FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つづき

先生のとこで弾いてる時、不意に手の甲を押されました。

ぺちゃっ。

最初は、その押された意味は
「手をもっと低く構えて」だとおもってましたが、違いました。

役立たずの私の腹筋の代わりに押してくれてたのです。
つまり、それだけの力がかかるという事。
だから、その力が加わって手の甲が「ぺちゃっ」ってつぶれてはいけないのです。
その力を全部指先の方に集めるそうです。

そのために、少し前のめりの気持ちで、重心を指先の方にもっていく‥‥‥
力が加わったその瞬間だけ。

ただ、私の小指はボキボキ.
あ、ちなみにボキボキとは、
指の3つの骨を出っ張らせて弾きたいのに、第2関節が力が加わる事によって
まっすぐにのびてしまう事を言っています。
最初は骨を山型に出した状態で挑んでいるのでそこがボキっとつぶれるのです。

ここがグラグラだとせっかく自分でコントロールして出した力がそのまま
指先に伝わりません。


グニャグニャまがっちゃうお箸で食べ物をつまもうと思っても
思った様につまめないでしょ!そんなお箸使いたくないわよね


と、とある本に書いてあって、
「確かにそうだ、そのとおりだ!」と思ったので、骨の山はでるように
がんばりまっす!!
消しゴムとかを指でつかんでみると解りますが、骨の山が出っ張ってる時が
一番力がはいります。
だから、なんとしてもその指を手に入れたいのです!


ちなみに、この腹筋からの力(今はもう片方の手で押した力)に指が耐えるかどうかは
指の筋力の関係ではないそうです。

力が加わったその瞬間に、指のどこを踏ん張るかのタイミングだそうです。

なんだか柔道に似てますね。
あの、小さな身体で自分より大きな人を投げ飛ばすかんじが。
あれも、自分の腕力ではないですよね。よく知らないけど‥‥。


不思議な事に、最初、手のひらの小指側の膨らんだところ、まったく固くなかったです。
力を入れても固くなりませんでした。
小指の弾き方をちょっと意識する様になってから、大分固くできる様になってきました。
今は、右手は固く出来ますが、左手はまだです。
そして、ボキボキ率は左の方が断然高い。
そして、ボキボキせずに、うまくいったとき、その時はかならず、その部分の筋肉が
固くなっています。

つまり、効率よくどこに力を入れるか、がコントロールできてるかどうか、って事
なんでしょう。



とにかく、早くできるようになりたいな~~。
たぶん、このタイミングがつかめてから初めて、
こんどは脱力への道に入るんじゃないかと‥‥え?違う?違うの?



まあ、いいです。なんか最近妙に練習が楽しいんですよね~~
弾いててなんかワクワクしてます。
別に絶好調に上達してる訳ではないんですが。
まあ、楽しいのはいいことだ!



スポンサーサイト
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。