FC2ブログ

小指強化

レッスンの続きです。
前回同様内容順不同更新不定期長期連載中尚打切御免


いつも、レッスンの最初は、準備体操とか、姿勢とか、脱力関連のあれこれです。
これが、結構お宝な内容で、ほくほくです。

最近(といっても初回と今回のまだ2回ですが)の課題は
「腹から弾く」です。


脱力しなきゃ、奇麗な音はでないし、速くも弾けない。
だけど、脱力ばっかりだと、力強い音はでない。

やっぱり汚くないフォルテと弱っちくないピアノが欲しい!!
それには、指だけで弾いてたんじゃ、イカンのですか。



というわけで指だけで弾かない、腕からだ!肩からだ!とだんだん身体をさかのぼり、
腹から弾く、に至っています。

前回のレッスンで、この「腹から弾く」を教えて頂いたのですが、
意味はわかるのですが、どうしていいのかが分かりません。
例えば小指で弾く時は手のひらの小指側に力が入るのですが、そこだけじゃなくて
腹から‥‥‥腹からって言っても‥‥‥??

さっぱり分からない私に、今回はもっと砕いて教えて下さいました。
面目ないです。センセイ。お手数おかけします。

鍵盤に指を置いて(私の場合は強化月間の小指)
まず、腹の筋肉を緩める。(え!腹がでっぱっちゃいマス
で、ぎゅっと腹筋を絞めて、その勢いで弾く!
まあ、ぶっちゃけ体重をかけるみたいな。
重心は指先にあるつもり。
結局速い話がちょびっと前のめり?

その時に手首とか腕とか肩とか背中にへんな緊張があったり力が入っちゃったりしてると
せっかくの腹筋から出した力が指先まで届かない‥‥




似た物検索で行くと、

歌歌う時と似てるかな~なんて思いました。
ホラ、よく腹から声を出せって言われますよね。

その時、のどに力がはいって絞めちゃってると、腹からのエネルギーが
口からでてこないで、痛~~い声になっちゃう。

欠伸してる時の様にのどを全開にしてれば、
なるほど!腹からの声になる!その証拠に、声を出してるときに腹を押されると
声がそれに同調してぶれるんですよね。

じゃあ、腹筋は緊張してるのか‥‥
う~~ん、今のとこの私の解釈では、「そうだ。」です。



だって、腕を自由に動かすには背中、肩、腕、手首はいわゆる「脱力」状態で
なければならない。

でも、椅子に座って、しかも指先が激しく動いてて体重移動が起こっている。
この状態で、体全体がマジで脱力してたら人形みたいにグニャグニャに
なって椅子から転がり落ちてしまう筈です。

そうならない様に身体のバランスをとる役目を腹筋に(足もですが)託してるので
ないでしょうか。

腹筋に託す事によって、背中から指先までがフリーになり、
弾く為に自由に動かす事も空中に吊った状態にする事もできるのでは??

まあ、レッスンの内容を私なりの解釈で‥になってますので、
大正解!!の保証はないのですが‥‥
ひとまず(汗)の結論です。

もし内容にマチガイが発覚した暁には速やかに訂正致します

話半分でおねがいします。


それにしても、腹筋さんって、芸術家ですね。
声を出すのは喉の仕事の筈なのに、ウツクシイ声にしてるのは腹筋。
ピアノ弾くのは指先の筈なのに、ウツクシイ音にするのは腹筋!!

腹筋こそが、文字通り体内に宿る芸術魂の正体なのか?!


つづく。




スポンサーサイト



プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。