本当にあったわからん話し

 ってなんですか?」

「は?」

 ってなんですか?
 なんかあちこちに書いてあるんですけど!」







会社の駐車場(という名の畑)での出来事です。

先日夕方、帰宅のため車に乗り込んだ時でした。
前の道路を歩いていた女性が、なんかこちらを注視しているような…
と思っていると
なんとなく迷いつつもこちらに向かって歩いてきました。

久しぶりに「この会社何やってる会社ですか?」とか
聞かれるのか?
ええ、以前よくあったんですよ。怪しい佇まいなもので(^^;)

窓を開け、なんでしょう?と聞く私に彼女は突然
なかばキレぎみで言い出したのでした。



、ですか?どこに書いてありました?」

おもむろに指差す彼女。
その先はなぜか私の車の中。私を通り越して助手席…
に転がってるバッグでした。

5
(自分のはキチャナイのでネット上のもの拝借)


とはの事のようです(笑)。
てかなんで私のバッグの事をそんなに気にかける?
「イッパイ書いてあるじゃないですか。って!」
ってなんですか?なんかのイベントですか?ブランドですか?」


なんでこのバッグのデザインの説明を見ず知らずの人にしてやらなきゃいけないのか
わかりませんが、素直なかめちゃん、ちゃんと答えて差し上げました。

「ええと……
これは、四国の今治っていうところのバリィさんていうユルキャラが5周年だかで出したバッグでして…
しかもそれは数年前の事なので、アナタがご覧になった他のとは多分関係ないと思いますよ」

「はあ…四国ですか。わかりました。」

と…彼女は去っていきました。

一体なんだったんだろう?
てかそんなにキレぎみになる程が溢れてる道中ってなに?
女性なのに手ぶらだったので、多分この近所の話しでしょうしね。

折角なので帰道車で走りながらを探しましたが、見つけたのは

スタミナ丼40円

八王子ラーメン0円

だけでした。





その後日、
駅前スーパーに行った私。

思わず売り場でヒトリであ!!と声に出す!


スーパーアルプス周年!!


周年

周年

周年

周年


と、売り場中にズラーーッと並ぶペナント。


これか〜〜〜〜ヽ(´∀`)ノ
てか、スーパーアルプス55周年って書いてあるじゃん。
そんなにキレるなよΣ(´Д`*)
それに言うなら、
ご、じゃなくて  ごじゅうご、だ。

本当にあった哀しい話

「こないだの広島出張の時な、
自分とイマちゃんと若いのの三人で行ったんだけどな。

広島ってアナゴ弁当が有名なんだってな。
しかもそれが3種類あるって聞いたから
みんなで『アナゴ弁当全種類食べよう!』って
盛り上がってたんだよ。

で、やっぱまずは行きしの新幹線の中でって事で、
カートを呼び止めて
アナゴ弁当3つ』って頼んだの。そしたら
『すみません、あと二つしか無いんです』って言われちゃってさ。

え、どうする?今はやめとく?って他の連中に聞いたら
イマちゃんが『一つは普通の幕の内でいいよ』って言うから
アナゴ弁当二つと幕の内一つ買ったんだよ。

そしたらさ、




イマちゃんが真っ先にアナゴ弁当取ってっちゃったんだよ!(☼Д☼)



もう、え?って固まっちまってさあ。
そしたら若いのが気を使って『オレ幕の内でいいっす』って
言ってくれたんだけど、そんなの悪いじゃん?
だから若いのにアナゴ弁当渡して自分が幕の内になったん
だけどさ‥‥‥
だけどさ〜こういう時、『幕の内でいい』って言った
イマちゃんが幕の内食べるんだって普通思うじゃん?
なんで広島まで来て甘い緑の豆食わなきゃいけないんだよお〜〜(泣)

そのあと他のアナゴ弁当は食ったんだけど、
結局自分だけ3種類食べれなかったよ。


イマちゃんそういうとこあんだよな。
3人で居酒屋とか行ってもさ、
例えば唐揚げ頼んで皿に3つのってたら普通
ああ、一人一個ずつだな、とか思うじゃん。
でもアイツは一人で全部食っちまうんだよ。
少なくとも二個は食う。
数見て一個ずつとか考えてくれないの。
アイツとなんか食べに行くときは自分の欲しい物は
ソッコーで取らないと食いっ逸れちまうんだよな〜orz」





いつもは我が社で一番食い意地の張ってる社長が
唯一惨敗し、唯一同情を一身に集めたこのエピソード、
名付けて「アナゴ弁当事件」は
もう15年以上昔の話ではありますが
水面下でひっそりと語り継がれている…もとい
私ともう一人の同僚が大喜びで触れ回っている
事件です。

この“イマちゃん”、
見た目はおっさんとしては並以上、全く見苦しくないのですが、
残念な事に
このように傍若無人だし、人前で平気で
鼻ほじったりするし、セクハラすれすれの無礼発言するしで
中身は目一杯クソオヤジ
見た目が紳士っぽいだけにそのギャップは凄まじく…

こんなんでも所謂「ギャップ萌え」する人とかいるのでしょうかねえ。
もちろん既婚者だし3人の子供たちからは非常に慕われております。
理不尽だあ〜〜〜〜〜〜

え?もちらん我々も毎日地味にダメージ喰らってますよ?



※甘い緑の豆とは、よく幕の内系のお弁当の付け合わせに入っている
 金時豆っぽい味付けの緑のお豆さんの事だと思われます。

本当にあった怖い話5

皆さんこんばんは、かめいちジャーナル「恐怖体験係」です。
なぜか涼みたい夏よりも更新の多い今日この頃ですが、
今宵もさらに冷えきって下さい。

決してネタ切れではありません。
ただ、ネタを記事にするのにちょっと準備が必要なだけですっ



______________________________________________________



腹痛……。
それは突然やってくる。
それは忘れた頃にやってくる。
それは所構わずやってくる。
その時はただ……じっと耐えるのみ……。
それしか私にできる事はない。


そんな恐怖の腹痛があの日も突如私を襲ったのです。



あれは…私が電車で帰路についていた時でした。
私が立っている前の座席に社会人の3~4人組が座って談笑していました。
そのグループの真ん中に座っていたのはどうも中国人で、
日本語に興味津々、同僚達にいろんな事を質問し楽しんでいました。

そのうち、話題は年齢による呼び名の変化、とでもいいましょうか、
そんな日本語講座に。

中国人「オネエサンッテ、ドレクライノヒト?」

同僚男「若い人だよ、たとえば‥‥社内で言うと○○さんくらい」

中国人「ジャア●●サンモオネエサン?」

同僚男「う~~ん、あの人はどっちかっていうとおばさんかなあ」

同僚女「え~~~っ。でもそうかな、おばさんかな。
    あとねえ、☆☆課長とか※※部長とかはジジイ!」

中国人「エ?☆☆カチョウト※※ブチョウ、ゼンゼンチガウヨ!」

同僚女「そう?じゃあ部長は

    クソジジイ。」



私はその場へうずくま‥‥‥ることさえ許されなかった。
しばらく息も出来なかった………。
この苦しみ、その場に居た人にしか‥わからない!!!
わかってなるものかあぁぁぁ!!!

本当にあった怖い話4

私は見た事があります。



それは、近所のとある園芸ショップの駐車場での事でした。
ええ、間違いようがありません。
しばし立ち止まり、じっくり見たんですから。





私の車と全く同じナンバーの車を……




--------------------------------



え~~。
かめいちジャーナル「恐怖体験係」に
このような衝撃的な投稿が寄せられました。

え~~、
このような事は実際あってはならない事です。
一体どのような陰謀が隠されているのか!
犯罪の陰か!!
スパイ大作戦か!!!

真相を突き止めるべく
只今当取材班が動いている‥‥訳ではありません。
あしからず……

本当にあった怖い話3

みなさんこんばんわ。ご無沙汰しております。
かめいちジャーナルです。

もうすっかり秋ですね。怖い話でわざわざ涼まなくてもいい季節になりましたが、
ジャーナル本部から、ネタ切れヘルプとの怖い通達がやって参りましたので
季節外れながら、
今宵は「恐怖体験係」から一通お送りしたいと思います。

尚、このコーナーでご紹介するお話は全て実話です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




腹痛……。
それは突然やってくる。
それは忘れた頃にやってくる。
それは所構わずやってくる。
その時はただ……じっと耐えるのみ……。
それしか私にできる事はない。


そんな恐怖の腹痛があの日も突如私を襲ったのです。

あれは…私が○ザワヤで買い物をしている時でした。
ご存知の方も多いと思いますが、このお店はそもそもが手芸屋なのですが、
クラフト関係から画材、オモチャまでとにかくいろいろなものがあります。

趣味でモノ作りをしている私にとってはまさに天国。
1件でほぼ材料が揃います。

上機嫌で物色していると、ふと、店内放送がかかりました。



「○ザワヤへお越しいただきありがとうございます。
お客様へ催し物のご案内を致します。本日、午後○時より
ポケモンショーを開催致します。
本日、午後○時より、本館5階ガングリバンにて…

……………、
本館5階ガングリバンにて………、

ガングリバ…
ガングリ‥‥バ………   ………バ…

……ガングリ…ガングリ…バ…………。


ブツッ・・・。


私はその場へうずくまった。
しばらく動けなかった………。
この苦しみ、その場に居た人にしか‥わからない!!!
わかってなるものかあぁぁぁ!!!










正解はコチラ↓

玩具売り場(ガングリバ)

本当にあった怖い話2

いや~~今日は暑かったですねえ。
全国のクタクタの皆さんこんばんは。

こんな日は、かめいちジャーナル「恐怖体験係」に寄せられたお便りで
涼しくなって下さい。

尚、このコーナーでご紹介するお話は全て実話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






まだ私が学生だった頃の話です。
その頃私は毎朝最寄り駅まで自転車を使っていました。

毎日同じ時間、同じ道、単調な朝の繰り返し、
その日もいつもと変わらず自転車に乗り、いつもと同じ
駅前有料自転車置き場へ。

自転車から降りて、押しながら入り口へ進む私の耳にふと、
「おはよう!」と聴こえました。

あれ?へんだな、他に人はいないのに。
あたりをキョロキョロしましたが、声の主が見当たらず、
首を傾げつつ、さらに歩を進めました。

「おはよう!」


またです。確かに私に向かって言ってるようです。が、
やはり人影はありません。

あまりの不思議さにそこに立ち止まり、真剣にあたりを
見渡しました。

自転車置き場の隣は、駅前とはいえ、普通に一戸建がならんでいるのですが、
やはり誰も外にはおらず・・

しかし、そこに少し大きめの鳥かごを発見しました。
その鳥かごに注目してるとまた、

「おはよう!おはよう!おはよう!」


たぶんインコかなにかなのでしょう。遠くてよく見えませんが、
確かにそこからの声のようです。

かわいいなあ。インコに挨拶されちゃったよ(^0^)
さっきまでの不信感はどこへやら、
あまりのかわいい出来事に顔をほころばせながら
また私は自転車を押し……


進むつもりでした………






その時、
私を追いかける様に背後から……




おはよう"ぅっっっっ





挨拶はちゃんと返すのが礼儀です。
皆さんもくれぐれも気をつけて下さい‥‥。
でないとインコに怒られます。

本当にあった怖い話1

全国の湿度にヤラれてるみなさん、こんばんは。

今宵は、かめいちジャーナル「恐怖体験係」に寄せられたお便りを
ご紹介しましょう。
尚、このコーナーでご紹介するお話は全て実話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











その日私は友人と、とある和風ファミレスに入った。
遅めの夕食を摂る為だ。

そこはファミレスとはいえ、オーガニックな素材にこだわった
多少高めの価格帯。
味もそれなりなので、結構気に入っていた。


二人でそれぞれメニューを眺め、決めた物は偶然にも
同じ「レディース御膳」。
決して量が少なめ設定な訳でなく、
女性好みに、プチ食前酒や茶碗蒸し、デザートの白玉団子まで付いている
なかなか優れもののセットである。

料理を待つ間、何気なく辺りを見回す。
なんだかひっそりとしていた。
客が少ないせいだろうか、時間が遅いせいだろうか。
今から思えば、その空気自体、すでに普通ではなかったのかもしれない。
しかし、その時は大して気にも止めなかったのだ。


しばしの後、料理が運ばれてきた。
メニューの写真と違わない見栄え。
うん、いいね、やっぱりこの店はハズレなし。

会話を弾ませながら箸を進める。
そして私は、茶碗蒸しのフタを取った。



それは、不思議な光景だった。
こういう物だろうか。
なにかが不自然だ。
なんだろう、何が変なんだろう‥
なんだろう‥‥



そうか、わかった。
この茶碗蒸し、



……食べさしだ


プロフィール

かめいち

Author:かめいち
________
2007/07/01より、
おピアノ再開組。

それが今はどこ彷徨う

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
寄ってくれてありがとです。

FC2Ad

まとめ