マルマル弾かせてもらえるなんて!!

そんな貴重な時間、緊張でわかんなくなりませんように(●´人`●)

プレッシャーなのか?

さて!
発表会は今週の土曜日です。
いよいよだなあ。
半年前から曲が決まって練習開始してましたが
「その日」というのは確実に来るもんなんですね~。

ところが、今の所特に慌ててるつもりがあまりないんです。
当日までを指折り数えて戦々恐々としてるわけでもない、
どちらかというと演奏よりも早朝起きて大荷物で出向く、
この仕事ラッシュの中でどう効率よく荷物の準備をするか、
のほうに気を取られてる節があります。

ですが、今朝、なんだかプレッシャーっぽい夢を見ました。


夢の中では既に当日で、自分の順番を待ちながら客席で
他の人の演奏を聴いていました。
なぜかステージは見えないのですが…。

なんか大急ぎで前倒してプログラムが進み、前半が終了した後の
休憩の時間に急遽希望者はピアノを触りに行ける、てことに
なりました(謎)
本番では前半に私の出番は終了してしまいますが、ここ(夢の中)では
まだなようで、弾かれた様に席を立って走って行きます。

ところで、前半が終了する前に事件がありました。
ナント!私と同じ曲を演奏する人がいたのです!!
プログラムには書いてないのに!。

しかもその人(高校生くらい)は、その曲と、もう一曲弾きました。
なんだかこの時点で弱気になります。
あ~、だからセンセイは同じ曲の人がいると言わなかったんだな~なんて(爆)


で、気を取り直してダッシュしたので、ステージのピアノを触る順番、4番をゲットしました。

一応その場の状況描写をしておきますと、
なぜか後半からピアノがアップライトに変わります。
スタインウェイのアップライトで、ウチのピアノみたいな
マホガニー色でした。
しかもステージ用にサイズが大きい!!!(爆)


最初の順番の人がさらりとピアノに触れて、ほんの少しで退散。
そして次の人は……

なんと、また私と同じ曲でした!!!!
そしてこの人もどうももう1曲あるようです。

しかもピアノを触ったあと、ピアノの蓋を外したり調整したり、
いつまでも次の人に順番を譲りません。
だんだんイライラしてきました。休憩時間てどれくらいだろう…。

ようやく変わった次の人はなかなかピアノを弾こうとしませんでしたが、
結局また私と同じ曲です。
一体何人いるんだあ!!!

しかもまたグズグズしてます。
あまり緊張してなかったのにイライラが募ります。
コレは演奏によくないよなあ。
焦ってイライラとせっかちに演奏終了させてしまいそうです。

それにしても、ここで私の順番が来てまた同じ曲なんだよなあ。
聴いてる人達もいい加減イヤだろうなあ。


な~んてところで目が覚めました。
いやいや……
夢判断的にどうなんでしょうね。てか、ただ単に実生活の影響の夢、ですかね。

そんなに深層心理では不安に思ってるんでしょうか…


いいや!思ってない!!!ハズ……

めちゃ焦ってます。

うわあ~~~~ん。
やばいよう!

仕事がめいっぱい!!
毎日追加追加で増えて行きます。

今月イッパイもう目白押しです。
毎日分刻みでいろんなシゴトを掛け持ちしてます。


今月イッパイの中でも特に…
来週が修羅場です!!!



来週末は本番なのに~~

しょうがない。こうなったら定時でi一旦帰宅して
9時までおピアノ練習して、
9時から会社戻って残業しよう。(爆)




そいで、こんなイソガシイ時に車がぶっ飛んだ。
今日急いで帰ろうと思ってセル回したら見事に無反応…
この時間のない時に車無しかよ~~~~~~~~~~~~~~。
先週点検から帰って来たばっかりなのにorz

デッサンならわかる

のっぺりしたデッサンとはどういうデッサンか。

それはとことん少ない諧調で描かれたもの。

つまり、一番明るい所(紙の白)一番暗い所(黒)
以外の大半を占めるいわゆる「グレー」の部分に幅が無く、
立体感(存在感)が損なわれているデッサン。
さらに酷いのは、一番明るい所であるべき紙の白の部分が薄汚れ、
一番暗い所であるべき部分もしっかり色が乗っていない。

デッサンでは、一番明るい所と一番暗い所は一カ所ずつしか使ってはならないと言います。
その2色を多用すると全体像にまとまりがつかなくなるからです。
ということは絵はほとんど全部グレー(中間色)で出来ているという事になります。
このグレーが的確に多種多様であればある程絵に存在感が出てくる。

しかし、このグレーが単調だとまず先生には「絵に減り張りが無い」とか
「のっぺりしている」とか言われます。
この注意を受けた生徒が次にする事は決まってます。
そう、「一番明るい所」と「一番暗い所」を乱用します。
そして次に先生に「まとまりがない」と言われ、…………
そして際限のないループに陥って行くのです………orz



多分おピアノでの表現も同じだと思うんですよね~
理屈ではわかってるんですよ。はい。
只今私もループ中。

しかも、「一番明るい所」は薄汚れ、「一番暗い所」はパワー不足も
もれなく憑いてます。

余談ですが…

ウチの一番下のお部屋が売りに出てました。
この大規模修繕とともにリフォームしてたのはロビーの掲示板で
知ってたのですが、
そうか~。引っ越しちゃったんだ。

ウチの並びの一番下………。
………ウチのおピアノの音が原因じゃないよね?……は置いといて…。


ウチの並びの一番下、つまり私がベランダに出て
下をのぞくと真下に見えるお庭の持ち家ということに
なる訳ですが…

微妙に庭がうらやましい私はベランダに出る度に何気に下を見ちゃいます。

前の住人の方は、ガーデニングに対する気合いは微妙で、
たまに気がむくと洒落たレンガを買って来て敷き詰めるのですが
だいたい庭の一部でブームが終了し、

また次気が向いた時に、また違う種類のレンガを買って来て
こないだとは別の場所にまた違うデザインで敷き詰め始め、途中で飽き…
を繰り返してたため、
真上から見ると見事に無惨なお庭になっておりました……orz
いえ、人様のお庭に向かって無惨等と無礼千万とは承知しておりますが…
まあここだけの話ってことで…。



だから売りにでてると知った時は密かに
「今度の人はガーデニングが趣味だったらいいな~」なんて。

勝手に上から覗いて、人様のお庭に向かって
キレイに花が咲き乱れてるといいなあとか
野菜が大豊作だとカッコいいなあとか
バーベキューとかやってると楽しそうだなあなどと
思いたい、てのもどうかとは思いますが……。



こないだの玄関塗装の日、
この日も何気に下を覗いてみたのです。

そしたら!!!

なんと、女の人が雑草をむしり、鍬で地ならしをし、
無惨なレンガを掘り出してまとめてるじゃないですか!!

もう売れたんだ!下のおうち♪
しかも庭の手入れをしてる!!!
これは期待が持てるぞ~~
この日は金曜日だったので、この週末かけて引っ越し及び
庭作りをやるに違いない♥
わ~~~い!楽しみだあ~~~

その後、隣の庭との境目にラチスも立てられました♪

今日はこの辺で作業終了かな‥‥と思っていたのですが、
もう一段階。

それが‥‥‥




なんと‥‥‥


庭全体の1/3ほどではありますが…



人工芝が敷かれたのです!!もちろん土の上にです!




うぎゃああああああああああ!!!



注:意味の分からない方はこのブログの記事「成長したわたし」の
  コメントの一番をお読みください…。





ちなみに週明けましたが…作業はそこまででストップしております……
 

第一ラウンドお~~

今日の微妙な在宅を利用して
お隣さんと下のお部屋にリフォームの挨拶に行ってきました。

う~~ん。いよいよ始動開始ってヤツぅ?



今回の工事のメインは見晴らしの良い角の部屋を新たにおピアノ室として
リフォームする事に加えてそこを簡易防音します。

ウチは幸いな事にまだピアノに対する苦情は来ておりません。
が、なにげに結構心配性で…
以前おピアノ始めた頃にご挨拶に行った時に
「ぜんぜん気にならないですよー」と言ってもらっていたものの
最近だんだん自分の音が大きくなって来てたし
発表会の曲ペダルと低音バリバリでうるさいし、で
ずっと気にしてたんです。

ネットで「ピアノの騒音」で調べるとたっくさん苦情が出てきます。
中にはそうとう理不尽な事言って怒ってる方々もいて、私も
売られたケンカは買う質なので、ネット上の輩みたいなのがご近所さんだったら
逆に何にも気にならなかったかもしれない…

でも、ウチのお隣も下の方も凄くいい人です。
だから私なりに出来る限りの事をしよう!そう思った訳です。

というわけで今回のリフォームは防音工事もプラスしたんです。
もちろん万全対策ではありませんが、出来る所からです。


工事の騒音のご挨拶ついでに、どれだけおピアノの音が漏れてるか、ていうのも
こっそり聞いてみたいと思ってました。
だって、オソロシイことに
管理会社に問い合わせてみたら、ウチのマンション、
防音建材は一切使ってないとの事。
しかもコンクリの厚みは180ミリと最低限なかんじです。

世の中もっとスゴイ(コンクリも防音等級も)マンションでも
曰く「テレビの音が聴こえないくらい」響く所もあるんだとか
それはマズいでしょ。


で、行ってきました。まずお隣。

ご挨拶の後
ドキドキしながら音漏れについて探ってみます。


が!

やっぱりぜんぜん気にならないとのこと。
ウチは角部屋にも関わらず今おピアノは洋室の戸境壁に向けて
設置されてるのですが、
ちょうどその位置の部屋に居れば
「ああ、弾いてるな」と分かるレベルで
私が弾いてる時間は夕食時でリビングの方に居るから
全く気にならないとの事!


工事に関しては管理会社から既にお知らせが来てたそうですが
「下の方から苦情でも来たのかしらねえ」って
旦那さんと話されてたそうです。

ホントにそう言って頂けてありがたい限りです。
涙ちょちょぎれます。
ありがとう!お隣さん♥


次、下の方です。
下の方も既に工事に関してはご存知でした。
そのせいで、ちょっと最初の方話が食い違ってしまって
肝心の音漏れに関する情報が微妙に曖昧になってしまったので
後から頂いたお言葉を整理しての判断ですが

多分聴こえてはいるようです。(お隣さんよりは大きく)
それでも「お互い様ですから♪」と
言って下さいました。
それどころか
「ウチのコの走る音とか私の怒鳴り声とか朝とかの方がうるさいでしょ。
こちらこそご迷惑をおかけしてスミマセン」と
反対に恐縮されてしまいました。

しかも、後々お子さんがピアノを始めたいんだとか♪


さてさて、これで
音漏れが酷くなかったという安堵はありますが、
逆に
こんどピアノを置く位置が変わる事や、間取りが変更される事で
前より迷惑がかかる可能性が出て来てしまいます。
まあコレばっかりはやってみないと分かりませんので
とりあえずは第一ラウンド突破ってことで





注:防音工事に関するここでの言動は私の主観によるもので、防音に対して肯定も否定もするものでは
  ありませんのでご了承ください。
  通りすがりの方をはじめとするアンチピアノ派の批判、文句は受け付けておりません。

ヒマだ~

今日は玄関扉塗装の日なので
不本意ながら在宅です。

今月はなにかと休まなくちゃイケナイから
こんなとこで有休使いたくないのにー

しかも扉開けっ放しなのでおピアノもひけないし
買い物にも出れないし
おちおち昼寝もしてられないし…

しょうがないから片付けとかベランダあれこれとか
やろうかなーと思いつつ……


お腹空いたなー。
ゴハン考えてなかった


今月はあと明日休むでしょー。
はぴょかいの日休むでしょー。

そのあとリフォーム中10日間休むでしょー。
だって工事中家開けるならカギ渡さないと
大工さんお昼ゴハン食べにも行けなくなっちゃうからね。
いちおー女子の一人暮らしだから
いくら知り合いとはいえ大工さんひとりっきりを
家に残して行くのもなんかねー。

それにかこつけて連休とって日中は
大掃除大会でもしようかと思ってるんですが…

こんな時に限ってちょうどその期間中
仕事がゴッソリはいってしまって

残念ながら
夜から出勤するのさ(爆)

ロングスカートの呪い

今日は本番の衣装着て練習してみました






ぜんぜん弾けなかった orz



いちおーさー。
弾く前におピアノの横立ってさー
でもお辞儀はコッ恥ずかしいから省いて
超ロングスカートちゃんと整えてすわってさー
落ち着いて弾き始めたつもりだったんだけどさ……


表現したい世界感がいつまでたっても浮かんで来ないから見切り発進!

あれ?スカート踏んでる?ペダル踏む時に違和感が?!

え?最近固まりつつあった情景が思い出せない?!

わあ!和音間違えちゃった!ていうか何度弾き直してもわかんない

座った位置もズレてるのかなあ。胴体が邪魔で腕が動けないようっ

スカート重いよう。引っ張られるよう。


ていうかどういうイメージで弾くんだったかマジ定まらないっっ
断片的に写真を見るような感じで無理矢理引きずり出してもだめだ~~~っ

で、スカートどうなってんだ?足が思う様に動かなくて重心移動出来ないっっ




本番じゃなくてほんとヨカッタ‥‥‥‥‥(滝汗)

これから毎日この服着てれんしゅうしよ。
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ